<< 「マック復活!」とまでマスコミに書かれたマクドナルド(MCD)の第2四半期決算、はたして本物か | top | ベライゾン(VZ)の第2四半期決算発表 純利益がなんと6倍! でも素直には喜べない理由 >>

コカ・コーラ(KO)の第2四半期決算発表 もはや第2のIBM? いやそれ以上のこの会社 どうするバフェット!

 

 

 

 

 

現地時間の7月26日にリリースされたコカ・コーラ(KO)の第2四半期決算の内容は、以下のとおり、ある意味驚愕の数字が並びました。

 

 

 

売上高は前年同期比で16%の減収。第1四半期が11%の減収でしたから、さらに減収幅が広がっている状況。

 

これでなんと9四半期連続の減収となります。IBMには及ばないものの問題はIBMをはるかに上回る減収率

 

 

但し、数量ベースではオーガニック商品が伸びたこともあり、アジア以外で増収を確保しほぼ前年同期並みとなっており、セグメント別にみると減少分は前年同期比で46%減のボトリング事業に集中していることがわかります。

 

当事業の再フランチャイズ化、つまりボトリング事業の分離と事業売却の推進がその理由。

 

営業利益は前年同期比で27%もの大幅減益。売上と同じく第1四半期の減益幅21%を超える悪化率となっています。

 

 

そのセグメント別の内訳は以下のとおり。

 

 

 

リリースされた資料では費用の明細が開示されていませんが、売上総利益率では当四半期は62.3%となっており、前年同期の61.3%を1%上回っていること、またボトリング事業以外のセグメント合計では増益となっていますから、主要因はそれ以外の販売管理費等の増加、それもボトリング事業関連の費用の増加による赤字化がその主要因となっているのがわかります。

 

 

結局、減収・減益の主要因は、ボトリング事業の再フランチャイズ化ということなのですが、今後の焦点は、再フランチャイズ化完了後の収益が果たして改善するのか?ということになります。

 

まあ自社事業分も横ばいですから、ライバルペプシコ(PEP)と違いほぼドリンク事業に特化している会社として、炭酸飲料からオーガニック等健康飲料への移行がスムーズに進むかどうかも焦点かと。

 

ということで、中身はともかく、会社全体の数字のみで見れば第2のIBM? いやいやそれ以上の低迷ぶり。

 

 

こうなるとがぜん注目されるのが、大株主であるバフェットの対応。


ご存知のとおりコカ・コーラ=バフェットと言われるほどの代名詞的銘柄であり、現在の保有株数は2017年3月末現在で4億株、時価総額にして日本円でなんと2兆円超!

 

また本人もチェリーコークを毎日愛飲するほどのコカ・コーラ好き。

 

とは言え、こと投資となれば話は別。

 

IBMを見限ったように、

 

 

”バフェット、ついにコカ・コーラ株売却!”

 

 

の見出しが躍る日も刻々と近づいているような気がするのは当方一人だけではないでしょう。

 

決算発表後の株価は市場予想は上回ったということ、また一部メディアでは「事業スリム化の取り組み効果が表れている。」と好意的に評価したこともあってやや上昇。

 

現在の配当利回りは3%少々と魅力に欠けますし、前回同じような状況下のIBMへ少額とはいえ投資して痛い目を見ているだけに

 

 

「今はちょっと手は出せないな〜。」というのが本音です。

 

 

ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。

      
 

 


正直者 | 決算発表 | 06:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
  • 適正なポートフォリオとは? バフェット太郎さんの秘密の?ポートフォリオと比較してみました
    管理人 (11/16)
  • 適正なポートフォリオとは? バフェット太郎さんの秘密の?ポートフォリオと比較してみました
    yazirobe777 (11/15)
  • 日産(7201)の第2四半期決算発表 通期予想を下方修正 やはり日本株には縁がないんでしょうかねぇ〜
    管理人 (11/09)
  • 日産(7201)の第2四半期決算発表 通期予想を下方修正 やはり日本株には縁がないんでしょうかねぇ〜
    チョコ (11/09)
  • ベライゾン(VZ)の第3四半期決算 競争激化を示す数字にほっと一安心した理由とは
    管理人 (10/22)
  • ベライゾン(VZ)の第3四半期決算 競争激化を示す数字にほっと一安心した理由とは
    チョコ (10/22)
  • 投資基準からの逸脱をあえて敢行しようか。 その理由はアメリカ株より大切なものを守るため
    管理人 (10/14)
  • 投資基準からの逸脱をあえて敢行しようか。 その理由はアメリカ株より大切なものを守るため
    ちうちう (10/14)
  • 【速報】AT&T(T)第3四半期の売上・利益予想を引き下げ! しかしこの理由であればチャンス到来?
    管理人 (10/13)
  • 【速報】AT&T(T)第3四半期の売上・利益予想を引き下げ! しかしこの理由であればチャンス到来?
    チョコ (10/13)
MOBILE
qrcode
OTHERS
お薦め情報

アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならこちらで



米国株銘柄が充実、まずは講座開設




コラム
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH