<< 7月と言えば決算発表の季節 ペプシコ(PEP)は幸先よし 一方コカ・コーラ(KO)は? | top | 今後の決算発表スケジュールをまとめてみました。注目銘柄目白押し! >>

アルトリアから配当受領 これぞ長期投資の醍醐味 利回りなんと10%!

 

 

 

 

 

 

7月12日に持株アルトリア(MO)からの配当金を受領しました。

 

アルトリアを初めて購入したのは2008年10月、その後2011年、2012年の2年間でそれぞれ2度ずつ買い増しして現在に至ります。

 

購入理由ですが、なんと言っても、

 

 

シーゲルランキングで堂々の第1位であったこと

 

 

が一番の理由でした。

 

 

ということで、早速今や恒例となっているこれまでの配当金を確認してみることに。

※スノーボール投資(配当再投資)を継続する限りドルベースでよいのですが、わかり易いよう円での推移にしております。

 

さすがは増配率の高さを誇る銘柄だけあって、買い増し&円安の影響も相まってほぼ順調に配当額を伸ばしているのが見て取れます。

 

そして現在までの配当受領総額ですが、総投資額約240万円に対して約110万円とついに100万円を突破

 

(※もちろんこれは円ベースでの評価額の話であり、実際にはドルのまま買い増し資金としていますので、あくまで たら・れば ですが、目安(というか励み)にはなると考えています。)

 

 

投資回収率(配当受領総額 ÷ 総投資額)は8年半でなんと約45%にまで到達

 

 

以下は配当を受領した年以降の増配率の推移です。

 

 

 

 

この期間8年間の平均はちょうど10%と文句なし。

 

20%を超えた2009年を除いて計算しても、8.4%は立派というほかありません。

 

 

この結果、総投資額に対する配当利回りは10%に迫るレベルになっています。

 

 

連続増配、それも高増配率の銘柄へ長期に渡って投資することがいかにすばらしいものか、まざまざと見せつけてくれた、それがアルトリアであります。

 

 

ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



  

       


 

 

正直者 | 個別銘柄配当実績 | 04:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
  • フィリップモリス(PM)の第1四半期決算 空前の株価大暴落で再認識した株式投資の常識
    管理人 (04/22)
  • フィリップモリス(PM)の第1四半期決算 空前の株価大暴落で再認識した株式投資の常識
    yazirobe777 (04/21)
  • 日本たばこ産業(2914)かゼネラルミルズ(GIS)か、冷静に数字を比較して下した決断とは
    管理人 (04/18)
  • 日本たばこ産業(2914)かゼネラルミルズ(GIS)か、冷静に数字を比較して下した決断とは
    団塊 (04/18)
  • 確定申告で税務署から還付されるのは所得税だけです。 では住民税は? ご参考まで
    正直者 (03/27)
  • 確定申告で税務署から還付されるのは所得税だけです。 では住民税は? ご参考まで
    あずみ (03/27)
  • 配当総額に見る日米格差 これだから米国株投資は止められない
    正直者 (03/26)
  • 配当総額に見る日米格差 これだから米国株投資は止められない
    ピーコック (03/26)
  • 新たな柱現る! 2月28日時点のポートフォリオを開示いたします
    正直者 (03/11)
  • 新たな柱現る! 2月28日時点のポートフォリオを開示いたします
    yazirobe777 (03/11)
MOBILE
qrcode
OTHERS
お薦め情報

アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならこちらで



米国株銘柄が充実、まずは講座開設




LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH