<< バフェット銘柄 クラフト ハインツ(KHC) の第4四半期決算:大幅増益も買収効果はあったのか? | top | バフェットはウォルマート(WMT)には見切りをつけたが、業界そのものに見切りをつけたわけではない明確な理由 >>

トランプを黙らせる最も簡単で効果的な方法は? 我々アメリカ株(米国株)投資家が普段やっていることだった!

 

 

 

 

「日本は米国の自動車販売を難しくさせている。」

 

「米国の自動車メーカーは日本での販売が増えていないのに、日本は米国に何十万台も輸出している。」


「他の国々は資金供給と通貨安でアメリカより得をしてきた。アメリカ(人)はバカをみてきた。」

 

「日本が長年、何をしてきたかをみてみろ。為替を操作して通貨安に誘導している。」

 

・不公平な取引による日米貿易不均衡(アメリカの大幅な対日赤字)

・財政金融緩和政策による円(ドル高)安誘導

 

 

  

 

 

最近でこそ日本に対する過激な発言は鳴りを潜めているものの、その基本姿勢はまったく変わっていません。

 

トランプの対日批判は正直的外れ、と考える人が日本のみならずアメリカでも多いのですが、腐っても?大統領、その絶大なる権限の前には安倍首相をはじめ、日本側も様々な対応を余儀なくされています。

 

トヨタやソフトバンクなど、早速米国本土での大規模な投資計画を発表。

 

また、円安誘導に対しても安倍首相がすぐに「日銀の金融政策は物価安定目標達成のためであり、円安誘導という批判はあたらない」と述べるなど、火消しに躍起、今後もトランプさんのご機嫌をとるため、官民合わせての必死の対応が続きます。

 

 

 

(問い)これら批判を封じ込める妙案はないのか? ある場合、その根拠と手段を述べよ。


(回答)はい、あります。

 

それは、

 

 

日本国民ないしは日本政府が、今後アメリカ株(米国)株を積極的に購入すること(だけ)。

 

 

(根拠)

 

トランプ主張の目的は、アメリカを豊かにすることである。

 

資本主義国家のモデルとも言うべきアメリカにおいては、企業の繁栄こそがその豊かさの源泉であり、企業の繁栄は企業株価に投影される。

 

今後日本政府、国民が積極的にアメリカ株(米国株)を購入することで、株価の上昇を促し、ひいてはアメリカ経済の成長に貢献することが可能となる。

 

 

(手段)

 

主な株価購入資金は国民の個人資産をあてる。


日本銀行のデータによれば、金融資産総額は1,700兆円を超えているが、そのうち約半分超が現預金に偏っており株式・出資金はわずか9%弱にしか過ぎない。

 

仮に現預金の半分の約450兆円ほどをアメリカ株購入資金にあてたとすると、その規模はアメリカ株式市場総額約3,000兆円(ニューヨーク証券取引所とナスダック市場の合計値)の15%にあたり、目的の達成には十分な額と考える。

 

また、批判に対応するため、購入にあたってはGMやフォード等の自動車メーカーにより多くの資金をあてることも考慮する。

 

尚、本手段の実施により短期的には円安・ドル高が強く想定されるが、その後の経済成長による金利上昇によって、より長期的には是正されると考えている。

 


(本手段の副次的効果)

 

また、本手段をを実施することで以下の効果が期待できる。

 

・日本国民は為替の変動を考慮したとしても、預金利子よりも圧倒的に高い!、また仮に日本企業に投資した場合に比べ、より高い配当収入を長期に渡り得ることが可能となり、所得の増加を通じ日本の景気回復にも多大に貢献する。

 

・他の先進諸国に比べ偏った国民金融資産ポートフォリオの”ゆがみ”を矯正することが可能となる。

 

 

(結論)
 

以上、まさにウイン・ウインの関係を、財政的に危機的状態にある中で、国債の発行等政府の追加的な財政負担なしに実施できる本方法に、

 


まさる手段はない!

 


こと強く主張しておきたい。

 

 

 

いかがでしょうか?

 

ビジネスマン、それも生き馬の目を抜く業界で長年戦ってきたトランプさんだからこそ、納得せざるを得ないどころかむしろウエルカムな話では。

 

 

ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。

      



 

<管理人の自己紹介コーナー>

私事にて恐縮ですが、実は私恥ずかしながら30すぎから頭頂部を中心として薄毛に悩まされており、現在リアップが欠かせません。これまでいろいろ試してみましたが、自分にはリアップが一番あっているようで、はげ止まりを確認しております。

最初は近所のドラッグストアで買っていたのですが、恥ずかしいのと必ず薬剤師さんから買わねばならないのが面倒だったので、今は楽天で購入中です。ポイント還元もあり割安ですし、何より簡単。ネットなのでもちろん24時間営業!

日々多毛多忙なうす毛中高年ビジネスマンにはもってこい!

以下クリックしてお試しあれ。(※まずは会員登録(もちろん無料)が必要です。)


正直者 | コラム | 04:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
  • 投資基準からの逸脱をあえて敢行しようか。 その理由はアメリカ株より大切なものを守るため
    管理人 (10/14)
  • 投資基準からの逸脱をあえて敢行しようか。 その理由はアメリカ株より大切なものを守るため
    ちうちう (10/14)
  • 【速報】AT&T(T)第3四半期の売上・利益予想を引き下げ! しかしこの理由であればチャンス到来?
    管理人 (10/13)
  • 【速報】AT&T(T)第3四半期の売上・利益予想を引き下げ! しかしこの理由であればチャンス到来?
    チョコ (10/13)
  • 日経新聞の「米国株に注目」の記事に異論あり! 私ならこう書きます
    管理人 (10/12)
  • 日経新聞の「米国株に注目」の記事に異論あり! 私ならこう書きます
    ミスターマーケット (10/12)
  • パフォーマンスが良ければアメリカ株(米国株)にこだわりはしません。 しかし結果的には、、、
    管理人 (09/29)
  • パフォーマンスが良ければアメリカ株(米国株)にこだわりはしません。 しかし結果的には、、、
    チョコ (09/29)
  • 【速報】ベライゾン(VZ)の増配発表出る! 13年連続増配でも暗雲か??
    チョコ (09/10)
  • 【速報】ベライゾン(VZ)の増配発表出る! 13年連続増配でも暗雲か??
    管理人 (09/10)
MOBILE
qrcode
OTHERS
お薦め情報

アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならこちらで



米国株銘柄が充実、まずは講座開設




コラム
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH