<< ロイヤルダッチシェル(RDSB) vs エクソンモービル(XOM) 注目の業績回復合戦の結末は、、、 | top | 【速報】バフェットは売り、俺は買った、、、これが賢人とど素人の違いなのかぁ〜〜〜!! >>

「次は何を買おうかリスト」をアップデートしました。 遅まきながら連休中の銘柄検討用にいかがでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

サラリーマンや公務員の方であれば、9連休とはいかないまでもこの連休期間中はある程度まとまったお休みが取れているのではないでしょうか。

 

通常、長期連休は今回を含め年3回。

 

個人的にはこの期間はじっくり銘柄検討できる貴重な期間でもあります。

 

そう言えば、前回作成した「次は何を買おうかリスト」作成からほぼ1ヵ月が過ぎていたこともあり、連休終盤のこの時期、遅まきながら以下のとおりリストのアップデートを行いました。

 

<注>

・Bはバークシャ ハザウェイ(バフェット)2016/12時点の保有銘柄で、数字は時価総額のランキングを表す。

・Sはシーゲルランキングのランキングを表す。

 

 

今回注目したのは濃い黄色の銘柄です。

 


まずは、ロイヤルダッチシェル(RDSB)。

 

3月31日時点での配当利回り6.7%から6.9%へとアップ。

 

ポートフォリオのかなりの割合をこの銘柄にあてていることもあり、買い増しには抵抗がありますが、より魅力的な利回りに心動かされる状況です。

 

昨日お伝えした通り、5月4日発表の第1四半期決算の結果はすばらしいものでしたから、より安心して購入に動けることは確かです。


続いては、通信ライバルのベライゾン(VZ)とAT&T(T)。

 

こちらは先日もご紹介したとおり、第1四半期決算が減収・減益となったことから株価が下落、ベライゾンは3月31日時点の4.7%から5.0%へ、AT&Tも同じく4.7%から4.9%へとアップしています。

 

この両社の場合には、通信事業自体の成長が頭打ちとなっているという状況を考慮すると購入がためらわれるところではありますが、今後の業界再編や買収等もにらんで、

 

 

いっそのこと両方買ってしまえば、

 

 

という気持ちが強くなっているところです。

 

 

さらにIBM。

 

こちらもベライゾン同様、決算発表後の失望売りから株価は下落、利回りは3.2%から3.7%へと上昇していますが、こちらは業績の底がなかなか見えないだけに、投資には慎重にならざるを得ない状況です。

 

とここまで書いたところで、日経電子版を見ていたところ、なんとバフェットが持ち株の3分の1を売却したというニュースが!!

 

最近の株価下落は決算結果もそうですが、バフェット売りの影響もあったんですね〜。これで益々下落に拍車がかかる可能もあります、、

 

 

 

配当利回りは予想配当額に変化がなければ、

 


株価が下落すればするほど高くなる

 


わけで、下落の理由は明確にしておく必要があるわけですが、こうやってあれやこれやと悩むのもまた楽しいものです。

 

連休終盤、皆さんの銘柄選びのご参考になれば幸いです。

 

 

ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。

 


      


 

 

<管理人の自己紹介コーナー その1>

 

私事にて恐縮ですが、実は私恥ずかしながら30すぎから頭頂部を中心として薄毛に悩まされており、現在リアップが欠かせません。これまでいろいろ試してみましたが、自分にはリアップが一番あっているようで、はげ止まりを確認しております。

最初は近所のドラッグストアで買っていたのですが、恥ずかしいのと必ず薬剤師さんから買わねばならないのが面倒だったので、今は楽天で購入中です。ネットなので24時間営業!(※アメリカ株(米国株)投資家としては当然アマゾン(AMZN)で買いたかったのだが、リアップは取り扱っていませんでした、、、残念!!)

日々多毛多忙なうす毛中高年ビジネスマンにはもってこい!

以下クリックしてお試しあれ。(※まずは会員登録(もちろん無料)が必要です。)

 
  

 

<管理人の自己紹介コーナー その2>

 

若い頃は暴飲暴食三昧、にもかかわらず会社の定期健診でもさしたる異常は見つからず。

すっかり、いい気になっていたら、、、、

35歳を超えた頃から毎年数値が急上昇(株価の上昇はウェルカムなのだが、、)、特に管理人の場合深刻なのは血糖値とコレステロール値。正常値超えの常連となり、今では定期的な数値チェックが欠かせません。

血糖値とコレステロールの大敵と言えば、甘いものと油もの。

しかしその両方が大好物な人間にとって、これを控えることは拷問・苦行以外の何物でもありません。(頭だけは苦行僧の風情なのだが、、)

そんな時に「ピーナッツの効用」について、ある情報番組が取り上げていました。

なんでもアメリカの大学が30年にわたって12万人の食生活を調べた研究では、「血管を健康にして死亡率を飛躍的に下げる食材」として注目されたのがピーナッツだったとのこと。

ピーナッツに含まれる油がコレステロール値をさげるほか、血管を強くしたり、糖尿病を軽減したりと、様々な効果を発揮するそうです。

そんな内容に思わず「ガッテン」ということで早速購入を開始。

甘いもの・油ものの代わりに毎日ピーナッツを食べております。

ただ、あまりのおいしさに一日の適正量20粒をまったく守れていないのが大問題でして、、、(これじゃ意味ないか?)

送料と宅配業者さんの業務量軽減に考慮して(?)アマゾン(AMZN)でまとめ買いしています。(アメリカ株(米国株)投資家としては、当然楽天よりアマゾンでしょう!)

 

ご興味ある方はどうぞ。

 

 

正直者 | 銘柄研究 | 04:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
  • 適正なポートフォリオとは? バフェット太郎さんの秘密の?ポートフォリオと比較してみました
    管理人 (11/16)
  • 適正なポートフォリオとは? バフェット太郎さんの秘密の?ポートフォリオと比較してみました
    yazirobe777 (11/15)
  • 日産(7201)の第2四半期決算発表 通期予想を下方修正 やはり日本株には縁がないんでしょうかねぇ〜
    管理人 (11/09)
  • 日産(7201)の第2四半期決算発表 通期予想を下方修正 やはり日本株には縁がないんでしょうかねぇ〜
    チョコ (11/09)
  • ベライゾン(VZ)の第3四半期決算 競争激化を示す数字にほっと一安心した理由とは
    管理人 (10/22)
  • ベライゾン(VZ)の第3四半期決算 競争激化を示す数字にほっと一安心した理由とは
    チョコ (10/22)
  • 投資基準からの逸脱をあえて敢行しようか。 その理由はアメリカ株より大切なものを守るため
    管理人 (10/14)
  • 投資基準からの逸脱をあえて敢行しようか。 その理由はアメリカ株より大切なものを守るため
    ちうちう (10/14)
  • 【速報】AT&T(T)第3四半期の売上・利益予想を引き下げ! しかしこの理由であればチャンス到来?
    管理人 (10/13)
  • 【速報】AT&T(T)第3四半期の売上・利益予想を引き下げ! しかしこの理由であればチャンス到来?
    チョコ (10/13)
MOBILE
qrcode
OTHERS
お薦め情報

アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならこちらで



米国株銘柄が充実、まずは講座開設




コラム
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH