第二のIBMとなり得るダウ構成銘柄を発見? 単なる勘違いに終わってくれれば良いのですが、、、

 

 

 

 

 

 

IT大手でダウ構成銘柄のシスコシステムズ(CSCO)を20年以上の長きに渡り率いてきたジョン・チェンバース会長が12月11日付で同職を退くことが9月18日に発表されました。
(今後は現CEOのチャック・ロビンス氏が会長職を兼務。)

 

チェンバース氏と言えば、会社IPO時から日本円で5兆円を超える売上高を誇る今日のシスコを作り上げた、いわば「中興の祖」と言える存在であるばかりかIT業界におけるレジェント的存在。
 

しかし、ご存知のとおり最近ではネットワークシステムのクラウド化に伴い、アマゾン(AMZN)やマイクロソフト(MSFT)等にシェアを奪われつつあり、厳しい戦いを強いられています。
 

そんな状況下、今年の5月には昨年8月に発表した全従業員の7%にあたる5,500人の削減計画を見直し、新たに1,100人を追加削減する方針を発表したことが話題となりました。
 

今後はロビンスCEOが権限を掌握することで、シスコの巻き返しがあるかが注目されるところですが、そう言えば個人的にこれまでなぜかあまり注目していなかったことに気づきました。
 

 

ということで、早速基本情報をチェックしてみることに。
 

まずはPL(損益計算書)から。

 

 

 

 

直近の2017/7月期は、主力のスイッチング事業とルーター事業が苦戦したことや、前述したアマゾン等との競争激化により、売上高をはじめ軒並み金額はダウン。
 

しかし、継続的な生産性の向上等により利益率ではどうにかこうにか踏ん張っている、といった状況でしょうか。
 

 

続いて過去の増配率の推移(支払日ベース)です。
 

 

 

 

う〜ん、すばらしい。
 

バランスシートとキャッシュフロー計算書も確認しましたが、問題ないレベル。
 

とここまで見てきたところであることに気づきました。
 

これは、数年前のどこかの銘柄に似ているような、、、、
 

 

そう、それはIBM。
 

 

もちろん現在のところIBMほど業績の落ち込みは激しくないものの、アマゾン等の存在といい、過去の文句のつけようのない増配率といい、、、
 

 

気のせいでしょうか。
 

 

業績の伸び悩みを反映して、ここ1年の株価はほぼフラット。
 

 

 

 

現在の配当利回りは3.6%と、過去の増配率を維持できるのであれば、魅力的と言えるレベル。
 

果たしてチャック・ロビンス体制になって、この停滞期から脱することができるのか? あるいはこのまま第二のIBMになってしまうのか?

 

今後は注目してモニターしていきたいと思います。

 

 

ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



      
 

 


正直者 | 銘柄研究 | 04:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1/267PAGES | >> |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
  • 【速報】ベライゾン(VZ)の増配発表出る! 13年連続増配でも暗雲か??
    チョコ (09/10)
  • 【速報】ベライゾン(VZ)の増配発表出る! 13年連続増配でも暗雲か??
    管理人 (09/10)
  • 【速報】ベライゾン(VZ)の増配発表出る! 13年連続増配でも暗雲か??
    チョコ (09/09)
  • 配当収入100万円を超えて見える世界
    管理人 (07/09)
  • いろいろ悩んだ結果、購入した銘柄、結局決め手となったのは?
    管理人 (07/09)
  • いろいろ悩んだ結果、購入した銘柄、結局決め手となったのは?
    yazirobe777 (07/09)
  • ロイヤルダッチシェル(RDSB)より配当受領、7%近い配当利回りの威力を実感
    管理人 (07/01)
  • ロイヤルダッチシェル(RDSB)より配当受領、7%近い配当利回りの威力を実感
    yazirobe777 (07/01)
  • ロイヤルダッチシェル(RDSB)より配当受領、7%近い配当利回りの威力を実感
    管理人 (06/30)
  • ロイヤルダッチシェル(RDSB)より配当受領、7%近い配当利回りの威力を実感
    いしはら (06/30)
MOBILE
qrcode
OTHERS
お薦め情報

アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならこちらで



米国株銘柄が充実、まずは講座開設




コラム
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH