<< 今回は久しぶりに「増配王」銘柄達のその後を追ってみました | top | ジョンソン&ジョンソン(JNJ)から配当を受領  いつかバフェットを見返す日は来るのか、、 >>

配当収入が増えれば増えるほど痛感する〇〇の偉大さとは

 

 

 

 

 

 

さて、早いもので今年もほぼ半分が過ぎましたが、順調に配当金が積み上がっています。

 

以前円ベースでは1ドル=109円程度であれば、年間200万円の大台が達成可能と書きましたが、ますます達成の可能性が高くなってきました。

 

配当金額の増加、特に100万円の大台を超えてから生じた変化と言えば、


まずは、

 


株価の変動に一喜一憂しなくなったこと

 


が挙げられます。

 

これまでは、インカムゲイン投資家を謳いながらも、株価上昇によるキャピタルゲインを狙っている自分がいたことはまぎれもない事実です。

 

もちろん現在でもその気持ちがゼロになったわけではありませんが、その割合が配当金額の増加に半比例して減少してきたことはまぎれもない事実です。

 

日々の株価に一喜一憂することが、非常に少なくなってきました。

 

但しこれはアメリカ(米国)株がリーマンショック後、長期に渡り上昇を続けていることと無縁ではありませんが、、、、


そして、もう一つの大きな変化と言えば、

 


本業の偉大さ

 

 

を再認識したことです。

 

当方の場合は地方のサラリーマンですが、現在の地位(窓際という名の管理職?)もあり、同年代、特に都会の方に比べ給与は高くはありません(というか低いです。)。

 

それでも、なんとか妻子を養うだけの所得を得ているわけでして、、、、

 

大昔、植木等というコメディアンが、


「サラリーマンは〜〜♪、気楽な稼業ときたもんだ〜 (^^♪。」


と歌っていましたが、(今の若い方はご存じないとは思いますが、、、)

 

サラリーマンや公務員というのは、ある意味で非常に恵まれているのではないでしょうか。

 

極端な話、一日のうち結構な時間寝ていたとしても、給料日になればちゃんと給料をいただけるわけでして、、、、、(わっ、私のことではあっ、ありません。)

 

 

  いっ、いかん、、意識が、、、、

 

 

そこまではいかなくても、


「あの人、いったい毎日何やってるんだ?」


と言われている人が、会社や役所に一人や二人、必ずいるのではないでしょうか?(わっ、私がその一人というわけではあっ、ありません。)


一方のインカムゲインですが、これまで血と汗と涙ほとんどでがんばってきても(?)、現在でもようやく200万程度の配当。

 

それも税込みで、、、、


 

まさに、本業の偉大さを実感しているところであります。

 


皆さん、くれぐれも本業をおろそかにしていはいけません。


P.S.

植木等のサラリーマン、お気楽でうらやましいよなぁ〜。

 

  

 

 

ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



      


 

 

<管理人の自己紹介コーナー その1>

 

私事にて恐縮ですが、実は私恥ずかしながら30すぎから頭頂部を中心として薄毛に悩まされており、現在リアップが欠かせません。これまでいろいろ試してみましたが、自分にはリアップが一番あっているようで、はげ止まりを確認しております。

最初は近所のドラッグストアで買っていたのですが、恥ずかしいのと必ず薬剤師さんから買わねばならないのが面倒だったので、今は楽天で購入中です。ネットなので24時間営業!(※アメリカ株(米国株)投資家としては当然アマゾン(AMZN)で買いたかったのだが、リアップは取り扱っていませんでした、、、残念!!)

日々多毛多忙なうす毛中高年ビジネスマンにはもってこい!

以下クリックしてお試しあれ。(※まずは会員登録(もちろん無料)が必要です。)

 
  

 

<管理人の自己紹介コーナー その2>

 

若い頃は暴飲暴食三昧、にもかかわらず会社の定期健診でもさしたる異常は見つからず。

すっかり、いい気になっていたら、、、、

35歳を超えた頃から毎年数値が急上昇(株価の上昇はウェルカムなのだが、、)、特に管理人の場合深刻なのは血糖値とコレステロール値。正常値超えの常連となり、今では定期的な数値チェックが欠かせません。

血糖値とコレステロールの大敵と言えば、甘いものと油もの。

しかしその両方が大好物な人間にとって、これを控えることは拷問・苦行以外の何物でもありません。(頭だけは苦行僧の風情なのだが、、)

そんな時に「ピーナッツの効用」について、ある情報番組が取り上げていました。

なんでもアメリカの大学が30年にわたって12万人の食生活を調べた研究では、「血管を健康にして死亡率を飛躍的に下げる食材」として注目されたのがピーナッツだったとのこと。

ピーナッツに含まれる油がコレステロール値をさげるほか、血管を強くしたり、糖尿病を軽減したりと、様々な効果を発揮するそうです。

そんな内容に思わず「ガッテン」ということで早速購入を開始。

甘いもの・油ものの代わりに毎日ピーナッツを食べております。

ただ、あまりのおいしさに一日の適正量20粒をまったく守れていないのが大問題でして、、、(これじゃ意味ないか?)

送料と宅配業者さんの業務量軽減に考慮して(?)アマゾン(AMZN)でまとめ買いしています。(アメリカ株(米国株)投資家としては、当然楽天よりアマゾンでしょう!)

 

ご興味ある方はどうぞ。

 

 

正直者 | コラム | 05:46 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
こんにちは

本業の収入を株の配当で得ようとするなら何億円の原資が必要です。
そう思うと本業はすごい資産です。
ご指摘のようにおろそかにできませんね。(あと、社会保障費も支払いが楽です。)

本業の一部を投資に回し続けて本業収入を超えるようになればリタイアも可能ですね。

posted by yazirobe777 ,2017/06/18 10:43 AM

yazirobe777さん

お久しぶりです。コメントありがとうございます。
コメントのとおり、例えば500万円の収入を配当で得ようとすれば、利回り5%の銘柄でも1億円が必要ですから、これは大変なことですよね。

本業収入を超えられればベストシナリオですが、、、
その意味ではもっともっと若い頃から米国株への投資をスタートしていれば、と今となっては後悔しています。

posted by 管理人 ,2017/06/18 5:46 PM










Trackback
URL:

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
  • 配当収入100万円を超えて見える世界
    管理人 (07/09)
  • いろいろ悩んだ結果、購入した銘柄、結局決め手となったのは?
    管理人 (07/09)
  • いろいろ悩んだ結果、購入した銘柄、結局決め手となったのは?
    yazirobe777 (07/09)
  • ロイヤルダッチシェル(RDSB)より配当受領、7%近い配当利回りの威力を実感
    管理人 (07/01)
  • ロイヤルダッチシェル(RDSB)より配当受領、7%近い配当利回りの威力を実感
    yazirobe777 (07/01)
  • ロイヤルダッチシェル(RDSB)より配当受領、7%近い配当利回りの威力を実感
    管理人 (06/30)
  • ロイヤルダッチシェル(RDSB)より配当受領、7%近い配当利回りの威力を実感
    いしはら (06/30)
  • 業界の巨人「ネスレ」ついに動く! しかし決して買えません、なぜなら、、、
    管理人 (06/29)
  • 業界の巨人「ネスレ」ついに動く! しかし決して買えません、なぜなら、、、
    yazirobe777 (06/29)
  • アメリカ株(米国株)投資家が陥りやすい病(やまい) あなたは大丈夫ですか?
    管理人 (06/25)
MOBILE
qrcode
OTHERS