<< ちょっと、ちょっと、そこに表示されている含み損益は何の意味もありませんよ。ご注意を! | top | 突如現れた新たな購入候補! その名は? >>

アナリストの〇〇など気にする必要はない決定的な理由とは?

 

 

 

 

 

決算予想や決算発表の度に新聞、ネット等のメディアでよく見られるのは、

 

 

・アナリストの予想

・アナリストの反応

 

 

といったアナリストの文字。


新聞ですら、さもアナリスト(株式の場合証券アナリスト)の予想や反応が正であるかのような論調です。

 

しかし、配当重視の長期投資家として、個人的には

 

 

それらの予想や特に反応はまったく気にしなくて良い

 

 

と考えています。

 

 

そもそも証券アナリストっていったい何者?

 

 

 

・証券アナリストは、金融市場のプロフェッショナルとして株式市場のみ成らず、債券市場、商品市場、景気動向など、経済全般をその管轄分野としている。金融のグローバル化と専門化の時代にあって彼らの分析の重要性は年々高まっている。上場株式の個別銘柄についてアナリストが出すレポートはアナリスト・レポートと呼ばれる。

 

・資本市場に対する影響力が強く、市場での価格決定は彼らの投資判断によって大きく変動するため、社会的意義と責任が大きい。このため金融庁は各証券会社や資産運用会社に所属する証券アナリストやファンドマネージャーの「重要使用人」の届出を義務付けており、その監督下に置いている。

 

・金融分野に関する高度な知識と経験が要求されるため一般的にMBAホルダーや経済や財務、証券分析に関して学識の高い人材が職に就き、金融大国の米国においては最も高収入な専門職の一つである。その一方で、彼らの高い収入は資金を委託する投資信託や年金基金の顧客の利益を損なうという議論がされているのも事実である。

 

・証券アナリストはその属性からセルサイド・アナリストとバイサイド・アナリストに分けられ、同じ証券アナリストであっても役割が大きく異なる。
(以上ウィキペディアより抜粋)

 

特に我々に関係するのは、セルサイド・アナリストと呼ばれる人達です。

 

 

セルサイド・アナリストとは


・セルサイド・アナリストとは証券会社に所属する証券アナリストを示し、一般的にアナリストと呼ばれる場合はセルサイド・アナリストを指す。彼らの発行するアナリスト・レポートは、証券会社の顧客である個人投資家や、大口顧客である機関投資家(バイサイドと同義)に対するサービスとして、当該エリアへの調査報告をするという趣旨で作成される。つまり投資家が投資先を選定する際の情報提供をすることで、売買をサポートし、自社への証券手数料収入を拡大させることが業務の本質的な目的となっている。

 

 

ここで注目すべきは下線部分

 

 

自社への証券手数料収入を拡大させることが業務の本質的な目的となっている。

 

 

という部分でしょう。

 

極端なことを言えば、アナリスト自身が分析の結果これは買い(あるいは売り)だと判断したとしても会社の方針と一致しなければそのレポートがボツになる可能性がないとは言えません。

 

つまり常にある種のバイアス(偏(かたよ)り)がかかっていることになります。


そして、彼らの予想等を気にする必要がないという決定的な理由は、

 


結果に対して責任を取る必要がない。

 


という点でしょう。

 

例えば、彼らが推奨した銘柄の株価が推奨後下落したとしても、購入者に対してその責任を負うことはありません。


であるならば、我々素人投資家が取るべき行動は、我々には到底不可能な高度な知識に基づく深い分析に基づくアナリストさんのデータはありがたく利用させてもらうが、意見の部分や特に推奨の部分に惑わされることなく、

 


・最終的な判断はあくまで自らが下す。

 

そして

 

・その判断の結果が仮に吉ではなく凶と出たとしても、責任は自らが潔く負う。

 


ことではないでしょうか。

 

 

ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



      


 

 

<管理人の自己紹介コーナー その1>

 

私事にて恐縮ですが、実は私恥ずかしながら30すぎから頭頂部を中心として薄毛に悩まされており、現在リアップが欠かせません。これまでいろいろ試してみましたが、自分にはリアップが一番あっているようで、はげ止まりを確認しております。

最初は近所のドラッグストアで買っていたのですが、恥ずかしいのと必ず薬剤師さんから買わねばならないのが面倒だったので、今は楽天で購入中です。ネットなので24時間営業!(※アメリカ株(米国株)投資家としては当然アマゾン(AMZN)で買いたかったのだが、リアップは取り扱っていませんでした、、、残念!!)

日々多毛多忙なうす毛中高年ビジネスマンにはもってこい!

以下クリックしてお試しあれ。(※まずは会員登録(もちろん無料)が必要です。)

 
  

 

<管理人の自己紹介コーナー その2>

 

若い頃は暴飲暴食三昧、にもかかわらず会社の定期健診でもさしたる異常は見つからず。

すっかり、いい気になっていたら、、、、

35歳を超えた頃から毎年数値が急上昇(株価の上昇はウェルカムなのだが、、)、特に管理人の場合深刻なのは血糖値とコレステロール値。正常値超えの常連となり、今では定期的な数値チェックが欠かせません。

血糖値とコレステロールの大敵と言えば、甘いものと油もの。

しかしその両方が大好物な人間にとって、これを控えることは拷問・苦行以外の何物でもありません。(頭だけは苦行僧の風情なのだが、、)

そんな時に「ピーナッツの効用」について、ある情報番組が取り上げていました。

なんでもアメリカの大学が30年にわたって12万人の食生活を調べた研究では、「血管を健康にして死亡率を飛躍的に下げる食材」として注目されたのがピーナッツだったとのこと。

ピーナッツに含まれる油がコレステロール値をさげるほか、血管を強くしたり、糖尿病を軽減したりと、様々な効果を発揮するそうです。

そんな内容に思わず「ガッテン」ということで早速購入を開始。

甘いもの・油ものの代わりに毎日ピーナッツを食べております。

ただ、あまりのおいしさに一日の適正量20粒をまったく守れていないのが大問題でして、、、(これじゃ意味ないか?)

送料と宅配業者さんの業務量軽減に考慮して(?)アマゾン(AMZN)でまとめ買いしています。(アメリカ株(米国株)投資家としては、当然楽天よりアマゾンでしょう!)

 

ご興味ある方はどうぞ。

 

 

正直者 | コラム | 04:52 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
ブログ拝見させていただいております。
頭頂部の脱毛が気になるようであれば(脱毛が男性型脱毛症であることが前提ですが)リアップとともにプロペシアないしザガーロの併用も効果が期待できますよ。皮膚科など病院でもらう薬で月8000円ぐらいはかかると思いますが。すでに試したことあるかもしれませんが、一応参考までに。

posted by おおくわがた ,2017/06/14 8:20 PM

おおくわがたさん

コメントいただきありがとうございました。

貴重な情報ありがとうございました。
そちらはまだ試したことがありません。

結構な金額がかかるんですね。

検討したいと思います。

posted by 管理人 ,2017/06/15 5:01 AM










Trackback
URL:

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
  • アメリカ株(米国株)投資家が陥りやすい病(やまい) あなたは大丈夫ですか?
    管理人 (06/25)
  • アメリカ株(米国株)投資家が陥りやすい病(やまい) あなたは大丈夫ですか?
    yazirobe777 (06/24)
  • ジョンソン&ジョンソン(JNJ)から配当を受領  いつかバフェットを見返す日は来るのか、、
    管理人 (06/21)
  • ジョンソン&ジョンソン(JNJ)から配当を受領  いつかバフェットを見返す日は来るのか、、
    yazirobe777 (06/20)
  • 配当収入が増えれば増えるほど痛感する〇〇の偉大さとは
    管理人 (06/18)
  • 配当収入が増えれば増えるほど痛感する〇〇の偉大さとは
    yazirobe777 (06/18)
  • アナリストの〇〇など気にする必要はない決定的な理由とは?
    管理人 (06/15)
  • アナリストの〇〇など気にする必要はない決定的な理由とは?
    おおくわがた (06/14)
  • アリ(アルトリア)とキリギリス(グーグル(アルファベット)) あなたならどちらを選びますか?
    管理人 (05/27)
  • アリ(アルトリア)とキリギリス(グーグル(アルファベット)) あなたならどちらを選びますか?
    ちうちう (05/27)
MOBILE
qrcode
OTHERS