2019.10.15 Tuesday

プロクター&ギャンブルが配当のお知らせをリリース たとえ増配タイミングでなくても毎回ほほが緩んでしまう理由

0

     

     

     

     

    生活用品大手のプロクター&ギャンブル(PG)が、現地時間の10月8日に配当のお知らせをリリースしていました。
     

    その内容ですが、次回11月15日に1株当たり0.7459ドルを支払う、
     

    というもの。
     

    実は当方、この銘柄の配当のお知らせを見る度に思わずほほが緩んでしまいます。


    って言うと、
     

    「いやいや、たしかP&Gの増配タイミング、つまり配当宣言は毎年4月(5月支払い)のはず。つまり今回のタイミングでは増配はしない。いわばしごく当たり前の内容。なのになぜほほが緩むの?」
     

    という冷静な突込みが入りそう。
     

     

    その理由はその後に続く、以下の文章。
     

     

    ・P&Gは1890年の会社設立以来129年連続で配当を支払い続けています。
     

    ・P&Gは63年連続で増配を続けています。
     

     

    1890年と言えば、日本では明治時代。
     

    ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)が来日し、第1回衆議院議員総選挙が行われ、東京・横浜で電話交換業務が開始された年。
     

    はるか遠い遠い昔から今日まで、P&Gは黙々と配当を支払い続けて来たのです。
     

    そして何より素晴らしいのは63年もの長きに渡り増配を続けていること。
     

     

    インカムゲイン投資家にとってこれほどの安心感が他にあるでしょうか。
     

    直近では盛り返しのきざしはあるものの、残念ながらここ最近はその増配率にかつてのような勢いが見られない状況となっています。
     

     

     


    しかし、その稼ぐ力が衰えない限り、
     

     

     


    当方がこの銘柄を手放すことはないでしょう。

     

    (投資にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。)

     

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    追伸2

     

    あー買い物行かなくちゃ、でも面倒くさーい。」というそんなずぼらなあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

     

     

       

     

    追伸3 

     

    配当収入(累計)1000万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

     

    ※重要追伸

     

    一つのカゴに多くの卵を入れるのは危険! あなたも証券会社の分散化をはかってみませんか?(もちろん口座開設は無料です。)

     

       SBI証券さん

     

         


      楽天証券さん

     

         


      マネックス証券さん
     

         

        

    2019.10.14 Monday

    たとえ鬼が笑おうが今から来年の配当を予想しています(2019年9月末現在)

    0

       

       

       

       

      早いものでもう10月も半ば、今年も残り3ヶ月を切ってしまいました。
       

      ということで、心ははや2020年へ。
       

      来年の配当収入予想の作成に入っています。

       

      「いやいや、いくらなんでも少々早過ぎじゃないの?」
       

      と言うなかれ。
       

      インカムゲイン投資家として配当を予想する事自体が何よりの楽しみなのです。
       

      (これ、同じ志を持つ投資家ならきっとわかっていただけるかと。)
       

       

      まず設定条件ですが、以下のとおりとしました。
       

       

      ・予想為替レートは1ドル=105円。
       

      ・予想配当額($)は直近の配当額をそのまま使用。
       

       

      このうち為替の105円ですが、現時点のレートがすでに105円近辺であり、少々楽観的(つまり円安)すぎる感はありますが、とりあえず現時点のレートをほぼそのまま使用することにしました。
       

       

      その結果がこちら。
       

       

       

       

      御覧のとおりこちらの表は左から、銘柄、予想配当($)、予想為替レート、予想配当(円)となっています。
      実はこの表の合計金額を見て当方結構衝撃を受けました。

       

      金額合計は3,031,162円。
       

      やはり105円という為替レベルだと今年とほぼ同じような金額となってしまうのですね〜。
       

      (ちなみに今年は現在までのところは平均で105円より円安で推移しています。)
       

       

      もっとも今回の予想には、追加投資分の配当は加味していませんし、これから増配が予定されている以下銘柄分の配当については増配を加味していません。
       

       

      ・アッヴィ
       

      ・ファイザー
       

      ・AT&T
       

       

      しかーし、為替は水物、神のみぞ知る。
       

      仮に予想レートを100円にしたらどうなるか?
       

       

      その結果がこちら。
       

       

       


      なんとなんと、100円ではたとえ追加投資分の配当や増配を加味したとしても、300万円には届きそうにありません、、、(涙)
       

      ということでトランプ君、あとはよろしく頼むよ♪???

       

      (予想作成にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。)

       

       

       

      追伸1

       

      ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



               
       

       

      追伸2

       

      あー買い物行かなくちゃ、でも面倒くさーい。」というそんなずぼらなあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

       

       

         

       

      追伸3 

       

      配当収入(累計)1000万円達成に導いてくれた名著達です。

       

       

            

               

       

       

                       

       

       

         

       

       

      ※重要追伸

       

      一つのカゴに多くの卵を入れるのは危険! あなたも証券会社の分散化をはかってみませんか?(もちろん口座開設は無料です。)

       

         SBI証券さん

       

           


        楽天証券さん

       

           


        マネックス証券さん
       

           

          

      2019.10.13 Sunday

      インカムゲイン投資家至福の時、2019年9月までの持株の増配実績をまとめました

      0

         

         

         

         

        インカムゲイン投資家の何よりの楽しみの一つが持株の増配発表。
         

        特に前年よりも増配率がアップした時のうれしさ、と言ったらありません。
         

         

        まさに至福の時と言っていいでしょう。

         

         

        当方の場合増配実績の一覧表を作成しているのですが、2019年第一号の増配発表は1月24日のインテル(INTC)。
         

        その後ドミニオン・エナジーと続き、しばらく発表はなかったわけですが4月にP&G、サザン、ジョンソン&ジョンソン、IBM、ペプシコと立て続けに発表があった後はまたまたしばらく間があいていました。

         

        その後7月の終わりにモンデ(ダ)リーズ、8月にアルトリア、そして先月9月は発表ラッシュ、ベライゾン、フィリップ・モリス、マクドナルドと立て続けの増配発表で久しぶりに幸せな気分を味わうことができました。
         

         

        その状況をまとめたのが以下の表となります。
         

         

         


        昨年の場合は法人税減税という強いフォローの風が吹いたこともあり、大幅な増配をする銘柄が多かったわけですが、今年は少々ひかえ目な数字が並んでいます。
         

         

        それでも増配は増配。
         

         

        作成した表を眺めているとなんとも幸せな気分になります。
         

        さらにこれらの銘柄の多くが連続増配を続けている点もまた楽しみの一つ。

         

        例えばこんなグラフを作成しながら、次回の増配に思いを巡らせたりしています。
         

        (単なる暇人?)

         

         

        P&G
         

         

         

        ジョンソン エンド ジョンソン
         

         

         

         

        サザン

         

         

         

        モンデ(ダ)リーズ

         

         


        銘柄数がある程度の数になったら皆さんも作成してみてはいかがでしょうか。

         

        (投資にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。)

         

         

         

         

        追伸1

         

        ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



                 
         

         

        追伸2

         

        あー買い物行かなくちゃ、でも面倒くさーい。」というそんなずぼらなあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

         

         

           

         

        追伸3 

         

        配当収入(累計)1000万円達成に導いてくれた名著達です。

         

         

              

                 

         

         

                         

         

         

           

         

         

        ※重要追伸

         

        一つのカゴに多くの卵を入れるのは危険! あなたも証券会社の分散化をはかってみませんか?(もちろん口座開設は無料です。)

         

           SBI証券さん

         

             


          楽天証券さん

         

             


          マネックス証券さん
         

             

            

        2019.09.21 Saturday

        マクドナルドの増配発表出る 朝食競争激化に関係なくこの銘柄を安心してホールドする理由

        0

           

           

           

           

          ファストフードチェーン大手、マクドナルド(MCD)が現地時間の9月19日に増配のお知らせをリリースしました。


          その内容ですが、次回12月16日支払い分の配当についてこれまでの1株当たり1.16ドルから1.25ドルへと7.8%の増配を行う。
           

          というもの。
           

          今回の増配でマクドナルドは1976年から43年連続増配達成となりました。
           

           

          ということで、年間ベースでの増配率の推移(※支払日ベース)は以下のとおりとなります。
           

           

           


           

          うーん、美しい右肩上がりの曲線。

           

          昨年はトランプ減税の恩恵もあり、マクドナルドに限らず多くの銘柄が他力本願的に大幅な増配に踏み切ったわけですが、今年はある意味実力どおりの水準になったと言えます。
           

          そのマクドナルドですが、最近株価の上昇にブレーキがかかりました。
           

           

          その一番の理由がライバルウェンディーズ(WEN)。

           

          実はそのウェンディーズが、9月9日の夕方に朝食メニューを全米店舗(ちなみに来年は5800店)で提供する計画を発表したのです。

           

          そしてメニュー提供のために合計約2万人の従業員を雇う計画であり、投資額は2000万ドル(日本円で20億円以上)。

           

          その結果コスト増で2019年12月期通期の利益見通しを引き下げたのです。

           

          この利益見通しの下方修正を受け、一部の証券会社が投資判断を「買い」から「中立」に引き下げ。

           

          これらが嫌気され、発表翌日の株価は大暴落。

           

          そしてその後もさえない状況が続いています。

           

           

          そのライバルの朝食メニューの全米展開の動きがマクドナルドやバーガーキングにとっては当然競争激化、ということで株価がつれ安したというわけです。

           

           

          ただ当方この件に関してはほとんど心配はしていません。

           

          なぜならウェンディーズの店舗の大部分がアメリカに集中しているから。
           

          つまりライバルと言えるのはあくまでアメリカ国内においてのみ。
           

          一方のマクドナルドと言えば、かつて「世界の言葉 マクドナルド♪」というCMがあったように(って誰もしらないか、、、(汗))全世界に店舗展開しています。
           

           


          そう、マクドナルドはウェンディーズとは違いアメリカにおんぶにだっこ状態ではない。
           

           

          つまり余力が違う。
           

          と思っているのですが、楽観的すぎるでしょうか?

           

          (投資にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。)

           

           

           

          追伸1

           

          ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



                   
           

           

          追伸2

           

          あー買い物行かなくちゃ、でも面倒くさーい。」というそんなずぼらなあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

           

           

             

           

          追伸3 

           

          配当収入(累計)1000万円達成に導いてくれた名著達です。

           

           

                

                   

           

           

                           

           

           

             

           

           

          ※重要追伸

           

          一つのカゴに多くの卵を入れるのは危険! あなたも証券会社の分散化をはかってみませんか?(もちろん口座開設は無料です。)

           

             SBI証券さん

           

               


            楽天証券さん

           

               


            マネックス証券さん
           

               

              

          2019.09.12 Thursday

          【速報】フィリップ・モリスが増配を発表 残念な結果にも投資家の関心はすでに別のところに

          0

             

             

             

             

            フィリップ・モリス・インターナショナル(PM)が現地時間の9月11日に増配のお知らせをリリースしました。
             

            内容は、次回10月11日支払いの配当についてこれまでの1株当たり1.14ドルから1.17ドルへ増配するというもの。
             

            増配率は2.6%となります。

             

             

            ちなみに年間支払いベースでの増配率は以下のとおり。

             

             

             

             

            残念ながら昨年上向いた増配率がほぼ2016年、2017年のレベルに戻ってしまいました。


            しかし当方、致し方なしと考えています。

             

            そのフィリップ・モリスですが、現地時間の8月27日、アルトリア(MO)との株式交換による対等合併で交渉していることを発表したことはご存じのとおり。
             

            この両社はもともとは一つの会社だったわけですが、2008年にフィリップ・モリスをスピンオフして、国内担当がアルトリア、海外担当がフィリップ・モリスということですみ分けしているわけです。

             

            長期的に見れば今後たばこ産業が年々衰退していくのはほぼ間違いない事実。

             

            特に現在米国市場だけに依存しているアルトリアの場合、その速度は発展途上国を抱えているフィリップモリスよりもはるかに速いと考えるのが妥当。

             

            となれば、それがいつになるかはわからないが、少なくともたばこ事業ではいつかは行き詰まるはず。

             

            そうなれば、というかそうなる前に再び一緒になろう、と考えるのが普通ではないか?

             

            ということで、合併は必然ではないか、と以前書きました。

             

             

            そのアルトリアですが、過去の増配率はフィリップ・モリスをはるかに凌駕するものすごい数字。

             

             

             

             

            ということで、現在の当方の関心はこの2社が晴れて合併した場合、果たしてその増配率はどのくらいになるのか?

             

            こちらの方に移っています。

             

            (もちろん、両社の取締役や株主、規制当局の承認などが必要になるため、交渉が合意に達する保証はなく、合意に達しても統合に至らない可能性もあるわけですが、、)

             

             

            「フィリップ・モリスで成長の柱となっている加熱式たばこアイコスがアメリカ国内でバカ売れして、新会社としてアルトリア以上の配当を出してくれないだろうか?」

             

            などと一人妄想している中年投資家なのでした。

             

            (投資にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。)

             

             

             

            追伸1

             

            ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



                     
             

             

            追伸2

             

            あー買い物行かなくちゃ、でも面倒くさーい。」というそんなずぼらなあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

             

             

               

             

            追伸3 

             

            配当収入(累計)1000万円達成に導いてくれた名著達です。

             

             

                  

                     

             

             

                             

             

             

               

             

             

            ※重要追伸

             

            一つのカゴに多くの卵を入れるのは危険! あなたも証券会社の分散化をはかってみませんか?(もちろん口座開設は無料です。)

             

               SBI証券さん

             

                 


              楽天証券さん

             

                 


              マネックス証券さん
             

                 

                

            2019.09.10 Tuesday

            インカムゲイン投資家至福の時、2019年8月までの持株の増配実績をまとめました

            0

               

               

               

               

              インカムゲイン投資家の何よりの楽しみの一つが持株の増配発表。
               

              特に前年よりも増配率がアップした時のうれしさ、と言ったらありません。
               

               

              まさに至福の時と言っていいでしょう。

               

               

              当方の場合増配実績の一覧表を作成しているのですが、2019年第一号の増配発表は1月24日のインテル(INTC)。
               

              その後ドミニオン・エナジーと続き、しばらく発表はなかったわけですが4月にP&G、サザン、ジョンソン&ジョンソン、IBM、ペプシコと立て続けに発表があった後はまたまたしばらく間があいていました。

               

              それが7月の終わりにモンデ(ダ)リーズの増配発表がありまして、さらには8月にアルトリアと久しぶりに幸せな気分を味わうことができました。
               

               

              その状況をまとめたのが以下の表となります。
               

               

               


              昨年の場合は法人税減税という強いフォローの風が吹いたこともあり、大幅な増配をする銘柄が多かったわけですが、今年は少々ひかえ目な数字が並んでいます。
               

               

              それでも増配は増配。
               

               

              作成した表を眺めているとなんとも幸せな気分になります。
               

              さらにこれらの銘柄の多くが連続増配を続けている点もまた楽しみの一つ。

               

              例えばこんなグラフを作成しながら、次回の増配に思いを巡らせたりしています。
               

              (単なる暇人?)

               

               

              P&G
               

               

               

              ジョンソン エンド ジョンソン
               

               

               

               

              サザン

               

               

               

              モンデ(ダ)リーズ

               

               


              銘柄数がある程度の数になったら皆さんも作成してみてはいかがでしょうか。

               

              (投資にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。)

               

               

               

               

              追伸1

               

              ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



                       
               

               

              追伸2

               

              あー買い物行かなくちゃ、でも面倒くさーい。」というそんなずぼらなあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

               

               

                 

               

              追伸3 

               

              配当収入(累計)1000万円達成に導いてくれた名著達です。

               

               

                    

                       

               

               

                               

               

               

                 

               

               

              ※重要追伸

               

              一つのカゴに多くの卵を入れるのは危険! あなたも証券会社の分散化をはかってみませんか?(もちろん口座開設は無料です。)

               

                 SBI証券さん

               

                   


                楽天証券さん

               

                   


                マネックス証券さん
               

                   

                  

              2019.09.06 Friday

              フィリップ・モリスの次回配当のお知らせは9月11日! 果たして今回の増配率は?

              0

                 

                 

                 

                 

                先般アルトリア(MO)との合併交渉が発表されたたばこ銘柄のフィリップ・モリス(PM)ですが、この銘柄の増配発表のタイミングは9月。
                 

                ということで、過去の増配発表日(配当宣言日)を確認したところ以下のとおりとなっていました。

                 

                 

                  年度   配当宣言日
                 

                  2018   2018/9/12
                 

                  2017   2017/9/13
                 

                  2016   2016/9/14

                 

                 

                「おー、1日ずつ前倒しされて来ているではないか。ということは今年は現地時間の9月11日か?」
                 

                ということで念のため会社ホームページを確認したところ、やはり9月11日となっていました。
                 

                (通常配当は取締役会決議で決定されるわけで、フィリップ・モリスの場合毎年同じ曜日、つまり水曜日に開催されているということなのでしょう。)

                 

                 

                ちなみにこの銘柄の過去の増配率の推移は以下のとおりとなっています。

                 

                 

                 

                 

                兄弟会社のアルトリアと比べるとずい分見劣りします。

                 

                 

                 

                そのアルトリアですが先般直近比で5%の増配を発表したばかり。
                 

                ただ、年々規制を強化しているFDAという存在があるアメリカ市場のみのアルトリアに比べるとフィリップ・モリスは海外担当。
                 

                さらに現在のフィリップ・モリスには加熱式たばこという強い武器がある。
                 

                 

                ということで、「今年こそアルトリアの増配率を上回ってくれるのではないか?」
                 

                さらにもし合併交渉が順調に進んだ場合これがフィリップ・モリスとしての最後の増配発表となるかもしれないわけで、
                 

                「”合併記念配当”(?)的に大盤振る舞いしてくれないだろうか?」
                 

                などと密かに期待している中年投資家なのでした。
                 

                果たしてどうなりますか。(配当のお知らせが出次第、本ブログにてお知らせいたします!)

                 

                 

                (投資にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。)

                 

                 

                 

                追伸1

                 

                ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



                         
                 

                 

                追伸2

                 

                あー買い物行かなくちゃ、でも面倒くさーい。」というそんなずぼらなあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

                 

                 

                   

                 

                追伸3 

                 

                配当収入(累計)1000万円達成に導いてくれた名著達です。

                 

                 

                      

                         

                 

                 

                                 

                 

                 

                   

                 

                 

                ※重要追伸

                 

                一つのカゴに多くの卵を入れるのは危険! あなたも証券会社の分散化をはかってみませんか?(もちろん口座開設は無料です。)

                 

                   SBI証券さん

                 

                     


                  楽天証券さん

                 

                     


                  マネックス証券さん
                 

                     

                    

                2019.09.06 Friday

                【速報】ベライゾンが増配発表 相変わらずのほふく前進増配もこの銘柄のホールドを決めた理由

                0

                   

                   

                   

                   

                  通信大手のベライゾン(VZ)が現地時間の9月5日に増配を発表しました。

                   

                   

                  その内容ですが、

                   

                  ”次回11月1支払予定の配当について、前回の1株当たり0.6025ドルから0.6150ドルへと2.1%の増配を実施する。”

                   

                  というもの。

                   

                  また今回の増配で13年連続の増配達成となりました。

                   

                   

                  ということで、今回の増配分を反映した最近の増配率(※支払い日ベース)の推移は以下のとおりとなります。

                   

                   

                   

                   

                  こちらは過去10年間の増配率の推移となりますが、御覧のとおりここ最近は2015年をてっぺんに毎年増配率を落としているのが見て取れます。

                   

                  さらに2017年以降を見ると今回同様毎回判で押したように0.0125ドル(年間ベースでは0.05ドル)の増配となっています。

                   

                  このペースでいけばどんどん増配率が下がり続けてしまうということでして、、、

                   

                   

                  しかし当方、この銘柄をホールドすることに迷いはありません。

                   

                   

                  もちろんその理由はこちら。

                   

                   

                   

                   

                  そう、営業キャッシュフローマージン。

                   

                  御覧のとおりベライゾンは2016年にマージンを大きく落としたのですが、その後は右肩上がりで回復しているのです。

                   

                  ということで、少なくともこちらの数字が20%を超えている間はホールドで行きたいと思っています。

                   

                  (投資にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。)

                   

                   

                   

                  追伸1

                   

                  ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



                           
                   

                   

                  追伸2

                   

                  あー買い物行かなくちゃ、でも面倒くさーい。」というそんなずぼらなあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

                   

                   

                     

                   

                  追伸3 

                   

                  配当収入(累計)1000万円達成に導いてくれた名著達です。

                   

                   

                        

                           

                   

                   

                                   

                   

                   

                     

                   

                   

                  ※重要追伸

                   

                  一つのカゴに多くの卵を入れるのは危険! あなたも証券会社の分散化をはかってみませんか?(もちろん口座開設は無料です。)

                   

                     SBI証券さん

                   

                       


                    楽天証券さん

                   

                       


                    マネックス証券さん
                   

                       

                      

                  2019.08.29 Thursday

                  たとえ鬼が笑おうが今から来年の配当を予想しています

                  0

                     

                     

                     

                     

                    早いものでもうすぐ8月も終わり、今年も3分の2が過ぎようとしています。
                     

                    ということで、心ははや2020年へ。
                     

                    来年の配当収入予想に着手しました!
                     

                     

                    「いやいや、いくらなんでも少々早過ぎじゃないの?」
                     

                    と言うなかれ。
                     

                    インカムゲイン投資家として配当を予想する事自体が何よりの楽しみなのです。
                     

                    (これ、同じ志を持つ投資家ならきっとわかっていただけるかと。)
                     

                     

                    まず設定条件ですが、以下のとおりとしました。
                     

                     

                    ・予想為替レートは1ドル=105円。
                     

                    ・予想配当額($)は直近の配当額をそのまま使用。
                     

                     

                    このうち為替の105円ですが、現時点のレートがすでに105円近辺であり、少々楽観的(つまり円安)すぎる感はありますが、とりあえず現時点のレートをほぼそのまま使用することにしました。
                     

                     

                    その結果がこちら。
                     

                     

                     

                     

                    御覧のとおりこちらの表は左から、銘柄、予想配当($)、予想為替レート、予想配当(円)となっています。
                    実はこの表の合計金額を見て当方結構衝撃を受けました。

                     

                    金額合計は,3002,996円であり、ぎりぎりで300万円という金額。
                     

                    やはり105円という為替レベルだと今年とほぼ同じような金額となってしまうのですね〜。
                     

                    (ちなみに今年は現在までのところは平均で105円より円安で推移しています。)
                     

                     

                    もっとも今回の予想には、追加投資分の配当は加味していませんし、これから増配が予定されている以下銘柄分の配当については増配を加味していません。
                     

                    ・アルトリア・グループ
                     

                    ・ベライゾン コミュニケーションズ
                     

                    ・フィリップ・モリス・インターナショナル
                     

                    ・マクドナルド
                     

                    ・アッヴィ
                     

                    ・ファイザー
                     

                    ・AT&T
                     

                     

                    しかーし、為替は水物、神のみぞ知る。
                     

                    仮に予想レートを100円にしたらどうなるか?
                     

                     

                    その結果がこちら。
                     

                     

                     


                    なんとなんと、100円ではたとえ追加投資分の配当や増配を加味したとしても、300万円には届きそうにありません、、、(涙)
                     

                    ということでトランプ君、あとはよろしく頼むよ♪???

                     

                    (予想にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。)

                     

                     

                     

                    追伸1

                     

                    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



                             
                     

                     

                    追伸2

                     

                    あー買い物行かなくちゃ、でも面倒くさーい。」というそんなずぼらなあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

                     

                     

                       

                     

                    追伸3 

                     

                    配当収入(累計)1000万円達成に導いてくれた名著達です。

                     

                     

                          

                             

                     

                     

                                     

                     

                     

                       

                     

                     

                    ※重要追伸

                     

                    一つのカゴに多くの卵を入れるのは危険! あなたも証券会社の分散化をはかってみませんか?(もちろん口座開設は無料です。)

                     

                       SBI証券さん

                     

                         


                      楽天証券さん

                     

                         


                      マネックス証券さん
                     

                         

                        

                    2019.08.23 Friday

                    【速報】アルトリアが増配発表 極めて微妙な数字にもこの銘柄のホールドに迷いがない理由

                    0

                       

                       

                       

                       

                      たばこ大手のアルトリア(MO)が現地時間の8月22日に増配を発表しました。

                       

                      たばこ業界に逆風が吹き荒れ、株価も下落を続けるこの銘柄が果たして増配してくれるのか、と固唾を飲んで見守っていたわけですが、その内容は以下のとおり。

                       

                       

                      次回10月10支払予定の配当について前回の1株当たり0.80ドルから0.84ドルへと5%の増配。

                       

                       

                      ということで、今回の増配分を反映した最近の増配率(※支払いベース)の推移は以下のとおりとなります。

                       

                       

                       

                       

                      こちらは支払日ベースの増配率となっているわけですが、トランプ減税という追い風もあり2回の増配を実施した昨年の数字の恩恵を受けて2年連続で高い増配率となっています。
                       

                      但し、当たり前の話ですが今回の前回比で5%増という数字によって来年はよほどのことがない限り増配率が落ちることになるでしょう。
                       

                       

                      しかし当方、この銘柄をホールドすることに迷いはありません。

                       

                       

                      その理由は今回の配当リリース文章の以下の部分にあります。

                       

                       

                      ・過去50年間で54回の増配を行っていること。

                       

                      ・株主還元の多くを配当として現金で還元すること、そして調整後の1株利益(潜在株式調整後)の約80%を配当する、という会社の配当性向の目標に変更がないこと。

                       

                       

                      それにしても今回の増配で過去50年間で54回目の増配というんですから、アルトリア、まさに恐るべき銘柄ですね

                       

                       

                      (投資にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。)

                       

                       

                       

                      追伸1

                       

                      ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



                               
                       

                       

                      追伸2

                       

                      あー買い物行かなくちゃ、でも面倒くさーい。」というそんなずぼらなあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

                       

                       

                         

                       

                      追伸3 

                       

                      配当収入(累計)1000万円達成に導いてくれた名著達です。

                       

                       

                            

                               

                       

                       

                                       

                       

                       

                         

                       

                       

                      ※重要追伸

                       

                      一つのカゴに多くの卵を入れるのは危険! あなたも証券会社の分散化をはかってみませんか?(もちろん口座開設は無料です。)

                       

                         SBI証券さん

                       

                           


                        楽天証券さん

                       

                           


                        マネックス証券さん
                       

                           

                          

                      Calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>
                      お薦め情報



                      アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





                      米国株銘柄が充実、まずは口座開設








                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM