<< さて次は何を買おうか(買い増そうか)という時、こんな表で楽しんでます。 ご参考まで | top | ベライゾン(VZ)よ。お前も死んでいたのをすっかり見落としていた。 バフェットはAT&T(T) だけじゃなくベライゾンも、、、、 >>

シーゲルランキングの堂々14位にランクインしている歴史ある銘柄KR、ウォルマート(WMT)を含む3社比較でわかった意外なる実力とは

 

 

 

 

 

クローガー(Kroger:ティッカーKR)が現地時間の3月2日に第4四半期の決算を発表しました。

 

しかし、クローガー、と聞いてすぐにわかる方はあまりいないのではないでしょうか。

 

実はシーゲル教授の著書を読んでおらる方には知られている、歴史ある銘柄なのです。

 

それが証拠に、シーゲル教授の名著あの「株式投資の未来」においては1957年から2003年までのトータルリターンの堂々第14位にランクインしています。

 

 

 

 

クローガーはなんと1883年!創業のスーパー大手であり、現在は売上、利益ともにコストコ(COST)と拮抗、第2位の座を争っています。(ちなみにコストコの創業は1983年ですから100年もの開きが。)

 

今回はバフェットには見放されたとはいうものの、業界の巨人、ウォルマート(WMT)を含めた3社を比較してみました。

 

まずはそれぞれの売上成長率(前年比増減%)から。

 

 

ワイン色:クローガー、黄緑:ウォルマート、青:コストコ

 

 

意外なことに、クローガーは飛ぶ鳥を落とす勢いのイメージがあるコストコの成長率を2014年度と2016年度で上回っています。

 

また、1.96%→▲0.72%→0.77%とウォルマートの低迷ぶりが目立ちますね。

 

 

次は営業利益の成長率(前年比増減%)

 

 

ワイン色:クローガー、黄緑:ウォルマート、青:コストコ

 

 

これまた意外なことに、クローガーは直近の2016年はマイナスになってしまいましたが、2014年と2015年でコストコを上回る高い伸びを示しています。

 

そしてここでも直近2年は大幅なマイナスとなるなど、ウォルマートは一人蚊帳の外といった感じです。

 

 

そして最後に増配率の推移ですが、

 

 

ワイン色:クローガー、黄緑:ウォルマート、青:コストコ

 

 

さすがはコストコ、この期間の平均増配率13%もさることながら、毎年10%を超える超安定感。

 

しかしながら、でこぼこがあり安定感には欠けるもののクローガーの平均増配率はなんと17%を超え、コストコを上回っているではありませんか!!

 

そして、以前お伝えしたように、ウォルマートの2014年以降の増配率は約2%。

 

このように同業2社と比較することで、さらなる低迷ぶりが浮き彫りとなりました。

 

100年をゆうに超える老舗でありながら、今なお成長を続けるクローガー、その姿にただただ敬服、なのですが、

 

残念なのは

 

 

現在の配当利回りが1.6%であること。

 

 

やはり見る(買う)人はちゃんと見て(買って)いる

 

 

というのことなのでしょうね。

 

 

ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。

      


 

<管理人の自己紹介コーナー その1>

 

私事にて恐縮ですが、実は私恥ずかしながら30すぎから頭頂部を中心として薄毛に悩まされており、現在リアップが欠かせません。これまでいろいろ試してみましたが、自分にはリアップが一番あっているようで、はげ止まりを確認しております。

最初は近所のドラッグストアで買っていたのですが、恥ずかしいのと必ず薬剤師さんから買わねばならないのが面倒だったので、今は楽天で購入中です。ネットなので24時間営業!(※アメリカ株(米国株)投資家としては当然アマゾン(AMZN)で買いたかったのだが、リアップは取り扱っていませんでした、、、残念!!)

日々多毛多忙なうす毛中高年ビジネスマンにはもってこい!

以下クリックしてお試しあれ。(※まずは会員登録(もちろん無料)が必要です。)

 
  

 

<管理人の自己紹介コーナー その2>

 

若い頃は暴飲暴食三昧、にもかかわらず会社の定期健診でもさしたる異常は見つからず。

すっかり、いい気になっていたら、、、、

35歳を超えた頃から毎年数値が急上昇(株価の上昇はウェルカムなのだが、、)、特に管理人の場合深刻なのは血糖値とコレステロール値。正常値超えの常連となり、今では定期的な数値チェックが欠かせません。

血糖値とコレステロールの大敵と言えば、甘いものと油もの。

しかしその両方が大好物な人間にとって、これを控えることは拷問・苦行以外の何物でもありません。(頭だけは苦行僧の風情なのだが、、)

そんな時に「ピーナッツの効用」について、ある情報番組が取り上げていました。

なんでもアメリカの大学が30年にわたって12万人の食生活を調べた研究では、「血管を健康にして死亡率を飛躍的に下げる食材」として注目されたのがピーナッツだったとのこと。

ピーナッツに含まれる油がコレステロール値をさげるほか、血管を強くしたり、糖尿病を軽減したりと、様々な効果を発揮するそうです。

そんな内容に思わず「ガッテン」ということで早速購入を開始。

甘いもの・油ものの代わりに毎日ピーナッツを食べております。

ただ、あまりのおいしさに一日の適正量20粒をまったく守れていないのが大問題でして、、、(これじゃ意味ないか?)

送料と宅配業者さんの業務量軽減に考慮して(?)アマゾン(AMZN)でまとめ買いしています。(アメリカ株(米国株)投資家としては、当然楽天よりアマゾンでしょう!)

 

ご興味ある方はどうぞ。

 

 

正直者 | 銘柄研究 | 04:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
  • ベライゾン(VZ)の第3四半期決算 競争激化を示す数字にほっと一安心した理由とは
    管理人 (10/22)
  • ベライゾン(VZ)の第3四半期決算 競争激化を示す数字にほっと一安心した理由とは
    チョコ (10/22)
  • 投資基準からの逸脱をあえて敢行しようか。 その理由はアメリカ株より大切なものを守るため
    管理人 (10/14)
  • 投資基準からの逸脱をあえて敢行しようか。 その理由はアメリカ株より大切なものを守るため
    ちうちう (10/14)
  • 【速報】AT&T(T)第3四半期の売上・利益予想を引き下げ! しかしこの理由であればチャンス到来?
    管理人 (10/13)
  • 【速報】AT&T(T)第3四半期の売上・利益予想を引き下げ! しかしこの理由であればチャンス到来?
    チョコ (10/13)
  • 日経新聞の「米国株に注目」の記事に異論あり! 私ならこう書きます
    管理人 (10/12)
  • 日経新聞の「米国株に注目」の記事に異論あり! 私ならこう書きます
    ミスターマーケット (10/12)
  • パフォーマンスが良ければアメリカ株(米国株)にこだわりはしません。 しかし結果的には、、、
    管理人 (09/29)
  • パフォーマンスが良ければアメリカ株(米国株)にこだわりはしません。 しかし結果的には、、、
    チョコ (09/29)
MOBILE
qrcode
OTHERS
お薦め情報

アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならこちらで



米国株銘柄が充実、まずは講座開設




コラム
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH