2019.06.01 Saturday

この度町内会費の使い込み事件に巻き込まれてしまいました、、

0

     

     

     

     

    当方が住んでいる町内ですが、世帯数的には結構な規模で丁(〇丁目)が複数、さらにその中にかなりの数の班が存在しています。
     

    そして各班には班長がいて、町内会費の徴収や祭り、運動会の準備等の任務にあたるわけです。
     

    (田舎ではだいたいこんな感じでは?)
     

    班長は毎年持ち回りとなっており、当方も2年前に班長を拝命していました。
     

     

    しかし町内活動はこれだけではありません。
     

    このいわゆる班体制の他にもう一つ、組合体制というものが存在しています。
     

     

    この組合とは何か?
     

    と言えば、これが雪国ならではの消雪組合。
     

    簡単に言えば冬の間の除雪の業務にあたる組合です。
     

    雪国だからしょうがない、とは言え、こういういわば余計な仕事があるわけでして、、、
     

    この組合の方は毎年5人体制の役員が決められます。
     

    これも持ち回り。
     

    その順番が今年回って来ました。
     

    班長が終わってやれやれ、と思ったら今後は組合役員か、、、と文句を言っても順番なので仕方ありません。
     

    ということで、先日その会合に出てきました。
     

     

    会合の目的は5人のうち誰が以下の役職につくのかを決めるもの。

     

    ・組合長 1名
     

    ・副組合長 2名
     

    ・会計 1名
     

    ・会計監査 1名

     

     

    このうち一番楽なのが副組合長。
     

    正直ほとんどやることがない、というか組合長のサポートをすればいいだけ。
     

    当然人気NO.1、皆がやりたい。
     

    次が会計監査。
     

    1年に一回だけ帳簿をチェックしてハンコを押すだけ。
     

    これも楽ちん。
     

     

     

    そして何と言っても大変なのが組合長と会計。
     

    組合長は消雪設備のメンテ等を業者とかけあったり、また市からの補助金の申請のために市役所に出向いたりと大変。
     

    もちろん1年の終わりには総会を開催し、司会を務めねばなりません。
     

    次に大変なのが会計。
     

    組合メンバーからの会費の徴収や支払処理、総会時の決算報告書の作成等、結構大変です。
     

     

    で、もちろん当方は副組合長狙い。
     

    最悪でもなんとか会計監査で!
     

    とそんな希望をもって会合に出席したのですが、これが甘かった、、、
     

    どうやらすでに当方のいないところで話は決まっていたようなのです。
     

    (ちなみに当方以外は全員定年退職者です。)
     

     

    Aさん:それでは今年の役員を決めようと思います。何かご意見ありますか?
     

    Bさん:あのー、Aさんは前回の時の組合長さんをやっておられるし、その時も安心しておまかせできました。やっぱりこういうことって慣れた方が一番かと。皆さんどうでしょうか?
     

    他全員:賛成です。
     

    Bさん:申し訳ないですけどAさん、ここは一つ頼みます。
     

    Aさん:皆さんがそうおっしゃるのであれば致し方ない。
     

    Bさん:よろしくお願いします。それともう一つ、会計なんですけどこちらはやっぱり正直者さんにお願いできれば、と。
     

     

    当方:「えっ、なんだそれ、聞いてないぞ、そんなことーーー!!」
     

    Bさん:確か正直者さんも前回会計をやっていただいてきっちりされてましたから。皆さんどうでしょう?
     

    他の3人:是非それでお願いします!
     

    Aさん:ということで正直者さん、いかがでしょうか?
     

    当方:まっ、まあそういうことであれば、、(汗)
     

     

    ということで、事前の根回し、談合の前に当方なすすべなし!
     

    結局結構大変な会計の任につくことになってしまったのでした。
     

    だが会計となったことで、使い込み事件を知ることになるとは、この時は想像だにしなかったのです。
     

    (この話、続きます。)

     

    (会費徴収にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。)

     

     

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    追伸2

     

    あー買い物行かなくちゃ、でも面倒くさーい。」というそんなずぼらなあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

     

     

       

     

    追伸3 

     

    配当収入(累計)1000万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

     

    ※重要追伸

     

    一つのカゴに多くの卵を入れるのは危険! あなたも証券会社の分散化をはかってみませんか?(もちろん口座開設は無料です。)

     

       SBI証券さん

     

         


      楽天証券さん

     

         


      マネックス証券さん
     

         

        

    2019.03.02 Saturday

    正直者、というハンドルネームがイマイチ浸透しない、、、いっそ”ハゲっと太郎”とでも改名しようか

    0

       

       

       

       

      当ブログは株式投資、それもインカムゲイン投資、さらには米国株投資をメインにアーリーリタイアを目指しつつ、投資について極めて真面目に、且つ熱く語るブログです。


      (ってそんなんだったかな〜?)
       

       

      そして特に、
       

      ・会社で日の目をみない
       

      ・出世から見放された、あるいはそもそも出世を望まずにゆるく生きたい
       

      そんな会社員の方にも希望が持てるようなブログであれば、と思いながら、ない髪、じゃない頭を懸命にしばって、じゃない、しぼって血のにじむ思い(大げさ?)で日々記事を書いているわけです。
       

       

      しかし、そんな当ブログ、イマイチ認知度が低いというか早い話人気が出ない。
       

       

      うーむ、いったいどうすれば当ブログがバフェット太郎さんのみたいにもっと世間に認知されるのか?と考えてみたところ、
       

       

      やはりタイトル名にも入っている、”正直者”というハンドルネームにいまいちインパクトがないことが原因なのでは?
       

      という結論に至りました。
       

      (って単に記事の質が低いだけ、ということに全然気づいていないというか、見て見ぬふりをしているだけ、という噂もあるが、、、(汗))
       

       

      つまり正直者という名前がやぼったい、というか、
       

      そう!カリスマブロガーバフェット太郎さん的に言えば、まさに”クソダサい”のではないか?と。
       

       

      ということで、正直者というハンドルネームの変更を考えています。
       

       

       

      例えば、バフェット太郎さんにあやかって、
       

      ”ハゲっと太郎”
       

      なんてどうでしょう?
       

       

      この方がインパクトあるし、場合によっては検索するときに”バ・フ・ェ・ッ・ト・太・郎”と入力すべきところを誤って”ハ・ゲ・っ・と・太・郎”と打ってくれるかもしれない、、、
       

      いわばタナぼた的検索流入増加が期待できる!(って、ないない。)
       

       

      いや、まてよ、ここはインパクトを最優先にさらにその上の
       

      ”ツルっと太郎”(実際はまだツルっとまではいっていないのだが、、、)
       

      なんてどうだろう。
       

       

      うーん、まだまだ弱いかー。
       

      えーい、こうなったら、さらにその上の上、
       

      ”ズラッと太郎”はどうだ!!(実際まだズラッてはいないが、、、)
       

      って、もう意味不明。
       

       

      す、すみません、投資とまったく関係のないくだらない内容の記事で。
       

      でも、こんなアホみたいなことを書きながら一人でニヤニヤしているのも、生き馬の目を抜く投資の世界での息抜きというか、結構楽しいものですから。
       

      ごくたまにですからお許しください。
       

      以上、コーヒーブレイク的記事でした。
       

      (ハンドルネーム変更にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。)

       

       

       

      追伸1

       

      ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



               
       

       

      追伸2

       

      あー買い物行かなくちゃ、でも面倒くさーい。」というそんなずぼらなあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

       

       

         

       

      追伸3 

       

      配当収入(累計)1000万円達成に導いてくれた名著達です。

       

       

            

               

       

       

                       

       

       

         

       

       

      ※重要追伸

       

      一つのカゴに多くの卵を入れるのは危険! あなたも証券会社の分散化をはかってみませんか?(もちろん口座開設は無料です。)

       

         SBI証券さん

       

           


        楽天証券さん

       

           


        マネックス証券さん
       

           

          

      2019.01.06 Sunday

      「ドラマ下町ロケット」に対するリアクションであなたの社畜度がわかる理由

      0

         

         

         

         

         

         

         

        昨年終了、そして年初にはスペシャル版が放映された下町ロケット。


        普段テレビドラマはほぼ見ない当方ですが、撮影場所として地元新潟県(燕市)が多く使われていたこともあり、しっかりと見させていただきました。
         

        前作も見ていましたが、俳優陣の熱演と相変わらず息も切らさぬストーリー展開ですっかり引き込まれてしまいました。
         

         

        それにしても年は取りたくないものです。
         

        以前なら決して泣くことはなかった場面でも思わず涙が、、、すっかり涙腺が緩くなってしまいました。
         

         

        主演の阿部寛を始め土屋太鳳や安田 顕も相変わらず良かったのですが、意外だったのがイモトアヤコ。
         

        普段のお笑いの姿とはまるで正反対、天才エンジニアの役を一生懸命がんばって演じていたのが印象に残りました。
         

        しかし、一番の衝撃はやはり孤高のエンジニアの軽部を演じていた徳重聡。
         

        確かこの人は以前は第二の石原裕次郎と言われ、若い頃は2枚目役が多かった記憶がありますが、正直その後はぱっとしなかった俳優さんだったのではないでしょうか?
         

        それが今回は2枚目とはほど遠い、クセが強く、ぶっきらぼうでドライな性格の嫌味男の役柄を見事に演じ切っていました。

         

         

        その軽部ですが、製品開発のためにどんなに他のメンバーが昼夜を問わず忙しく働いていても、自分は定時になるとパソコンを閉じ、「じゃ、お先に〜。」と帰ってしまいます。
         

        当然これは周りからは大ひんしゅくを買うわけですが、実は当方、この場面を見た時に、
         

        「ひんしゅくも何も実際軽部は仕事においては非常に優秀であり、自らに与えられた業務をきっちりこなしている限り、定時帰りの何が悪いのか? むしろきっちり定時で完了させていることこそがプロと言えるわけで逆に評価されるべきではないのか。」
         

        という目で見ていました。
         

         

        そして回を追っても相変わらず軽部の定時帰りは続いていたのですが、この時もその考えが変わることはありませんでした。
         


         

         

        もちろんこれはドラマの中での作り話ではあるのですが、皆さんは軽部に対してどう思われたでしょうか?
         

        恐らく視聴者の大部分が「なぜ仲間と一緒に残業しないのか! まったく軽部はけしからん!!」というリアクションだったのではないでしょうか?
         

        (まあ、当然このリアクションを想定(期待)してこのドラマが作られていたことは明白なのですが、、、)

         

         

        ただこのリアクションは冷静に見れば社畜側のそれと言えるでしょう。
         

        確かに開発業務が大変なのはわかりますが、連日深夜残業という事になればそれば明らかにブラック企業。
         

        例えドラマであっても、どういうリアクションをするかでやはりその人の仕事に対する考え方が出るのではないでしょうか?

         

         

        ただこの話には続きがありまして、
         

        実はその後軽部が定時で帰る理由が、病気で入院している娘の面倒を見るためだったことがわかるのです。
         

        軽部はいったん娘の面倒を見た後、なんとまた会社に戻りしっかりと残業していたのでした、、、
         

         

        で、この場面を見た瞬間、当方不覚にもその姿に思わず感動してしまいました、、、

         

         

        そう、なんやかや言っても当方もまだまだ社畜の一員に変わりがなかったわけです。
         

         

        そして最終回の「よしっ、残業だぁ!」の雄たけびで再び感動、、、(してしまいました、、、)

         

         

        やはり長年のサラリーマン生活ですっかり社畜となってしまったこの身をそう簡単に変えることは難しいようです、、、

         

        下町ロケット面白いです。まだ見ていない方はこちら。

         

        ※上がブルーレイ版 下がDVD版となります。

          

         

          

          

         

         

         

        追伸1

         

        ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



                 
         

         

        ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

         

         

        追伸2 

         

        配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

         

         

              

                 

         

         

                         

         

         

           

         

         

         

         

        「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

         

         

           

            

        2018.12.29 Saturday

        自分のハンドルネームを”正直者”とつけた裏に隠された恐ろしい事実

        0

           

           

           

           

           

          いまさら説明するまでもないのですが、当方のブログのハンドルネームは”正直者”。
           

           

          もちろん本名ではありません。
           

          (そんな人がいたらある意味すごい、、、)

           

           

          ・たぱぞう
           

          ・バフェット太郎
           

          ・はちどう
           

          ・チョコ
           

          そして
           

          ・霧末
           

           

           (無断使用をお許しください! 正直者さんへにて褒めてくれてうれしかったです♪、あとごめんなさい、いまだ地獄甲子園読んでません、、、)

           

           

          等、世の中には思わず興味をひいてしまう、センスを感じるハンドルネームの方が多くいらっしゃいますが、当方の場合は
           

           

          正直者(ダサッ)
           

           

          なぜ”正直者”などという古びた、やぼったい名前をつけたのか?
           

           

          ですが、
           

           

          ブログをはじめるにあたり、できるだけウソ偽りのない記事を書きたいと思ったから。
           

           

          特に自身の保有株の時価や売買実績はできるだけそれこそ正直に開示したい、と思ったから。
           

          ほ〜、なかなか志が高いじゃないの〜。
           

          などと思うかもしれませんが、真意はまったくちがうところにあります。

           

           

          それは、
           

           

          実は当方が根っからの大嘘つきだから。
           

           

          思い返せば小さい頃からウソのつきとおし、ウソにまみれた人生と言っても過言ではありません。
           

          例えば、
           

          ・母親に、「正ちゃん、ここにあったお菓子食べたでしょ!」と言われれば「えっ、僕じゃないよ!」と口のまわりにチョコをつけバレバレにもかかわらず顔色一つ変えず即答。
           

          ・持ち物検査でハンカチを忘れたことに気づき、とっさにポケットの裏地を引っ張り出して「ほら、ハンカチならあるよ!」と言い張ったり。
           

          ・大学時代は「参考書を買うので至急1万円頼む!」などと親にパチンコ代をせびったり、、、
           

          ・現在でも妻から「ちょっとサラダ盛り付けるの手伝って〜。ところで手は洗った?」と聞かれれば、
           

          「もちろん、当然でしょ!」と毎回汚い手を隠しながら元気よく答え、、、
           

          とちょっと思い出しただけでどんどん出てきます。

           

           

          自分を正当化するわけではないのですが、ウソつきって遺伝的要素が強いって言うか、持って生まれたものだと思います。
           

          だから直すのが非常にむずかしいんです。(さらに正当化している、、、)
           

          油断するとすぐうそをついてしまうんです。
           

          だから何かで歯止めをかける必要があるんです。

           

           

          ということで、投資ブログを始めるにあたってハンドルネームとして選んだのがこの”正直者”という名前。
           

           

          常にウソをつかないよう、正直に記事を書こうという思いからです。
           

          特に内容が投資ですから、たとえどんなに損を出そうとも自身の投資成績は絶対にウソはつかないように意識しているつもりです。
           

           

          一見なんの変哲もないこの”正直者”というハンドルネーム。
           

           

          今回はその裏にこんな理由があったということをご紹介しました。

           

          P.S.
          但し、元来ウソつきですから、投資以外の記事のあちこちにウソが散りばめられているやもしれません、、、くれぐれもご注意を、、、

           

           

            

            この姿もうそかもしれんぞいっ??

           

           

          (ウソはくれぐれも自己責任でおつき願います。)

           

           

          追伸1

           

          ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



                   
           

           

          ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

           

           

          追伸2 

           

          配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

           

           

                

                   

           

           

                           

           

           

             

           

           

           

           

          「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

           

           

             

              

          2018.12.08 Saturday

          霧末さんがどうしても女性であることが信じられない、というお話し(閑話休題的記事)

          0

             

             

             

             

             

            ブログ:霧末流♀アメリカ株サバイバル投資実践記


             

                  

             

             

            現在のブログ村の米国株ランキングで堂々の第1位。

             

             

             

                     

              こちらからご覧いただけます。

             

             

            米国株投資家で今や知らない人はいないのではないでしょうか。
             

            その霧末さんですが、タイトルに🚺じゃない、♀マークがあることからも本人曰く女性とのこと。
             

            しかしそのブログを読んでもらえばわかるとおり、自分を俺と書くなど文体は100%おとこ。
             

             

                  

              こちらからご覧いただけます。(しっ、しつこい?)

             

             

            さらに、

             

            ・大のプロレス好きらしいが、しばしばプロレス技を挿入するなど女性でこれだけのマニアックなプロレス好きというのもなかなか珍しい。
             

            ・大の漫画好きらしいが、その漫画も通常は男性が読むような漫画のようだ。
             

            ・会社での話題が出てくるが、相手の霧末さんへの態度の描写が女性に対するものとは思えない。
             

            ・上記能面の写真だが、通常多くの女性がかわいいキャラクターや写真を使用しているのに、よりによって能面、それも恐ろしいくらいの不気味さをかもし出している、


            と女性であることが疑われる状況(証拠)がたくさんあります。

             

             

            この中で当方が一番気になっているのがブログの文体。
             

            もちろん女性でもおとこ言葉でブログを書くことは十分可能。
             

            それは当方も百も承知。
             

            ではあるのですが、現在霧末さんは毎日3つも記事をアップしておられます。
             

            あのカリスマブロガーバフェット太郎さんでも2つ。
             

            最近太郎さんのように1日2記事を目標にしている当方ですが、その大変さを身に染みて感じています。
             

            (単なる年のせい? もう無理かも、、、)

             

            それが3つとは、、
             

            恐るべし。
             

             

            で何が言いたいのかというと、
             

            これだけの分量を書くという事は、さすがにゆとりを持って書いてはいないはず。
             

            文章を確認する時間も短いはず。
             

            となるとどうしてもどこか細かい部分で本来の女性的な文体・表現が出てしまうはず。
             

            なのにそんなところが全くと言っていいほどない。
             

            ということで、普通に考えればやはり書き手は男性であると考えた方が自然だし、無理がない。

             

             

            仮におとこだとしたらだからなんなんだ!

             

            という怒りの声が出そうですが、
             

            いや、別にだから何、ということはまったくありません。
             

            ただ現在ほぼ毎日霧末さんのブログを読んでいる中でどうしても気になったものですから、、、
             

            (そういう意味では当方りっぱな霧末ブログ中毒です。)
             

             

            何言ってる! 俺はりっぱな女性だし、一日3記事なんてお前と違って余・裕だ!!
             

             

            という文句のお言葉がありそうな予感が、、、
             

             

            やはりあなたは天才です。
             

             

            以上
             

             

            投資、じゃなくて性別の判断にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。

             

             

             

            追伸1

             

            ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



                     
             

             

            ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

             

             

            追伸2 

             

            配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

             

             

                  

                     

             

             

                             

             

             

               

             

             

             

             

            「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

             

             

               

                

            2018.10.31 Wednesday

            今回は霧末さん的に毒を吐いてみました(閑話休題的記事)

            0

               

               

               

               

               

              当方は同じ米国株ブロガーの霧末さんのブログ(霧末流♀アメリカ株サバイバル投資実践記)の愛読者であり、また霧末さんの(あくまで自称)後見人でもあります。
               

              その記事は毒、つまり同業のブロガーをはじめ他への攻撃・批判に満ち溢れているのですが、なぜか憎めません。

               

               

              ・他人を批判、誹謗中傷することはやめましょう。

               

              ・人の不幸を喜ぶことは慎むべきです。

               

              と言ってみたところで、

               

               

              他人の不幸は蜜の味

               

              ではないですが、
               

              所詮は人間、他人への批判や他人への批判を耳にすることで、多少なりとも爽快感を感じる生き物であることは紛れもない事実。
               

               

               

                

               

               

               

              そん中ある著名ブロガーさんへの記事で感じたことがありました。
               

              当方も著名ブロガーさん達の記事を読んでいて、
               

              「あれ、これはちょっと違うんじゃないか?」
               

              とか
               

              「ここまで偉そうに上から目線で書かなくてもいいのに、、、」
               

              とか
               

              「リーマン等の暴落相場を経験してもいないのに講釈垂れ垂れ。相場がわかったような気になってるなんてチャンチャラおかしい。」
               

              とか
               

              「これは前に自分が書いた記事に似ている、さてはこやつ、、、」
               

              と正直思うことがあります。
               

               

              そしてそんな思いの背景には成功者へのねたみがあることは間違いありません。

               

               

              しかし、この世界は実力がすべて。
               

               

              たとえ当方が、「間違ってるんじゃない?」とか「上からじゃね?」とか「パクったんじゃないのか、えっ〜!」などと思ったところで、
               

               

              世の中により認められている、より人気があるブロガーの意見の方が正なのです。
               

               

              当方の思いなど所詮負け犬の遠吠えにすぎません。
               

              そこでここは冷静に、

               

               

              このブロガーはなぜ成功できたのか?

               

               

              という視点で記事を読み込むことで自身のアクセスアップのためのヒントにできれば、と思っている次第です。

               

               

              <追伸>
               

              霧末さんのブログを読んでいると、食生活がちと気になります。
               

              いくらカロリーゼロとは言え、コーラの飲み過ぎはよくありませんよ〜。
               

              野菜ジュースやヨーグルト取ってますか?
               

              外食ばかりだとどうしても栄養が偏りがちです。
               

              また、自宅でも甘いものの取り過ぎやカップ麺ばかりでもいけません。
               

              何よりお肌によろしくないですよ!
               

              健康一番、寒さが日に日に厳しくなる時節柄、その美貌(?)を保つためにも気をつけてね〜。(霧末さんがあくまで女性だった場合ですが、、、)

               

                
                気をつけるんじゃぞぃ!

               

               

              ※応援コメントは大歓迎。但し、承認(非承認)及び削除については管理人の独断とさせていただきます。悪しからずご了承ください。

               

               

              追伸1

               

              ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



                       
               

               

              ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

               

               

              追伸2 

               

              配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

               

               

                    

                       

               

               

                               

               

               

                 

               

               

               

               

              「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

               

               

                 

                  

              2018.10.16 Tuesday

              運用資産6000万円(※あくまで時価ベース)のこれまでの遍歴を公開いたします(閑話休題的記事)

              0

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                皆さんこんにちは、高配当ハゲおやじの正直者です。
                 

                今回は最近当方のファンになったというとっても奇特な性別不詳のある読者の方から当方の遍歴を是非聞きたい、というご要望がありましたのでお答えしたいと思います。

                 


                <30代前半>

                 

                この頃はまだはっきりと他人から指摘されてはいませんでしたが、頭頂部の張り等異変を感じていた当方、予防のために育毛剤を購入することにしました。

                 

                とりあえずは薬局で薬用と書かれたものを購入しましたが(名前が思い出せない)、まだ切羽詰った感じがなかったためにいつの間にか使用を中止してしまいました。


                 

                <30代後半>

                 

                この頃になると他人にも指摘され、さすがにあせりを感じて再度発毛剤を購入することを決意、いろいろ物色しましたが最終的にはちょうど販売され、爆発的な人気のリアップを購入しました。  

                 

                 

                理由はアメリカでよく知られた発毛剤と同じ成分を使用していたからです。

                 

                とりあえずは「最低6ヶ月は継続して下さい。」との使用書に記載の通り6ヶ月間使用してみました。

                 

                しかしながら、事態がそれほど深刻ではなかったため、結局これもいつの間にやら使用を止めてしまいました。

                 

                因みに同じくリアップを使い始めた5歳年下の会社の知人の場合は効果があったようで、全体的にうすかった髪にボリューム感が出ておりました。
                 

                (今思えばここでやめなきゃよかった?)

                 

                  

                 


                <40才以降>

                 

                その後脱毛は徐々に当方の頭を蝕み、いよいよあせりを感じはじめ、ドラッグストアへ。

                 

                それにしてもこの手の商品を買うのってとっても恥ずかしいものですよね。

                 

                結局、またまた夢よもう一度でリアップを購入、3ヶ月ほど使用してボトルが空になったところで再度ドラッグストアへ。


                最初はまたリアップを買うつもりだったのですが、資生堂の新製品アデノゲンのポスターを見て、アルマゲドンみたいで名前からしてなんだかききそう(?)と勝手に判断して買うことに。

                 

                正直者 「これ。(人が並んでいないのを見計らって素早くレジへ。 カモフラージュ用に買ったお菓子の下に発毛剤をかくすように置いて店員へ。)」

                 

                店員 「いらっしゃいませ〜。」

                 

                正 「どうも。(早くしろよ〜早くな、後ろにお客さん(それも若いネエチャン)が並んじゃったんだから!)

                 

                店員 「えーっと。お菓子と、アデノゲンっと。 お客様、ポイントカードはお持ちですか?」

                 

                正 「いや、持ってないよ。(わざわざ商品名いわんでも、、)」

                 

                店員 「あれ〜。このアデノゲン、いくらだったかな。 
                 

                (皆に見えるように高く上げながら)ちょっと高橋さ〜ん!、これいくらだったっけ。」

                 

                正 「・・・・・・。(わ〜なんてことするんだ! これじゃこのお客さんはげてますって言ってるようなもんじゃないの。(T^T))」

                 

                店員 「え? わかんない? すみません、これまだ発売したばっかりなもんでね〜。 ちょっと見てきますから。」


                正 「・・・・・・。(そんな〜、これじゃ生き地獄の市中引き回しの上のさらし首じゃ。 ネエチャン笑ってるじゃん。(T^T))」


                店員 「お待たせしてすみませんでした。 ポイントカード作りませんか? 今後のためにも。(^-^)ウフッ」

                 

                正 「いらない!急いでるんで!!(早くよこせ、早く〜!!!)゚O゚( ヒィィィ)」

                 

                ということで使用してみたのですが、その後も脱毛は止まりません。

                 


                具体的には

                 

                ,發箸發箸なり薄くなっている頭頂部がなんだかますますスカスカする感じがしてきた。

                 

                額部分について、なんだか前より寂しくなってきた感じがする。

                 

                6世埜てもかなり前に比べさらにボリューム感がなくなってきたようだ。

                 

                て髪に反比例するようにヒゲが濃くなってきた感じがする。

                 

                ズ廼瓮爛好海いやに元気だ。(男性ホルモンの増加か?それとも単なるにんにくとニラの食べすぎか?)

                 

                 

                そして、それに呼応するかのように立て続けにショッキングな事件が、、


                 

                _饉劼瞭盈修いきなり後ろから

                 

                「いや〜誰かと思ったら、正直者じゃん! 薄くなったなぁ〜!」

                 

                ショ〜ック!(T^T)


                ⊆莪先の社長と打合せしていたら(因みにこの人、70過ぎてもフサフサ)、帰るまぎわに一言、


                「正直者さん、あんた発毛剤使った方がいいんじゃないの? 後ろから見たらすごいね! 前もだけど、、、」

                 

                ショ〜ック!×ショ〜ック! )゚O゚(  

                 

                さすがに「実は昔使ったけどあまり効果がなかったんです!」と言えるだけの余裕はなかった、、

                 

                 

                もうショック、ショックの連続です。

                 

                 

                ということでその後は「インディアンにはげはいない。」と銘打ったシャンプーなどを使用してみましたが、結局回りまわって現在は

                 

                 

                再びリアップ使用(※初期よりパワーアップしております)

                 

                 

                ということで落ち着いております。


                 

                あっ、いっ、いかん、ハゲ遍歴だけでもうこんなに書いちゃった。
                 

                まだまだ書き足りない、、、

                 


                ご要望の投資遍歴の方は次回また、ということで、、、(汗)


                 

                ところでリアップって当方のように恥ずかしい思いなどしなくても、アマゾンでも買えるって知ってました?

                 

                  


                今思えば途中でやめたのがいけなかった。

                当方のようにならぬよう、投資同様頭髪のケアはくれぐれも若いうちからお早めに!

                 

                 

                (ご使用にあたってはあくまで自己責任でお願いいたします。)

                 

                 

                 

                追伸1

                 

                ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



                         
                 

                 

                ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

                 

                 

                追伸2 

                 

                配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

                 

                 

                      

                         

                 

                 

                                 

                 

                 

                   

                 

                 

                 

                 

                「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

                 

                 

                   

                    

                2018.09.23 Sunday

                【緊急】霧ちゃん、もっとしっかりお勉強しなさい! 「資産1憶円ではリタイアするのに足りないだと?知るか」を読んだお父さんより

                0

                   

                   

                   

                   

                   

                  ちょっと、霧ちゃん、あんたもっとしっかり勉強しなきゃだめじゃないの〜。

                   

                  まったくこんなんじゃ、これから一人でちゃんと生活していけるのか父さん心配だよ。

                   

                   

                  と前置きはこのくらいにして、これは霧ちゃんの記事「資産1憶円ではリタイアするのに足りないだと?知るか」を読んでのコメントです。

                   

                  と書けばもうお分かりの方も多いかと思います。

                   

                   

                  えっ、霧ちゃん、まだわからないの?

                   

                  何?

                   

                  いちおくえんじゃたりないなんて金の亡者になるなってことか?って。

                   

                  そんなことじゃないでしょっ。

                   

                  投資ブログを書いている人間は父さんを含め多かれ少なかれ皆金の亡者なの!

                   

                  そしてそれは決して悪い事じゃないの!

                   

                   

                  ってまた前置きが長くなりそうなのでこのくらいにして。

                   

                   

                  答えはこちら。

                   

                  〖憶〗 オク おぼえる・おもう


                  1.

                   

                  心の中に保つ。おぼえる。 「記憶」

                  2.

                   

                  過去を思いやる。 「追憶・憶念」

                   

                   


                  霧ちゃん、1憶、1憶って8回も使ってる。

                   

                  というか、一回誤変換するとずっと最初に表示されちゃうので仕方ない面もあるが。
                   

                  (実際当方もそうなっているので間違えているかもしれない、、、(汗))

                   


                  お父さんはちゃんとあんたのブログチェックしてるんだから、しっかりね!

                   

                   

                    

                    父さん近影

                   


                  (追伸)
                   

                  当方の返信に対する回答(正直者の回答に対する回答)ありがとうございました。

                   

                  ハゲイジりに抵抗があるなら、俺に言ってくれ。⇒ハゲいじりには慣れており(毛髪同様)全く抵抗(感)はありませんのでご安心を、、、

                   

                   

                  当方とは投資方針が異なることから違った見方をされており、参考になる部分が多々あり勉強になりました。

                   

                  ネスレ、サクソバンク証券で買えるんですね。
                   

                  知りませんでした。
                   

                  銘柄取扱数が6000銘柄と圧倒的に多く、手数料も大手より安いことから、ネスレのように他では買えない銘柄をどうしても買いたい、
                   

                  という場合はメリットが大きいでしょう。
                   

                  ただ現状は一般口座しかなく、円貨決済しかできないというところはネックですが、、

                   

                   

                   

                  追伸1

                   

                  ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



                           
                   

                   

                  ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

                   

                   

                  追伸2 

                   

                  配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

                   

                   

                        

                           

                   

                   

                                   

                   

                   

                     

                   

                   

                   

                   

                  「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

                   

                   

                     

                      

                  2018.09.19 Wednesday

                  霧ちゃんの「正直者はゼネラルミルズを買ってはいけない」に対する返信 その1

                  0

                     

                     

                     

                     

                     

                    拝啓

                     

                    霧末さん、お久しぶりです。
                     

                    その後のブログ村でのご活躍を拝見し、まるで我が子のことのようにうれしく思っております。

                     

                    また、この度は9月18日付記事「正直者はゼネラルミルズを買ってはいけない」で当方をかまっていただきありがとうございます。
                     

                     

                    まだこんな俺でも忘れられていなかったんだ、と思うととってもうれしくて、、、誰にもかまってもらえない日々のツライ仕事もとりあえず週末まではなんとか持ちこたえられそうな気がします。

                     

                     

                        
                      こんな俺、近影

                     

                     

                     

                    ということで、貴殿の記事につき以下のとおり回答いたします。

                     

                     

                    <正直者よ、バリュー投資家であるお前なら、ゼネラルミルズに興味を持ったことがあるかも知れない。>

                     

                     

                    はい、もちろんです。
                     

                    実はちょうどそのGISの決算発表のタイミングだったので、まさに記事を書こうと思っていたところです。

                     

                    もちろん「次は何を買おうかリスト」にも入れて常にウォッチしていますし、今年に入ってからも購入の最終候補に残りましたが、ある重大な理由から購入には至りませんでした。

                     

                     

                    その理由とは?

                     

                    こちらの記事をご参照ください⇒今回はあえて火中の栗(ゼネラルミルズ−GIS)を拾わないことにしました。

                     

                     

                     

                    <もしお前がゼネラルミルズを保有すると、あのアイスのことが頭から離れなくなる。>

                     

                     

                    実は大の甘党の当方、若い頃からハーゲンダッツが大大大好きでした。
                     

                    米国単身赴任時もそのハーゲンダッツの価格が日本よりはるかに安い事を知り、感動した覚えがあります。

                     

                    たとえゼネラルミルズを保有していなくても、ハーゲンダッツが頭から離れたことはありません。

                     

                     

                    「ありませんって、だったら食べれば良いではないか?」

                     

                    というご意見もあろうかと思います。

                     

                    が、残念ながら当方食べることができません。

                     

                     

                     

                    なぜなら、

                     

                    糖尿病だから、、、

                     

                    血糖値が高く食事制限をしておりまして、、

                     

                     

                    関連記事⇒不良中年の資産形成術

                     

                     

                    なんだか辛気臭い話題になっちゃってすみません。

                     


                    あれれ、本題の質問に回答する前に結構たくさん書いちゃった。
                     

                    家族以外の人にかまわれるのは実に久しぶりだったので、なんだかうれしくなっちゃって、、、
                     

                    それも若い女性(男性?)の方からだったし、、、

                     

                     

                    ということで、最初のご質問

                     

                    <お前のポートフォリオを見ると高配当株だらけだが、その中に、俺好みのアンハイザー・ブッシュ・インベブやアッヴィーは入っていないようだ。 何となく理由は分かるような気もするが、教えてもらおうか。>

                     

                    以降は次回ということで、、、(小出し?)

                     

                    敬具

                     


                    (追伸)
                     

                    貴殿の記事の冒頭での「あれ」のことですが、やはり当方の容姿のことでしょうか、、、

                     

                     

                      

                     

                     

                     

                     

                    こんなかわいそうな中高年に愛の手を! ワンクリックをお願い致します。

                     

                     

                     

                     

                     

                    追伸1

                     

                    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



                             
                     

                     

                    ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

                     

                     

                    追伸2 

                     

                    配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

                     

                     

                          

                             

                     

                     

                                     

                     

                     

                       

                     

                     

                     

                     

                    「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

                     

                     

                       

                        

                    2018.09.11 Tuesday

                    おかえりなさい、霧末さん 今さらの話で恐縮ですが、、、(閑話休題的記事)

                    0

                       

                       

                       

                       

                      霧末さん、おかえりなさい。
                       

                      やはり予想どおり戻ってきましたね。
                       

                      遅かれ早かれそうなるだろうと思っていました、絶対に。
                       

                      やはりあなたはさみしがり屋、ただでさえコメント欄がないあなたのブログ、ブログ村から離れてしまったらいくらあなたがプロレスを仕掛けようが誰も相手にしてくれなかった。
                       

                      (コメント欄に関する関連記事⇒霧末さん、あなたのブログの致命的欠陥を発見してしまいました、、、(閑話休題的記事)
                       

                       

                      それがさみしくてさみしくて、、、
                       

                      そんなところではないでしょうか。

                       

                       

                      その気持ち痛い程わかります。
                       

                      なぜなら、当方とて同様だから。
                       

                      会社では窓際の王道を歩み、仕事以外で声をかけてくれる人など誰もおらず。
                       

                      休み時間ともなれば孤独に耐え切れず一目散に廊下に出て携帯を開く毎日。(当社は業務時間中の個人携帯の使用は禁止なもので。)

                       

                      家に帰れば帰ったで、妻と子供の強力&協力タッグの前に防戦一方でなすすべなし、、、
                       

                      こんなつらい日々を癒してくれるのが、このブログ、そしてもちろん米国株投資。

                       

                       

                      心なしか独りぼっちだった時期の記事に比べ、例えば ”つみたて次郎よ、お前やるじゃない” 等の復活後の記事にはキレというか勢いがあるように感じられます。
                       

                      ランキングの方もたちまち当方を抜き去り、まだまだ日の出の勢いが続いています。

                       

                       

                      ところで霧末さん、
                       

                      今さらの話で恐縮ですが、確認したいことがあります。
                       

                      あなたのブログの右側、能面画像の下に、

                       

                       

                      アメリカ株投資が大好きな女子。

                       

                       

                      と書かれていますが、

                       

                       

                      あなた、女性だったのですか??

                       

                       

                      以前のやり取りで、自分の容姿を以下のように表現されていましたが、

                       

                       

                        

                       

                       

                      この時、あれ、なんかへんだな〜。
                       

                      と思っていたんです。

                       

                       

                      そして遅まきながら今朝確認したら、

                       

                       

                      女子。

                       

                       

                      とあるではありませんか、、、!

                       

                       

                      いやいや、これ冗談ですよね?
                       

                      あなたは男性。
                       

                      私はそう信じています。

                       

                       

                      まあ性別とブログ内容はまったく関係ないですが。

                       

                       

                      (追伸)
                       

                      霧末さんによると当方のイメージは以下のような感じみたいですね。

                       

                       

                       

                        
                      (これ結構笑わせてもらいました。)

                       

                      これに対し、自身のイメージとしては以下を使用してきました。

                       

                       

                        

                       


                      しかし、霧末さんのイメージの方がより当人に近いので、今後はそっちに変えようかな〜。

                       


                      などと仕事中に考えている正直者より。

                       

                       

                      ほんのちょっとでも面白かった、と思う方は愛のクリックを!

                       

                        

                       

                       

                       

                      追伸1

                       

                      ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



                               
                       

                       

                      ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

                       

                       

                      追伸2 

                       

                      配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

                       

                       

                            

                               

                       

                       

                                       

                       

                       

                         

                       

                       

                       

                       

                      「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

                       

                       

                         

                          

                      Calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>
                      お薦め情報



                      アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





                      米国株銘柄が充実、まずは口座開設








                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM