2018.05.13 Sunday

【続報】配当利回り6%、ポートフォリオの約2割を占める主力銘柄AT&T(T)をあえて完全売却する理由 −売却編

0

     

     

     

     

    昨日(5月12日)付記事「配当利回り6%、ポートフォリオの約2割を占める主力銘柄AT&T(T)をあえて完全売却する理由」にて損益通算のため含め損を抱えていたAT&T(T)を売却する旨書きましたが、早速取引を行いました。

     

     

    以下がその時の記録(含む:心理状態)です。

     

    日本時間早朝4時過ぎ:「いやいや、売買することを考えると興奮してよく眠れなかったなぁ〜。」

     

    とわくわくしながら早速株価を確認。
     

    すると前日より1%以上上昇しており31.9ドル台で推移。

     

    そして朝から右肩上がり。

     

     

     

     

     

     

    「おっ、この感じていくとこりゃ〜もう少し上げそうだな。」
     

    とわけのわからない根拠に基づき31.99ドルで注文を入れる。
     

     

    そこからはもう居ても立っても居られず、ずっと値動きを注視。
     

     

    すると意に反して(大抵そうなのだが、、、)株価はじわじわと下げ始める。
     

    「あれれ、なんでだよ〜。くそっ、しょうがない、じゃあちょっと下げるか。」
     

    と指値を訂正し、31.90ドルで再注文。
     

     

    しかしその後も下げは続き、31.80ドルを割る始末。
     

    「なんだなんだ? あれ、今日はもうあと10分も場がないじゃないか! こりゃまずい、しょうがないなぁ〜もう。」
    と焦りながら、さらに指値を下げて再注文。

     

     

    結局場の閉まるぎりぎりで31.84ドルでの約定となりました。

     

     

     

    ということで、我ながらまったく進歩というものがありません。

     

     

    そもそも今回の取引目的は損益通算のための一時的な売買。

     

    すなわち売りと買いのセット。
     

    売却しても即行で購入するのですから、売却と購入の価格に差がなければいくらで売ろうがまったく気にする必要はないはず。
     

    それがいざ注文!となりチャートを目にするとスイッチが入り、毎度のことながらついつい興奮してしまい湧き上がる「売るときは高く」という本能的欲望に冷静な判断が負けてしまうのです。
     

     

     

      

     

     

     

     

    おかげでこの日は売却のみしかできない始末、、、

     

     

     

    やばい、これでもし明日爆上げしていたらどうしよう、、、(大汗)

     

     

     

    ということで、この日は大きな不安を抱えたまま出社するはめとなってしまいました。

     

    (ドキドキの購入編へと続く、、、)

     

    (投資は自己責任にてお願いいたします。)

     

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

     

     

    追伸2 

     

    配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

     

     

     

    「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

     

     

       

        

    2018.05.12 Saturday

    配当利回り6%、ポートフォリオの約2割を占める主力銘柄AT&T(T)をあえて完全売却する理由

    0

       

       

       

       

      タイトルのとおりこの度現在ポートフォリオの堂々第2位、さらに配当利回りでは第1位の銘柄AT&T(T)をすべて売却することを決めました。
       

       

       


      AT&Tを初めて購入したのは2012年ですが、実は今年に入って自社株を売却して手にした多額の資金で大量に買い増ししたばかり。
       

       

      しかも配当利回りは6%超えと断トツ。
       

       

      ではなぜその銘柄をあえて売却するのか?
       

       

      「もっと魅力的な銘柄を発見したから?」
       

      「ブログに書けないような秘密の投資で失敗し、急に資金が必要になったから?」

       

       

      いえいえ。

       

       

      答えは、この銘柄が現在結構な含み損状態となっているから。
       

       

      と書けば、ある程度株式投資の経験年数のある方であればおわかりでしょう。

       

      実は売却した自社株はかなりの売却益を出しており、このままいけば2018年度は確定申告時多額の税金を納めねばならなくなります。
       

      これを少しでも減らすべく、先日人生で初めて購入し10年近くに渡って塩漬け状態となっていたシティグループを売却したことはすでに記事に書いたとおりです。
       

      (関連記事⇒ 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し、100万円以上の損失を確定することにした理由


      しかしこの分を加味してもまだまだ支払う税金は多額。
       

       

      ということで、大量買い後下落の一途をたどっている(泣)AT&Tに目を付けた次第です。
       

       

       

       

      もちろん、インカムゲイン投資家として市場の評価がどうであれこの高配当優良銘柄を見捨てることはできません。

       

      売却後は速攻で買い戻す予定です。

       


      ただ人間は欲望の生き物。
       

      「売却時より少しでも安い株価で購入し、株数を増やしたい、、」などと妄想しております。
       

      こういう欲望がたいてい後で泣きを見る結果となるのは過去の経験で十分わかってはいるのですが、湧き上がる欲望(悪魔?それとも天使?)の勢いに押されておりまして、、、
       

       

        

       


      欲望・邪念を振り切って即時買い戻しを実行すべくがんばります!

       

      (投資は自己責任にてお願いいたします。)

       

       

       

      追伸1

       

      ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



               
       

       

      ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

       

       

      追伸2 

       

      配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

       

       

            

               

       

       

                       

       

       

         

       

       

       

       

      「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

       

       

         

          

      2018.05.10 Thursday

      10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由

      0

         

         

         

         

        早いもので米国株投資を開始して約10年、現在の保有銘柄数は16銘柄にまで増えていますが、初めて購入した銘柄がシティグループ(C)でした。

         

         

         

          

         

         

         

        今でこそインカムゲイン投資家を名乗っていますが、投資を開始した当初は正直方針が明確ではなく、ある時はキャピタルゲインを狙い、またある時は配当狙いといったように好きなようにというか場当たり的な投資をしていたように思います。
         

        そんな中でなぜこの銘柄を購入したのか、ですが以前記事にも書いたかもしれませんが、”当方お気に入りの経済評論家が推奨していたから”、、、

         

         

          

          知る人ぞ知るこのお方です。

         

         

        今から思えばまったく恥ずかしい限りですが、購入当時の2008年は銀行株は絶好調であり、ろくに銘柄研究もせずにただそれだけで購入を決めたのでした。それも複数銘柄に投資すればいいものを当時の自分にはかなりの金額をこの1銘柄に、、、
         

         

        そして購入後にあのリーマンショックが発生。
         

         

        他の銀行株同様、というかそれ以上にシティ株は暴落の一途をたどったのでした、、、

         

         

         

         

         

        そのシティグループを今回節税のため自社株売却での売却益を損益通算で減らす、という目的もあり売却することにしました。
         

        現在の株価で計算すると確定損失はゆうに100万円を超えることになります。

         

         

        ・なぜリーマンショック発生直後にすぐに売却しなかったのか?
         

        ・直後と言わぬまでもその後配当利回りが極めて低かった(つまり投資方針からはずれていた)にもかかわらずなぜズルズルとここまで保有し続けたのか。
         

        ・そもそもろくに調査もせず、なぜ単に評論家の推奨だけで安易に購入に走ったのか。

         

         

        等々、反省点は山ほどあります。

         

         

        また暴落からしばらくの間は評論家さんをうらんだりしたものでした。
         

        (実はこの評論家さんは推奨した銘柄を自ら購入しなかったどころか、等の昔に米国株から足を洗っていたことが後になってわかった、というオチまでつく始末、、、)

         

         

        ただ言い訳に聞こえるかもしれませんが、初めて購入したこの銘柄での大失敗が現在の投資方針の策定、そして年間200万円を超える配当金へと導いてくれたのだと思っています。
         

        そういう意味では誠に痛い損失ではありますが、株式投資の厳しさ等、それ以上のものをもらたらしてくれた銘柄として今となっては感謝している自分がいることも事実です。

         

         

        長い間のお付き合いでしたが、人生初購入のシティさん、さようなら〜、そしてありがとう!

         

         

        (投資は自己責任にてお願いいたします。)

         

         

         

        追伸1

         

        ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



                 
         

         

        ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

         

         

        追伸2 

         

        配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

         

         

              

                 

         

         

                         

         

         

           

         

         

         

         

        「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

         

         

           

            

        Calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << September 2018 >>
        お薦め情報



        アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





        米国株銘柄が充実、まずは口座開設








        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM