2018.11.05 Monday

正直者ファンド vsバフェット太郎ファンド 時価総額対決(2018年10月31日現在)

0

     

     

     

     

     

    前回の10月6日付記事 正直者ファンド vs バフェット太郎ファンド 時価総額対決(2018年9月30日現在)に引き続き、カリスマ米国株ブロガー、バフェット太郎さんと当方の米国株の時価総額について10月末現在の比較を行ってみました。


    ちなみに過去は1月末時点以外は9月末まで当方の時価がすべて勝っていた(つまり8勝1敗)わけですが、果たして今回は?

     

     

    その結果がこちら。

     

     

     

     

    御覧のとおり、

     

    太郎さん5,959万円。

     

    一方の当方は6,055万円。

     

    とかろうじて上回ることができました。

     

     

    ただ前月からの増加率は、

     

    太郎ファンド:+3%

     

    正直者ファンド:-3%

     

    と完敗。

     

     

    前回も書きましたが追い越されるのはもはや時間の問題。

     

    確かに米国株の時価総額では当方が上回っていますが、太郎さんの場合その余剰資金が半端ではありません。

     

     

    ちなみに10月末の預り金の金額はなんと449万円もあるではありませんか!!(年収か)

     

    一方の当方は、と言えば約10万円。

     

     

    余力が違いすぎます、、、

     

    もちろんその源泉となっているのが毎月の投資金額。

     

    太郎さんの場合その金額が尋常ではありません。

     

    ちなみに8月と9月はそれぞれ100万円、そして10月はさらにパワーアップして120万円というとてつもない額。

     

    一方の当方、月にならせば20万円にも満たない状況。

     

     

    もうこれは勝負あった、と言わざるを得ません。

     

     

    ということで、8月から始めたこの企画ですが、かろうじて10月までもちましたが来月をもって終了しそうな予感が、、、

     

    こりゃーもうあとは神頼みというか原油頼み。

     

    (なんせロイヤルダッチシェルの保有割合が4割近いもので、、、)

     

    イランへの制裁の件をはじめトランプさんにがんばってもらうしかなさそうですな、、、(?)

     

     

       

        おっ、オレか?

     

     

    投資にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。

     

     

    ※応援コメントは大歓迎。但し、承認(非承認)及び削除については管理人の独断とさせていただきます。悪しからずご了承ください。

     

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

     

     

    追伸2 

     

    配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

     

     

     

    「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

     

     

       

        

    2018.11.03 Saturday

    キャピタルゲイン実績公開(2018年10月31日現在) 円評価額は60,549,210円でした

    0

       

       

       

       

       

      以下のとおり10月末時点の米国株のキャピタルゲインの状況を公開いたします。

       

       

       

       

      評価(=含み)損益の表示は100%と表示されていれば株価は2倍、200%であれば株価は3倍になっていることを意味しています。

       

      ご覧のとおり円ベースでの含み益の合計額は19,346,309円、時価総額は60,549,210円と残念ながら前月比では3%の減少。

       

      月末のドル円レートですが113.37円と前月末の113.49円に対してほとんど差がないという珍しい月となっています。

       

       

      ということで、為替の影響はほぼないのですが一応ドルベースでは以下のとおりの状況。

       

       

       

       

      こちらの方は549,690ドルから534,085ドルへと円ベースとほぼ同じ2.8%の減少。

       

      御覧のとおり大口のロイヤルダッチシェルとAT&Tの株価下落がその原因。

       

       

      但し以前から再三に渡り書いているように、現在評価額はあまり気にしていません。

       

      もちろんその理由は配当金の存在。


       


       

      配当収入が増加すればするほど株価は気にならなくなる。

       

      時価総額は変動(減少)しようとも、配当金の方は毎月・毎年着実に積み上がっていく。

       

      そして配当を再投資することによって、その積み上がり金額は着実に、雪だるま式に増加していく。

       

      さらに毎年の増配によって積み上がりが加速されていく。

       

       

      これがインカムゲイン投資家の最大の強み。

       

       

      このことは投資方針・目標を同じくする投資家の皆さんであればきっとわかっていただけるかと。

       

      以上、ご参考まで。

       

       

      投資にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。

       

       

      ※応援コメントは大歓迎。但し、承認(非承認)及び削除については管理人の独断とさせていただきます。悪しからずご了承ください。

       

      追伸1

       

      ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



               
       

       

      ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

       

       

      追伸2 

       

      配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

       

       

            

               

       

       

                       

       

       

         

       

       

       

       

      「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

       

       

         

          

      2018.10.06 Saturday

      正直者ファンド vs バフェット太郎ファンド 時価総額対決(2018年9月30日現在)

      0

         

         

         

         

         

        前回9月25日付記事(正直者 VS バフェット太郎さん 米国株の時価総額を比較してわかった意外な結果とは)にて、無謀にもカリスマ米国株ブロガー、あのバフェット太郎さんと当方の米国株時価総額について、今年の1月からの比較を実施。


        1月末時点以外は当方の時価がすべて勝っていた(つまり7勝1敗)、ということでこれに気を良くした当方、
         

         

        では9月末時点では?
         

         

        ということで確認してみました
         

         

        その結果がこちら。

         

         

         

         

        御覧のとおり
         

        太郎さん5808万円、一方当方は6238万円。

         

        今月(9月)もなんとか上回ることができました。
         

         

        尚、前月からの増加率は、
         

        太郎ファンド:7%増
         

        正直者ファンド:7%増

         

        と、ポートフォリオはかなり異なるにもかかわらず奇しくも同率となっています。

         

         

        しかし、前回も書きましたが追い越されるのはもはや時間の問題。
         

        確かに米国株の時価総額では当方が上回っていますが、太郎さんの場合余剰資金が半端ではありません。

         

        ちなみに9月末の預かり金の金額はなんと440万円!を超えています。
         

        一方の当方は、と言えばたったの23ドル(2600円)也。
         

        余力が違いすぎます。
         

        もちろんその源泉となっているのは毎月の投資金額。
         

        太郎さんの場合、その金額が尋常ではありません。
         

        ちなみに8月と9月は連続で100万円というとてつもない金額を投資しています。
         

        一方の当方、現在は3ヶ月に1回の投資、月にならせば平均20万円に満たない状況。
         

        これはもう勝負あった、言わざるを得ません。
         

         

        ということで8月末時点から始めた今回の企画ですが、あっという間に終わりそうな予感が、、、
         

        (こりゃーもうあとは神頼み、というか原油頼み(なんせロイヤルダッチシェルの保有割合が4割近いもので、、、)しかないかな。)

         

        投資にあたってはあくまで自己責任でお願いいたします。

         

         

         

        追伸1

         

        ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



                 
         

         

        ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

         

         

        追伸2 

         

        配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

         

         

              

                 

         

         

                         

         

         

           

         

         

         

         

        「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

         

         

           

            

        2018.10.02 Tuesday

        キャピタルゲイン実績公開(2018年9月30日現在)  円評価額は62,384,331円でした

        0

           

           

           

           

           

          以下のとおり9月末時点の米国株のキャピタルゲインの状況を公開いたします。

           

           

           


          評価(=含み)損益の表示は100%と表示されていれば株価は2倍、200%であれば株価は3倍になっていることを意味しています。

           

          ご覧のとおり円ベースでの含み益の合計額は21,181,430円、時価総額は62,384,331円と前月比では7%の増加。

           

          月末のドル円レートですが113.49円と前月末の111.07円に対して大幅な円安となりこれが円ベースでの増加を加速させています。

           

           

           

          では為替の影響を排除したドルベースではどうか?

           

           

           

           

          こちらの方は以下のとおり525,102ドルから549,690ドルへと4.7%の増加となっています。

           

          以前から再三に渡り書いているように、現在円評価額はほとんど気にしていません。

           

          なぜなら、すでにアーリーリタイアを達成して配当金を生活資金に回しているわけではないから。

           

          つまり、ドルでの配当金は円転することなく、すべて再投資資金としてドルのまま使用しているから。

           

          さらに言えば、ドルベースの評価額や評価損益すらあまり気にしていません。

           

           

          もちろんその理由は配当金の存在。

           

           

           

           

          配当収入が増加すればするほど株価は気にならなくなる。

           

          時価総額は変動(減少)しようとも、配当金の方は毎月・毎年着実に積み上がっていく。

           

          そして配当を再投資することによって、その積み上がり金額は着実に、雪だるま式に増加していく。

           

          さらに毎年の増配によって積み上がりが加速されていく。

           

           

          これがインカムゲイン投資家の最大の強み。

           

           

          このことは投資方針・目標を同じくする投資家の皆さんであればきっとわかっていただけるかと。

           

          以上、ご参考まで。

           

          投資にあたっては自己責任でお願いいたします。

           

           

          追伸1

           

          ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



                   
           

           

          ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

           

           

          追伸2 

           

          配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

           

           

                

                   

           

           

                           

           

           

             

           

           

           

           

          「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

           

           

             

              

          2018.09.25 Tuesday

          正直者 VS バフェット太郎さん 米国株の時価総額を比較してわかった意外な結果とは

          0

             

             

             

             

             

            突然ですが、
             

             

            米国株ブロガーで最も有名な方は誰?
             

             

            と聞かれれば、

             

             

            バフェット太郎さん

             

             

            という答えに異論をはさむ人は少ないのではないでしょうか。
             

             

            もちろん、

             

            いや、たぱぞうさんではないか?

             

            と考える人もいるかもしれませんが、たぱぞうさんの場合もう少々守備範囲が広い(つまり米国株以外もカバーしている)と考えています。
             

            その太郎さんですが、毎月しっかりと自らの資産額を1円単位で公表されていまして、このあたりがブログ記事により信頼性がおける理由となっていると感じています。
             

            どんな記事を書こうとそれは個人の自由ですが、やはりいざ自分が投資しよう、さてどの銘柄を買うべきか?となった時には自らの保有銘柄とその運用成績を開示している方の方がその発言に説得力があることは言うまでもないでしょう。

             

             

            ということで、今回は大胆にもその太郎さんの資産額と当方のそれとを単純比較してみました。
             

            尚、対象期間は今年の1月からとします。

             

             

            その結果が以下。

             

             

             

             

            意外や意外、2018年1月以外はあの太郎さんよりも上回っている事実が判明しました。
             

             

            「だからそれがなんなんだ。」
             

             

            という意見が大半だろうと思いますし、当方もそう思っていますし、上回っているからと言ってまったくうれしくありません。
             

            なぜか?と言えば、

             

             

            ・そもそも当方は50代、一方の太郎さんはいまだ30代。いくら薄給とは言え勤続年数があまりに違います。
             

            通常であれば年寄りの方が持っていて当たり前。(にも関わらず勤続年数ほどの差がない、、)
             

            ・現在当方は配当金の再投資以外の投資資金はなし、一方の太郎さんはそれ以外に給与収入やブログで通常月でなんと50万円、さらには先般出版された書籍の印税等で8月にはなんとなんとの100万円もの資金を投じることができる。
             

            従って逆転するのは時間の問題。
             

            そして何より、
             

            ・太郎さんはカリスマブロガー、一方の当方は中高年窓際ブロガー。
             

            つまり、単純に資産額が多いのみでは決してカリスマブロガーにはなれない。
             

            何より重要なのは記事のクオリティー。
             

            ということが今回の調査で明らかになってしまった。

             

             

            むろん当方とて太郎さんと張り合おうなどとは思っていません。
             

            ただ、同じ米国株投資家として、同じ世界に身を置くものとして、上回っているものが一つでもあればこれ程の喜びはないわけでして、、、
             

            ということで、モチベーション維持のために無謀にも今後も毎月比較してみようと思っています。
             

            (あっという間にモチベーションがダウンするからやめた方がいい、という意見もありますが、、、)

             

            以上、ご参考まで。

             

            投資にあたってはあくまで自己責任でお願いいたします。

             

             

             

            追伸1

             

            ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



                     
             

             

            ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

             

             

            追伸2 

             

            配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

             

             

                  

                     

             

             

                             

             

             

               

             

             

             

             

            「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

             

             

               

                

            2018.09.02 Sunday

            キャピタルゲイン実績公開(2018年8月31日現在)  円評価額は58,323,124円でした

            0

               

               

               

               

               

              以下のとおり8月末時点の米国株のキャピタルゲインの状況を公開いたします。

               

               

               


              評価(=含み)損益の表示は100%と表示されていれば株価は2倍、200%であれば株価は3倍になっていることを意味しています。

               

              ご覧のとおり円ベースでの含み益の合計額は17,666,124円、時価総額は58,323,124円と前月比では2%減。

               

              月末のドル円レートですが111.07円と前月末の111.16円に対してほんのわずかですが円高に振れています。

               

               

              では為替の影響を排除したドルベースではどうか?

               

               

               

               

              こちらの方も以下のとおり534,268ドルから525,102ドルへと1.7%減となっています。

               

              以前から再三に渡り書いているように、現在円評価額はほとんど気にしていません。

               

              なぜなら、すでにアーリーリタイアを達成して配当金を生活資金に回しているわけではないから。

               

              つまり、ドルでの配当金は円転することなく、すべて再投資資金としてドルのまま使用しているから。

               

              さらに言えば、ドルベースの評価額や評価損益すらあまり気にしていません。

               

               

              もちろんその理由は配当金の存在。

               

               

               

               

              配当収入が増加すればするほど株価は気にならなくなる。

               

              時価総額は変動(減少)しようとも、配当金の方は毎月・毎年着実に積み上がっていく。

               

              そして配当を再投資することによって、その積み上がり金額は着実に、雪だるま式に増加していく。

               

              さらに毎年の増配によって積み上がりが加速されていく。

               

               

              これがインカムゲイン投資家の最大の強み。

               

               

              このことは投資方針・目標を同じくする投資家の皆さんであればきっとわかっていただけるかと。

               

              以上、ご参考まで。

               

              投資にあたっては自己責任でお願いいたします。

               

               

              追伸1

               

              ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



                       
               

               

              ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

               

               

              追伸2 

               

              配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

               

               

                    

                       

               

               

                               

               

               

                 

               

               

               

               

              「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

               

               

                 

                  

              2018.08.06 Monday

              キャピタルゲイン実績公開(2018年7月31日現在)  円評価額は59,389,228円でした

              0

                 

                 

                 

                 

                 

                以下のとおり7月末時点の米国株のキャピタルゲインの状況を公開いたします。

                 

                 

                 

                 

                評価(=含み)損益の表示は100%と表示されていれば株価は2倍、200%であれば株価は3倍になっていることを意味しています。

                 

                ご覧のとおり円ベースでの含み益の合計額は18,732,228円、時価総額は59,389,228円と前月比では1%増。

                 

                月末のドル円レートですが111.16円と前月末の110.76円に対してわずかですが円安に振れています。

                 

                 

                では為替の影響を排除したドルベースではどうか?

                 

                 

                 

                 

                こちらの方は以下のとおり529,384ドルから534,268ドルへと0.9%の増加となっています。

                 

                 

                以前から再三に渡り書いているように、現在円評価額はほとんど気にしていません。

                 

                 

                なぜなら、すでにアーリーリタイアを達成して配当金を生活資金に回しているわけではないから。

                 

                つまり、ドルでの配当金は円転することなく、すべて再投資資金としてドルのまま使用しているから。

                 

                 

                さらに言えば、ドルベースの評価額や評価損益すらあまり気にしていません。

                 

                 

                もちろんその理由は配当金の存在。

                 

                 

                 

                 

                配当収入が増加すればするほど株価は気にならなくなる。

                 

                時価総額は変動(減少)しようとも、配当金の方は毎月・毎年着実に積み上がっていく。

                 

                そして配当を再投資することによって、その積み上がり金額は着実に、雪だるま式に増加していく。

                 

                さらに毎年の増配によって積み上がりが加速されていく。

                 

                 

                これがインカムゲイン投資家の最大の強み。

                 

                 

                このことは投資方針・目標を同じくする投資家の皆さんであればきっとわかっていただけるかと。

                 

                以上、ご参考まで。

                 

                 

                 

                追伸1

                 

                ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



                         
                 

                 

                ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

                 

                 

                追伸2 

                 

                配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

                 

                 

                      

                         

                 

                 

                                 

                 

                 

                   

                 

                 

                 

                 

                「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

                 

                 

                   

                    

                2018.07.04 Wednesday

                キャピタルゲイン実績公開(2018年6月30日現在) 円評価額は58,634,607円でした

                0

                   

                   

                   

                   

                  以下のとおり6月末時点の米国株のキャピタルゲインの状況を公開いたします。
                   

                   

                   

                   

                  価(=含み)損益の表示は100%と表示されていれば株価は2倍、200%であれば株価は3倍になっていることを意味しています。

                   

                  ご覧のとおり円ベースでの含み益の合計額は17,977,607円、時価総額は58,634,607円と前月比では4%増。
                   

                  月末のドル円レートですが110.76円と前月末の108.73円に対して円安に振れています。

                   

                   

                  では為替の影響を排除したドルベースではどうか?

                   

                   

                   

                   

                  こちらの方は以下のとおり520,121ドルから529,384ドルへと1.8%の増加。
                   

                  但し、今月は新たな銘柄サザン(SO)を購入しており、この分の除くと実質的には約1%の増加となります。

                   

                   

                  以前から再三に渡り書いているように、現在円評価額はほとんど気にしていません。
                   

                  なぜなら、すでにアーリーリタイアを達成して配当金を生活資金に回しているわけではないから。
                   

                  つまり、ドルでの配当金は円転することなく、すべて再投資資金としてドルのまま使用しているから。
                   

                   

                  さらに言えば、ドルベースの評価額や評価損益すらあまり気にしていません。
                   

                   

                  もちろんその理由は配当金の存在。
                   

                   

                   

                   

                  配当収入が増加すればするほど株価は気にならなくなる。

                   

                  時価総額は変動(減少)しようとも、配当金の方は毎月・毎年着実に積み上がっていく。
                   

                  そして配当を再投資することによって、その積み上がり金額は着実に増加していく。
                   

                  さらに毎年の増配によって積み上がりが加速されていく。
                   

                   

                  これがインカムゲイン投資家の最大の強み。

                   

                   

                  このことは投資方針・目標を同じくする投資家の皆さんであればきっとわかっていただけるかと。

                   

                  (投資はくれぐれも自己責任にてお願いいたします。)

                   

                   

                  追伸1

                   

                  ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



                           
                   

                   

                  ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

                   

                   

                  追伸2 

                   

                  配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

                   

                   

                        

                           

                   

                   

                                   

                   

                   

                     

                   

                   

                   

                   

                  「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

                   

                   

                     

                      

                  2018.06.03 Sunday

                  キャピタルゲイン実績公開(2018年5月31日現在) 円評価額は56,552,747円でした

                  0

                     

                     

                     

                     

                    以下のとおり5月末時点の米国株のキャピタルゲインの状況を公開いたします。

                     

                     

                     

                     

                    評価(=含み)損益の表示は100%と表示されていれば株価は2倍、200%であれば株価は3倍になっていることを意味しています。

                     

                     

                    ご覧のとおり円ベースでの含み益の合計額は16,372,837円、時価総額は56,552,747円と前月比では2%減。

                     

                    月末のドル円レートですが108.73円と前月末の109.32円に対して若干円高に振れています。

                     

                     

                    では為替の影響を排除したドルベースではどうか?
                     

                     

                     

                     

                    こちらの方は以下のとおり521,574ドルから520,121ドルへと0.3%の減少とほぼ横ばいでした。

                     

                    個々の銘柄で見た場合、4月、5月と買い増しを実施したアルトリアの大幅な上昇があったものの、3銘柄(キャンベルスープ、ジョンソン&ジョンソン、AT&T)の下落がその上昇分をほぼ相殺したことが見て取れます

                     

                     

                    ただ以前から再三に渡り書いているように、円評価額は気にしていません。
                     

                    なぜなら、すでにアーリーリタイアを達成して配当金を生活資金に回しているわけではないから。
                     

                    つまり、ドルでの配当金は円転することなく、すべて再投資資金としてドルのまま使用しているから。
                     

                     

                    さらに言えば、ドルベースの評価額や評価損益すらあまり気にしていません。
                     

                     

                    もちろんその理由は配当金の存在。

                     

                     

                     

                     

                     

                    配当収入が増加すればするほど株価は気にならなくなる。
                     

                    時価総額は変動(減少)しようとも、配当金の方は毎月・毎年着実に積み上がっていく。
                     

                    そして配当を再投資することによって、その積み上がり金額は着実に増加していく。
                     

                    さらに毎年の増配によって積み上がりが加速されていく。
                     

                     

                    これがインカムゲイン投資家の最大の強み。
                     

                     

                    このことは投資方針・目標を同じくする投資家の皆さんであればきっとわかっていただけるかと。
                     

                    (投資はくれぐれも自己責任にてお願いいたします。)

                     

                     

                    追伸1

                     

                    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



                             
                     

                     

                    ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

                     

                     

                    追伸2 

                     

                    配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

                     

                     

                          

                             

                     

                     

                                     

                     

                     

                       

                     

                     

                     

                     

                    「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

                     

                     

                       

                        

                    2018.05.06 Sunday

                    キャピタルゲイン実績公開(2018年4月30日現在) 円評価額は57,540,891円でした

                    0

                       

                       

                       

                       

                      4月末時点の米国株のキャピタルゲインの状況を公開いたします。

                       

                       

                       

                       

                      評価(=含み)損益の表示は100%と表示されていれば株価は2倍、200%であれば株価は3倍になっていることを意味しています。

                       

                       

                      ご覧のとおり円ベースでの含み益の合計額は15,849,097円、時価総額は57,540,891円と前月比では4%増。

                       

                      但し、月末のドル円レートは109.32円と前月末の106.25円に対して円安に振れています。

                       

                       

                      では為替の影響を排除したドルベースではどうか?

                       

                       

                       

                       

                      こちらの方は以下のとおり519,877ドルから526,353ドルへと1.2%の増加となっていますが、4月はアルトリアに追加投資しておりこの分を除外した場合はほぼ横ばいでした。

                       

                      個々の銘柄で見た場合、投資額NO.1のロイヤルダッチシェルの株価の大幅な上昇(10.5%)とNO.2のAT&Tの大幅な下落(8.3%)が金額的に非常に大きな影響を与えたことが見て取れます

                       

                       

                      ただ以前から再三書いているように、円評価額は気にしていません。

                       

                       

                      なぜなら、すでにアーリーリタイアを達成して配当金を生活資金に回しているわけではないから。

                       

                      つまり、ドルでの配当金は円転することなく、すべて再投資資金としてドルのまま使用しているから。

                       

                      さらに言えば、ドルベースの評価額や評価損益すらあまり気にしていません。

                       

                       

                      もちろんその理由は配当金の存在。

                       

                       

                       

                       

                      配当収入が増加すればするほど株価は気にならなくなる。

                       

                      時価総額は変動(減少)しようとも、配当金の方は毎月・毎年着実に積み上がっていく。

                       

                      そして配当を再投資することによって、その積み上がり金額は着実に増加していく。

                       

                      さらに毎年の増配によって積み上がりが加速されていく。

                       

                       

                      これがインカムゲイン投資家の最大の強み。

                       

                       

                      このことは投資方針・目標を同じくする投資家の皆さんであればきっとわかっていただけるかと。
                       

                      以上、ご参考まで。

                       

                      (投資は自己責任にてお願いいたします。)

                       

                       

                       

                       

                      追伸1

                       

                      ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



                               
                       

                       

                      ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

                       

                       

                      追伸2 

                       

                      配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

                       

                       

                            

                               

                       

                       

                                       

                       

                       

                         

                       

                       

                       

                       

                      「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

                       

                       

                         

                          

                      Calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>
                      お薦め情報



                      アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





                      米国株銘柄が充実、まずは口座開設








                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM