<< SBIの週間買付ランキング 通常取引 vs NISA でわかった興味深い事実 | top | マクドナルド(MCD)より配当受領 今年の増配率が分岐点か? >>

自己資本比率は低い方がいいんです!? 常識をくつがえず米国(アメリカ)増配銘柄たち


 

 

 

自己資本比率(じこしほんひりつ)とは

 

企業等の財政状態を表す財務諸表の貸借対照表の自己資本が総資産の何%あるかを示す数値であり、

 

自己資本(純資産合計 − 新株予約権 − 少数株主持分)÷ 総資産

 

で算出する。 

 

通常、自己資本比率が高いほど借入金の金利や元本返済の負担が少ないため、経営は安定し、倒産しにくい会社となる。

 

一方、自己資本比率が小さいほど、借入金(他人資本)に依存すること、すなわち不安定 な会社経営を行っていることになり、金融機関の支援が得られない場合には経営破たんにつながることが多く、不安が生じる。

 

自己資本比率は会社経営の安定性を表す数値であり、高いほど良いとされる。

 

ある調査によれば、日本国内の金融・保険業を除く資本金1,000万円以上の営利法人19,257社の自己資本比率平均は33%である。

 

 

上記記載を読むまでもなく、

 

 

自己資本比率が高い方が良い会社である。

 

 

というのは世間の常識でしょう。

 

例えば日本を代表する企業を例にとれば、その自己資本比率(連結ベース)は、

 

 

・花王:  52.7%(2016年12月期)

・キヤノン:54.2%(2016年12月期)

 

といった具合です。

 

では、アメリカの優良企業は?

 

ということで持株のアルトリア(MO)とマクドナルド(MCD)を調べてみたところ、

 

 

・アルトリア(MO):    8.9%

・マクドナルド(MCD):18.7%

 

であることがわかりました。(両社とも2015年12月期 SEC提出Form 10-K BSデータより計算)

 

 

えっ、何かの間違いでは??

 

 

日本の企業に比べ圧倒的に高い利益率を誇り、毎期多額の利益を計上しているにもかかわらず、意外なほど低い自己資本比率。

 

実はこれにはからくりが。

 

 

・アルトリア(MO):    278億ドル(約3.1兆円)

・マクドナルド(MCD): 412億ドル(約4.7兆円)

 ※円は113円で計算

 

 

この小国の国家予算にも匹敵する金額、何かおわかりですか?

 

実はこれ、両社がこれまでに購入した自己株式の残高です。

 

企業の株主還元策と言えばもちろん配当の支払いですが、それと並んで重要なのが、自己株式の購入です。

 

 

自分の会社の株を自分で買う。

 

 

いったい何をやっているんだ? 

 

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、自社の株式を購入しても自社へ配当することはできませんから、自社株買いは実質的に配当の対象となる株数を減らすことができます。

 

よってこれも結局は私たち株主への配当を増やす効果があるのです。

 

そして購入した自己株式はバランスシート上は(株主)資本の部においてマイナス(以下表の緑部分)で表示されます。

 

 

 

緑部が自己株式 青が自己(株主)資本合計

 

 

つまり株主還元策として自己株を買えば買うほど

 

 

自己資本比率は悪化する

 

 

わけです。

 

 

冒頭の

 

 

自己資本比率が高い方が良い会社である。

 

 

という常識は、

 

 

こと配当を重視するアメリカ(米国)優良銘柄にあっては幻想であり、当てはまらない。

 

 

インカムゲインを追求する投資家として心にとめておきたいですよね。

 

 

ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのためにぽちっとお願いいたします。

      


<管理人の自己紹介コーナー その1>

 

私事にて恐縮ですが、実は私恥ずかしながら30すぎから頭頂部を中心として薄毛に悩まされており、現在リアップが欠かせません。これまでいろいろ試してみましたが、自分にはリアップが一番あっているようで、はげ止まりを確認しております。

最初は近所のドラッグストアで買っていたのですが、恥ずかしいのと必ず薬剤師さんから買わねばならないのが面倒だったので、今は楽天で購入中です。ネットなので24時間営業!(※アメリカ株(米国株)投資家としては当然アマゾン(AMZN)で買いたかったのだが、リアップは取り扱っていませんでした、、、残念!!)

日々多毛多忙なうす毛中高年ビジネスマンにはもってこい!

以下クリックしてお試しあれ。(※まずは会員登録(もちろん無料)が必要です。)

 
  

 

<管理人の自己紹介コーナー その2>

 

若い頃は暴飲暴食三昧、にもかかわらず会社の定期健診でもさしたる異常は見つからず。

すっかり、いい気になっていたら、、、、

35歳を超えた頃から毎年数値が急上昇(株価の上昇はウェルカムなのだが、、)、特に管理人の場合深刻なのは血糖値とコレステロール値。正常値超えの常連となり、今では定期的な数値チェックが欠かせません。

血糖値とコレステロールの大敵と言えば、甘いものと油もの。

しかしその両方が大好物な人間にとって、これを控えることは拷問・苦行以外の何物でもありません。(頭だけは苦行僧の風情なのだが、、)

そんな時に「ピーナッツの効用」について、ある情報番組が取り上げていました。

なんでもアメリカの大学が30年にわたって12万人の食生活を調べた研究では、「血管を健康にして死亡率を飛躍的に下げる食材」として注目されたのがピーナッツだったとのこと。

ピーナッツに含まれる油がコレステロール値をさげるほか、血管を強くしたり、糖尿病を軽減したりと、様々な効果を発揮するそうです。

そんな内容に思わず「ガッテン」ということで早速購入を開始。

甘いもの・油ものの代わりに毎日ピーナッツを食べております。

ただ、あまりのおいしさに一日の適正量20粒をまったく守れていないのが大問題でして、、、(これじゃ意味ないか?)

送料と宅配業者さんの業務量軽減に考慮して(?)アマゾン(AMZN)でまとめ買いしています。(アメリカ株(米国株)投資家としては、当然楽天よりアマゾンでしょう!)

 

ご興味ある方はどうぞ。

 

 

 

正直者 | コラム | 04:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
  • 配当収入100万円を超えて見える世界
    管理人 (07/09)
  • いろいろ悩んだ結果、購入した銘柄、結局決め手となったのは?
    管理人 (07/09)
  • いろいろ悩んだ結果、購入した銘柄、結局決め手となったのは?
    yazirobe777 (07/09)
  • ロイヤルダッチシェル(RDSB)より配当受領、7%近い配当利回りの威力を実感
    管理人 (07/01)
  • ロイヤルダッチシェル(RDSB)より配当受領、7%近い配当利回りの威力を実感
    yazirobe777 (07/01)
  • ロイヤルダッチシェル(RDSB)より配当受領、7%近い配当利回りの威力を実感
    管理人 (06/30)
  • ロイヤルダッチシェル(RDSB)より配当受領、7%近い配当利回りの威力を実感
    いしはら (06/30)
  • 業界の巨人「ネスレ」ついに動く! しかし決して買えません、なぜなら、、、
    管理人 (06/29)
  • 業界の巨人「ネスレ」ついに動く! しかし決して買えません、なぜなら、、、
    yazirobe777 (06/29)
  • アメリカ株(米国株)投資家が陥りやすい病(やまい) あなたは大丈夫ですか?
    管理人 (06/25)
MOBILE
qrcode
OTHERS