配当収入200万円を超えて見える世界

 

 

 

 

早いもので2017年も間もなく終了。

 

我が投資の方も配当金については、12月21日受領のロイヤルダッチシェル(RDSB)の入金をもって終了となりました。

 

ということで早速1年間の配当収入を集計。

 

結果は以下のとおりとなりました。

 

 

 

 

 

今年は約230万円(税込)とおかげさまで予定どおり200万円の大台を突破することができました。

 

以前の記事でも^拌悒譟璽箸109円以上、▲蹈ぅ筌襯瀬奪船轡Д襪減配しない、という前提で200万円は達成するであろうと予測していましたが、どちらも前提どおりとなり無事達成。

 

前年比では36%の増加、ということで理由としてはやはりロイヤルダッチシェルへの投資比率を高めた結果と言えます。

 

もちろんその代わりより高い(というかかなり高い)リスクを背負っていることも事実。

 

 

 

 

 

リスク管理の観点から現在のいびつなポートフォリオからより均等なそれに変更したいのは山々。

 

ただ人生の大きな目標にアーリーリタイアを置いており、そのための最終ゴールを年間300万円(税込)の配当収入としている者として、残された時間を考えるとある意味やむを得ない選択だと思っています。
(もちろんロイヤルダッチシェルに代わる高配当の優良銘柄が現れれば一部売却⇒平準化を考えています。)

 

 

300万円というゴールに対しての達成率は、と言えば、以下のとおりいまだ76%ということで、あとひとがんばり、と言ったところでしょうか。

 

 

 

 


今回大台大達成ということで、その数字を眺めながら、これまでと何か変わったことがあるか?を考えています。

 

現在は配当金を全額再投資に回しているわけで、実際に現預金が増えているわけではなく、あまり実感がない、というのが正直なところ。

 

 

しかし、明らかに変わったことがあります。

 

 

それは精神的なゆとり。

 

 

株式投資において株価の乱高下は日常茶飯事です。

 

極端なことを言えば、昨日の保有資産(時価)が100万円だったのに、今日は70万円になっていた、という状況があり得る、というか実際に起こっている世界です。

 

キャピタルゲインを目指している投資家はこの変動リスクを背負わねばなりません。

 

一方、インカムゲイン投資家は?と問われれば、リーマンショック時においてもある意味淡々と増配を続けていた銘柄達を多く保有していることで配当の再投資効果もあいまって、その収入が年々右肩上がり。

 


そして、投資期間が長くなればなるほどその額がどんどんと積み上がっていく。

 

それに連れて株価の変動に対する関心、つまり時価総額に対する関心が良い意味で薄れていく。

 

 

これがインカムゲイン投資の最大の魅力。

 

 

この安定感から来る精神的なゆとり。

 

 

それは配当収入が多くなればなるほど増していくのはもとより、ある金額を超えるとそれが一気に増すのがわかったのです。

 

 

極論すれば

 

 

「時価総額が半減したとしても、配当収入が増えていれば問題ない。いや、むしろ買い増しの絶好のチャンス到来!」

 

 

と言い切れる状態に一歩近づいた、と言いましょうか。

 

 

目標額がいつ達成できるかはまさに神のみぞ知る、わけですが、今後も投資方針に従い、愚直に投資を続けることで必ず達成できると信じています。

 

 

P.S.1

 

今年一年、当ブログを訪問いただきまして誠にありがとうございました。一年間どうにかこうにか継続することができました。

 

 

来年は更新頻度は不明ですが(人生の備忘録の意味を含め目標金額達成までは継続したいとは考えていますが)、更新の折には変わらぬご愛顧の程宜しくお願い致します。

 

皆様、良いお年を!

 

P.S.2

 

歳末助け合いならぬ、恵まれない中高年に愛のワンクリックを是非お願いします!!



         
 

 

※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

 


 

 

たまには”自分へのご褒美”なんてどうでしょうか プレゼントなら 米国銘柄アマゾンで!

 

 

   

正直者 | アーリーリタイア達成度 | 06:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

アーリーリタイア達成度 中間報告 最近〇はどうでも良くなってきました、今大事なのは〇なんですから、、

 

 

 

 

 

 

2017年度もちょうど半分が過ぎました。

 

ということで、企業であれば中間決算、6月末時点での配当状況を集計してみました。

 

 

 


以前、以下の条件で今年はなんとか配当金200万円(税込み)を達成できそう、と書きました。

 


・為替が平均で109円程度

 

・ロイヤルダッチシェル(RDSB)が減配しないこと

 


現時点での配当は約110万円となり、ほぼ予想に沿った形となっています。


また、アーリーリタイア目標額税込み300万円に対する達成度は以下のとおり37%。

 

 

 


このまま下半期もほぼ同ペースでいけば、70%を超えることになります。

 

もちろん、今後急激な円高に見舞われれば状況は変わるわけですが、正直最近は以前に比べでの金額があまり気にならなくなってきました。

 

というのも、

 


現在配当をすべて再投資に回しているからです。

 


そう、結局はドルの配当をドルのまま再投資するわけでして、、、

 

 

重要なのは円ではなくドル($)金額であり、ドルベースで増加しているかどうか。

 

 

もちろん、晴れてアーリーリタイアを達成して、配当を生活費として使うようになれば話は別。

 

その時には円金額というか、為替レートを大いに気にすることになることは間違いありません。

 

 

早く円を気にする身分になりたい

 

 

と思っている次第です。

 

 

ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。

      


 

<管理人の自己紹介コーナー その1>

 

私事にて恐縮ですが、実は私恥ずかしながら30すぎから頭頂部を中心として薄毛に悩まされており、現在リアップが欠かせません。これまでいろいろ試してみましたが、自分にはリアップが一番あっているようで、はげ止まりを確認しております。

最初は近所のドラッグストアで買っていたのですが、恥ずかしいのと必ず薬剤師さんから買わねばならないのが面倒だったので、今は楽天で購入中です。ネットなので24時間営業!(※アメリカ株(米国株)投資家としては当然アマゾン(AMZN)で買いたかったのだが、リアップは取り扱っていませんでした、、、残念!!)

日々多毛多忙なうす毛中高年ビジネスマンにはもってこい!

以下クリックしてお試しあれ。(※まずは会員登録(もちろん無料)が必要です。)

 
  

 

<管理人の自己紹介コーナー その2>

 

若い頃は暴飲暴食三昧、にもかかわらず会社の定期健診でもさしたる異常は見つからず。

すっかり、いい気になっていたら、、、、

35歳を超えた頃から毎年数値が急上昇(株価の上昇はウェルカムなのだが、、)、特に管理人の場合深刻なのは血糖値とコレステロール値。正常値超えの常連となり、今では定期的な数値チェックが欠かせません。

血糖値とコレステロールの大敵と言えば、甘いものと油もの。

しかしその両方が大好物な人間にとって、これを控えることは拷問・苦行以外の何物でもありません。(頭だけは苦行僧の風情なのだが、、)

そんな時に「ピーナッツの効用」について、ある情報番組が取り上げていました。

なんでもアメリカの大学が30年にわたって12万人の食生活を調べた研究では、「血管を健康にして死亡率を飛躍的に下げる食材」として注目されたのがピーナッツだったとのこと。

ピーナッツに含まれる油がコレステロール値をさげるほか、血管を強くしたり、糖尿病を軽減したりと、様々な効果を発揮するそうです。

そんな内容に思わず「ガッテン」ということで早速購入を開始。

甘いもの・油ものの代わりに毎日ピーナッツを食べております。

ただ、あまりのおいしさに一日の適正量20粒をまったく守れていないのが大問題でして、、、(これじゃ意味ないか?)

送料と宅配業者さんの業務量軽減に考慮して(?)アマゾン(AMZN)でまとめ買いしています。(アメリカ株(米国株)投資家としては、当然楽天よりアマゾンでしょう!)

 

ご興味ある方はどうぞ。

 

 

正直者 | アーリーリタイア達成度 | 04:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

今年の配当収入について:いよいよ200万円が見えてきました!

 

 

 

 

 

 

約1ヵ月前(4月8日)の投稿にて、今年の配当収入(税込み)が以下の設定条件で200万円の大台達成が可能と書きました。

 


^拌悗郎鯒並み(年平均で109円)を維持


現在ポートフォリオの3割以上となっている、ロイヤルダッチシェル(RDSB)が大幅な減配をしないこと

 


そして、このうちの△砲弔い董△△覦嫐かたずを飲んで見守っていたロイヤルダッチシェルの5月4日の決算発表において、6月26日支払の配当を1株当たり0.94ドルで据え置くことが発表されました。

 

これによって、今後1年間はよほどの事態がない限り、昨年度同様毎四半期0.94ドルの配当が見込めることとなりました。


一方,砲弔い討蓮∩芦鷭颪い芯未蝓△泙気”神のみぞ知る”ところ なのですが、トランプへの日々の祈りが通じたのか(??)、現在のところ設定の前年平均109円を大きく上回る円安で推移しています。

 


ということで、いよいよ200万円が現実味を帯びてきました。

 

 

 

 

もちろん仮に200万円を達成したとしても、以下のとおりアーリーリタイア達成度(※)は、


300万円に対していまだ67%

 

 

※アーリタイア達成度(%)= 年間配当総額(税引き後)÷ 年間必要生活費

 

 

であり、まだまだアーリーリタイアへの道のりは長く、先々予期せぬ事態もあろうかと思いますが、グラフを見ながら、

 


一歩一歩着実に前進している。

 

 

ことだけは感じている今日この頃です。

 

 

ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。

 


      


 

 

<管理人の自己紹介コーナー その1>

 

私事にて恐縮ですが、実は私恥ずかしながら30すぎから頭頂部を中心として薄毛に悩まされており、現在リアップが欠かせません。これまでいろいろ試してみましたが、自分にはリアップが一番あっているようで、はげ止まりを確認しております。

最初は近所のドラッグストアで買っていたのですが、恥ずかしいのと必ず薬剤師さんから買わねばならないのが面倒だったので、今は楽天で購入中です。ネットなので24時間営業!(※アメリカ株(米国株)投資家としては当然アマゾン(AMZN)で買いたかったのだが、リアップは取り扱っていませんでした、、、残念!!)

日々多毛多忙なうす毛中高年ビジネスマンにはもってこい!

以下クリックしてお試しあれ。(※まずは会員登録(もちろん無料)が必要です。)

 
  

 

<管理人の自己紹介コーナー その2>

 

若い頃は暴飲暴食三昧、にもかかわらず会社の定期健診でもさしたる異常は見つからず。

すっかり、いい気になっていたら、、、、

35歳を超えた頃から毎年数値が急上昇(株価の上昇はウェルカムなのだが、、)、特に管理人の場合深刻なのは血糖値とコレステロール値。正常値超えの常連となり、今では定期的な数値チェックが欠かせません。

血糖値とコレステロールの大敵と言えば、甘いものと油もの。

しかしその両方が大好物な人間にとって、これを控えることは拷問・苦行以外の何物でもありません。(頭だけは苦行僧の風情なのだが、、)

そんな時に「ピーナッツの効用」について、ある情報番組が取り上げていました。

なんでもアメリカの大学が30年にわたって12万人の食生活を調べた研究では、「血管を健康にして死亡率を飛躍的に下げる食材」として注目されたのがピーナッツだったとのこと。

ピーナッツに含まれる油がコレステロール値をさげるほか、血管を強くしたり、糖尿病を軽減したりと、様々な効果を発揮するそうです。

そんな内容に思わず「ガッテン」ということで早速購入を開始。

甘いもの・油ものの代わりに毎日ピーナッツを食べております。

ただ、あまりのおいしさに一日の適正量20粒をまったく守れていないのが大問題でして、、、(これじゃ意味ないか?)

送料と宅配業者さんの業務量軽減に考慮して(?)アマゾン(AMZN)でまとめ買いしています。(アメリカ株(米国株)投資家としては、当然楽天よりアマゾンでしょう!)

 

ご興味ある方はどうぞ。

 

 

正直者 | アーリーリタイア達成度 | 04:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

今年の配当収入について:200万円が見えてきました

 

 

 

 

 

 

早いもので今年もすでに3分の1が過ぎました。

 

以下のとおりこれまでのところ配当も順調に増加しており、円ベースでは200万円の大台が見えるところまできています。

 

 

 

今年に入り、高配当銘柄であるロイヤルダッチシェル(RDSB)を買い増ししたこともあり、今回試算したところどうやらその大台の達成がほぼ可能な状況です。

 

ただ、試算条件として、

 


^拌悗郎鯒並み(年平均で109円)を維持

現在ポートフォリオの3割以上となっているロイヤルダッチシェル(RDSB)が大幅な減配をしないこと

 


を設定していますので、この2つが200万円達成のカギを握ると言えるでしょう。

 

,砲弔い討蓮⊃世里澆消里襪箸海蹇覆泙燭魯肇薀鵐彈‖茵)ですので、お祈りするしかありません、、、(トランプにお祈りしたくはないが、、、)

 

一方△砲弔い討任垢、ロイヤルダッチシェルの過去の増配率は以下のとおりとなっています。

 

 


御覧の通り直近2年間の増配率はゼロとなっていますが、ここでのポイントは、

 


・2010年と2015年以降の原油価格の大暴落時(=赤字転落時)においても減配はしなかった。

 

また、

 

・2016年にはBG Groupの買収のために1兆円を超える資金を投入したにもかかわらず、減配はしなかった。

 

 

という事実。

 

 

さらには

 

・直近2016年第1四半期以降で見ると、前四半期に対して毎四半期増収・増益を達成してきていること。

 

また、

 

・今年に入り原油価格はWTIベースで平均50ドルを超えていること(昨年の年間平均は43ドル)

 


以上から、

 

 

今期において減配はない。(が増配もない。)

 


と予想しています。

 

ということで、次回の配当宣言(4月末頃)に注目しているところです。

 

取らぬ狸の、ではないですが、仮に200万円を達成したとして、アーリーリタイア達成度(※)は、

 

 

300万円に対していまだ67%

 

 

※アーリタイア達成度(%)= 年間配当総額(税引き後)÷ 年間必要生活費

 


あとひとがんばり、といったところでしょうか。

 

 

ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



         


 

<管理人の自己紹介コーナー その1>

 

私事にて恐縮ですが、実は私恥ずかしながら30すぎから頭頂部を中心として薄毛に悩まされており、現在リアップが欠かせません。これまでいろいろ試してみましたが、自分にはリアップが一番あっているようで、はげ止まりを確認しております。

最初は近所のドラッグストアで買っていたのですが、恥ずかしいのと必ず薬剤師さんから買わねばならないのが面倒だったので、今は楽天で購入中です。ネットなので24時間営業!(※アメリカ株(米国株)投資家としては当然アマゾン(AMZN)で買いたかったのだが、リアップは取り扱っていませんでした、、、残念!!)

日々多毛多忙なうす毛中高年ビジネスマンにはもってこい!

以下クリックしてお試しあれ。(※まずは会員登録(もちろん無料)が必要です。)

 
  

 

<管理人の自己紹介コーナー その2>

 

若い頃は暴飲暴食三昧、にもかかわらず会社の定期健診でもさしたる異常は見つからず。

すっかり、いい気になっていたら、、、、

35歳を超えた頃から毎年数値が急上昇(株価の上昇はウェルカムなのだが、、)、特に管理人の場合深刻なのは血糖値とコレステロール値。正常値超えの常連となり、今では定期的な数値チェックが欠かせません。

血糖値とコレステロールの大敵と言えば、甘いものと油もの。

しかしその両方が大好物な人間にとって、これを控えることは拷問・苦行以外の何物でもありません。(頭だけは苦行僧の風情なのだが、、)

そんな時に「ピーナッツの効用」について、ある情報番組が取り上げていました。

なんでもアメリカの大学が30年にわたって12万人の食生活を調べた研究では、「血管を健康にして死亡率を飛躍的に下げる食材」として注目されたのがピーナッツだったとのこと。

ピーナッツに含まれる油がコレステロール値をさげるほか、血管を強くしたり、糖尿病を軽減したりと、様々な効果を発揮するそうです。

そんな内容に思わず「ガッテン」ということで早速購入を開始。

甘いもの・油ものの代わりに毎日ピーナッツを食べております。

ただ、あまりのおいしさに一日の適正量20粒をまったく守れていないのが大問題でして、、、(これじゃ意味ないか?)

送料と宅配業者さんの業務量軽減に配慮して(?)アマゾン(AMZN)でまとめ買いしています。(アメリカ株(米国株)投資家としては、当然楽天よりアマゾンでしょう!)

 

ご興味ある方はどうぞ。

 

 

正直者 | アーリーリタイア達成度 | 05:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

配当金生活(アーリーリタイア)への道 2016年12月末現在の達成度合いを確認してみた

 

 

 

 

40歳を過ぎてから本格的な投資を始めて、アメリカ株(米国株)投資はもう十分に趣味の一つ(というか現在は大部分、、、)になっていますが、

 


投資自体は目的ではなく、最終的にはアーリーリタイアのための手段である

 

 

と考えています。
 
では具体的に、どの段階で晴れて念願かないアーリーリタイア生活に入れるのか?ということですが、目安としている指標があります。

 
 
アーリタイア達成度(%)= 年間配当総額(税引き後)÷ 年間必要生活費
 
 
例えば、年間配当受領額が100万円で年間必要生活費が200万円であれば、達成度は50%、といった具合です。
 
これが100%を超えるめどがついたら、いよいよリタイアを具体化しようと思っています。
 
ここで重要なのは年間必要生活費。

 

金額の設定は、

 


・家族構成(独身? 夫婦2人? 子供あり?何人?)

・持ち家か、賃貸か

・住宅ローンをはじめとするローンの有無とその残高

・居住地域(都会? 田舎?)

・趣味(お金がかかる趣味? ほぼゼロの趣味?)

・自炊派か?、外食派か?

 


等で大きく変わってきます。

 

もちろん、設定額は安全を見たものでなければなりません。

 

ということで、現在の設定額ですが、

 

 

年間240万円(月20万円)です。

 

 

これを安いか、高いとみるかは人それぞれでしょうが、将来的に夫婦2人で生活する上で趣味を含めてもこの金額で十分と判断しました。(※注参照)

 

 

(注1)子供の教育費は含んでいません。教育費は別に貯めておくべきものです。
(注2)妻の趣味分は含んでいません。妻の趣味分は妻のへそくりでまかなうべきものです、、、、
(おっ、お願いします。)
(注3)変動金利でのローン残高がある方は、設定にあたってはかなり固め(高金利で)の返済額を設定すべきです。

 

 

低すぎると感じられる方もいるかもしれませんが、田舎では普通(何が普通かという議論はさておいて)に生活していれば趣味を含めてもこの金額で十分です。

 

ということで現在の達成度ですが、

 

こちらはこれまでの配当収入(税引き前)の推移です。

 

 

 


高配当銘柄への傾斜を強めた、2013年から上昇幅が増加しているのが見て取れます。


で現在の達成度合いはこちら。

 

 

 

 

配当収入を税引き前で設定しているので、分母の年間必要生活費も300万円(240万円÷80%)で設定しています。

 

税引き前で計算しているのは、この方が定期的に計算する上で自分にとって簡単だからです。

 

御覧の通り、昨年時点でようやく半分を超えるところまで来ました。

 

今後も高配当銘柄中心の投資を継続する方針に変わりありません。

 

 

そして(というか)だから

 

 

投資対象はもちろんアメリカ株(米国株)でなければならない

 

 

5年後位に達成できれば、すごく幸せなんですけどね。

 

さて、あなたの達成度は?

 

 

ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。

      


 

<管理人の自己紹介コーナー その1>

 

私事にて恐縮ですが、実は私恥ずかしながら30すぎから頭頂部を中心として薄毛に悩まされており、現在リアップが欠かせません。これまでいろいろ試してみましたが、自分にはリアップが一番あっているようで、はげ止まりを確認しております。

最初は近所のドラッグストアで買っていたのですが、恥ずかしいのと必ず薬剤師さんから買わねばならないのが面倒だったので、今は楽天で購入中です。ネットなので24時間営業!(※アメリカ株(米国株)投資家としては当然アマゾン(AMZN)で買いたかったのだが、リアップは取り扱っていませんでした、、、残念!!)

日々多毛多忙なうす毛中高年ビジネスマンにはもってこい!

以下クリックしてお試しあれ。(※まずは会員登録(もちろん無料)が必要です。)

 
  

 

<管理人の自己紹介コーナー その2>

 

若い頃は暴飲暴食三昧、にもかかわらず会社の定期健診でもさしたる異常は見つからず。

すっかり、いい気になっていたら、、、、

35歳を超えた頃から毎年数値が急上昇(株価の上昇はウェルカムなのだが、、)、特に管理人の場合深刻なのは血糖値とコレステロール値。正常値超えの常連となり、今では定期的な数値チェックが欠かせません。

血糖値とコレステロールの大敵と言えば、甘いものと油もの。

しかしその両方が大好物な人間にとって、これを控えることは拷問・苦行以外の何物でもありません。(頭だけは苦行僧の風情なのだが、、)

そんな時に「ピーナッツの効用」について、ある情報番組が取り上げていました。

なんでもアメリカの大学が30年にわたって12万人の食生活を調べた研究では、「血管を健康にして死亡率を飛躍的に下げる食材」として注目されたのがピーナッツだったとのこと。

ピーナッツに含まれる油がコレステロール値をさげるほか、血管を強くしたり、糖尿病を軽減したりと、様々な効果を発揮するそうです。

そんな内容に思わず「ガッテン」ということで早速購入を開始。

甘いもの・油ものの代わりに毎日ピーナッツを食べております。

ただ、あまりのおいしさに一日の適正量20粒をまったく守れていないのが大問題でして、、、(これじゃ意味ないか?)

送料と宅配業者さんの業務量軽減に考慮して(?)アマゾン(AMZN)でまとめ買いしています。(アメリカ株(米国株)投資家としては、当然楽天よりアマゾンでしょう!)

 

ご興味ある方はどうぞ。

 

 

正直者 | アーリーリタイア達成度 | 06:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1/1PAGES | |

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
  • ようやく約定、しかし結局購入したのは日本たばこ(2914)でもゼネラルミルズ(GIS)でもなく、、、
    管理人 (04/25)
  • ようやく約定、しかし結局購入したのは日本たばこ(2914)でもゼネラルミルズ(GIS)でもなく、、、
    団塊A (04/24)
  • フィリップモリス(PM)の第1四半期決算 空前の株価大暴落で再認識した株式投資の常識
    管理人 (04/22)
  • フィリップモリス(PM)の第1四半期決算 空前の株価大暴落で再認識した株式投資の常識
    yazirobe777 (04/21)
  • 日本たばこ産業(2914)かゼネラルミルズ(GIS)か、冷静に数字を比較して下した決断とは
    管理人 (04/18)
  • 日本たばこ産業(2914)かゼネラルミルズ(GIS)か、冷静に数字を比較して下した決断とは
    団塊 (04/18)
  • 確定申告で税務署から還付されるのは所得税だけです。 では住民税は? ご参考まで
    正直者 (03/27)
  • 確定申告で税務署から還付されるのは所得税だけです。 では住民税は? ご参考まで
    あずみ (03/27)
  • 配当総額に見る日米格差 これだから米国株投資は止められない
    正直者 (03/26)
  • 配当総額に見る日米格差 これだから米国株投資は止められない
    ピーコック (03/26)
MOBILE
qrcode
OTHERS
お薦め情報

アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならこちらで



米国株銘柄が充実、まずは講座開設




LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH