<< アナリストの〇〇など気にする必要はない決定的な理由とは? | top | いきなりの含み損状態ですが、、、とりあえず 祝 IBMから初の配当を受領 >>

突如現れた新たな購入候補! その名は?

 

 

 

 

 

 

いつものようにSBIの週間売買代金ランキングをチェックしていたところ、今回はADR銘柄で非常に興味深い銘柄を発見しました。

 

まずはランキングはこちら。

 

 

 

 

この中で7位にランクインした、テバ ファーマシューティカル(TEVA)が今回の注目銘柄となります。

 


なんとなんと現在の配当利回りは4.5%

 


業種欄には、

 

「イスラエルの世界的な大手ジェネリック医薬品メーカー」

 

とあります。

 

ジェネリック医薬品メーカーとしては、世界最大でシェアNo,1。

 

それにしてもイスラエルの会社とは珍しい。


ということで、まずは会社概要をチェック。

 


・テバ・ファーマシューティカル・インダストリーズ(Teva Pharmaceutical Industries Ltd)はイスラエルの製薬会社。
 

・同社はすべての治療カテゴリー内のジェネリック医薬品の開発、生産及びマーケティングに従事する。
 

・同社のグローバル運営事業は北米・中南米からヨーロッパとアジアまでに展開される。
 

・同社はカナダ、クロアチア、チェコ、フランス、ドイツ、ハンガリー、アイルランド、イスラエル、日本、ポーランド、ロシア、スペイン、オランダ、英国と米国など国々で数多くの子会社を運営する。

 

 

ということで、日本でも事業展開しており、テバグループとして、

 


・武田テバファーマ株式会社
・武田テバ薬品株式会社
・テバファーマスーティカル株式会社
・テバエーピーアイ株式会社

 


と多くの会社があることがわかりました。

 

続いては、いつものように直近の業績の推移から確認してみることに。

 

 

 

 


残念ながら、利益は2014年を頂点に右肩下がりの状況であることが見てとれます。

 

但しよくよく確認してみると、対前年度比で10%以上の売上増加にもかかわらず、特に利益の落ち込みが大きかった2016年は研究開発費の増加や減損等の特殊要因によるところが大きかったようです。

 

そしてその2016年は、テバにとって大きな出来事が。

 


同業であるアラガン社のジェネリック部門をなんと405億ドル(4兆円以上)で買収したのです。

 

 

しかし、買収に対する市場の評価は厳しく、以下のとおり株価は下落の一途をたどっている状況となっています。

 

 

出典元:Thomson Reuters

 

 

これで、現在の高配当利回りの理由がわかりました。

 


しかし、なぜかこういう銘柄に魅力を感じてしまう自分がいます。

 


思えば現在の持株であるファイザー(PFE)を購入したときがまさにこれとほぼ同じ状況でした。

 

ファイザーの場合は購入後、ワイス社の買収(その額680億ドル)による資金捻出のため、なんと40%近い大減配の洗礼を受け、購入後いきなり出鼻をくじかれたのでした。

 

しかし、その後もめげることなく買い増しを続けた結果、現在までの配当受領総額は総投資額159万円に対してすでに50万円を超えています。


過去の配当はテバの会社ホームページの配当情報では、ここ最近は増配こそしていないものの、掲載されている2005年以降では減配はなし!

 

しかし、テバの場合もファイザーのように今後減配がないとは言えません。

 


夢よもう一度で購入するか

 

 

あるいは、

 

 

危ないものには手を出さず

 

 

 

もう少し悩みたいと思います。

 

 

ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



      


 

 

<管理人の自己紹介コーナー その1>

 

私事にて恐縮ですが、実は私恥ずかしながら30すぎから頭頂部を中心として薄毛に悩まされており、現在リアップが欠かせません。これまでいろいろ試してみましたが、自分にはリアップが一番あっているようで、はげ止まりを確認しております。

最初は近所のドラッグストアで買っていたのですが、恥ずかしいのと必ず薬剤師さんから買わねばならないのが面倒だったので、今は楽天で購入中です。ネットなので24時間営業!(※アメリカ株(米国株)投資家としては当然アマゾン(AMZN)で買いたかったのだが、リアップは取り扱っていませんでした、、、残念!!)

日々多毛多忙なうす毛中高年ビジネスマンにはもってこい!

以下クリックしてお試しあれ。(※まずは会員登録(もちろん無料)が必要です。)

 
  

 

<管理人の自己紹介コーナー その2>

 

若い頃は暴飲暴食三昧、にもかかわらず会社の定期健診でもさしたる異常は見つからず。

すっかり、いい気になっていたら、、、、

35歳を超えた頃から毎年数値が急上昇(株価の上昇はウェルカムなのだが、、)、特に管理人の場合深刻なのは血糖値とコレステロール値。正常値超えの常連となり、今では定期的な数値チェックが欠かせません。

血糖値とコレステロールの大敵と言えば、甘いものと油もの。

しかしその両方が大好物な人間にとって、これを控えることは拷問・苦行以外の何物でもありません。(頭だけは苦行僧の風情なのだが、、)

そんな時に「ピーナッツの効用」について、ある情報番組が取り上げていました。

なんでもアメリカの大学が30年にわたって12万人の食生活を調べた研究では、「血管を健康にして死亡率を飛躍的に下げる食材」として注目されたのがピーナッツだったとのこと。

ピーナッツに含まれる油がコレステロール値をさげるほか、血管を強くしたり、糖尿病を軽減したりと、様々な効果を発揮するそうです。

そんな内容に思わず「ガッテン」ということで早速購入を開始。

甘いもの・油ものの代わりに毎日ピーナッツを食べております。

ただ、あまりのおいしさに一日の適正量20粒をまったく守れていないのが大問題でして、、、(これじゃ意味ないか?)

送料と宅配業者さんの業務量軽減に考慮して(?)アマゾン(AMZN)でまとめ買いしています。(アメリカ株(米国株)投資家としては、当然楽天よりアマゾンでしょう!)

 

ご興味ある方はどうぞ。

 

 

正直者 | 銘柄研究 | 04:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
  • 配当収入100万円を超えて見える世界
    管理人 (07/09)
  • いろいろ悩んだ結果、購入した銘柄、結局決め手となったのは?
    管理人 (07/09)
  • いろいろ悩んだ結果、購入した銘柄、結局決め手となったのは?
    yazirobe777 (07/09)
  • ロイヤルダッチシェル(RDSB)より配当受領、7%近い配当利回りの威力を実感
    管理人 (07/01)
  • ロイヤルダッチシェル(RDSB)より配当受領、7%近い配当利回りの威力を実感
    yazirobe777 (07/01)
  • ロイヤルダッチシェル(RDSB)より配当受領、7%近い配当利回りの威力を実感
    管理人 (06/30)
  • ロイヤルダッチシェル(RDSB)より配当受領、7%近い配当利回りの威力を実感
    いしはら (06/30)
  • 業界の巨人「ネスレ」ついに動く! しかし決して買えません、なぜなら、、、
    管理人 (06/29)
  • 業界の巨人「ネスレ」ついに動く! しかし決して買えません、なぜなら、、、
    yazirobe777 (06/29)
  • アメリカ株(米国株)投資家が陥りやすい病(やまい) あなたは大丈夫ですか?
    管理人 (06/25)
MOBILE
qrcode
OTHERS