<< プロクター&ギャンブル(PG)の第4四半期決算  物言う株主のプレッシャーは効いたのか? | top | 「次は何を買おうかリスト」をアップデートしました。 銘柄検討用の参考になれば幸いです。 >>

ファイザー(PFE)の第2四半期決算 純利益50%増 1株利益53%増のからくりはこちら

 

 

 

 

 

 

 

季節は早くも8月、ということで12月が決算期の会社の決算発表もすでに最終コーナーへ、ファイザー(PFE)が現地時間の8月1日に第2四半期決算を発表していたので、早速チェック。

 

 

 

 

売上高は前年同期比で2%減となりましたが、特殊要因(輸液ポンプ事業売却)と為替の影響を除いた場合は2%の増加。

 

また利益は、純利益が50%の増加、1株利益(潜在株式調整後)も53%の増加というすごい数字が並んでいますが、企業買収と売却等の特殊要因を除いた場合はそれぞれ3%増、5%増となっており、まずまずといったレベルではないでしょうか。

 

利益の増加要因は、以下のとおり販売管理費と研究開発費はほぼ横ばいとなっており、売上原価の減少が大きく寄与していますから、良い傾向と言えるでしょう。

 

 

 

 

同時に発表した通期予測では、1株利益(潜在株式調整後)をわずかながら引き上げ(0.02ドル)、2.54ドル〜2.60ドルとしています。

 

このレベルでの現在のPERは12倍台、また配当利回りは4%弱と利回りがもう少し上がってくれれば、”買い増し候補の仲間入り”、といった感じでしょうかねー。

 

それにしてもファイザーのような企業の場合は、特殊要因を除外した数字抜きでは正しい姿がまったく見えません。

 

今回の”前年同期比純利益50%増、1株利益53%増”がいい例でしょう。

 

ファイザーのような企業とは、

 

 

”買収と売却を極めて頻繁に行う企業

 

 

”という意味です。

 

ファイザーはこれを行うことでその規模を拡大し、巨大企業となった典型例と言えます。

 

尚、今回の決算でも以下の買収・売却が影響を与えている、との説明がされていました。

 

 

 

<買収(取得)>
 

・Anacor Phamaceuticals Inc.
 

・Medivation, Inc.
 

・AstraZeneca(アストラゼネカ)の一部事業の開発・商品化の権利
 

<売却>
 

・Hospira Infusion Systems
 

 

それにしてもこれだけ頻繁に買収等を行いつつ、増収・増益を達成しているわけですから、たいしたものですよね。(そのための買収と言ってしまえばそれまでですが、言うは易く行うは難しの面が多々あるわけでして、、、)
 

 

まさに買収のプロと言ってもいいくらいのこの企業、

 

 

その爪の垢を煎じた薬を買収ベタの多くの日本企業の高値で販売すれば、結構な利益が得られるのでは?

 

 

などと妄想しております、、、

 

 

ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



      
 

 


正直者 | 決算発表 | 04:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
  • 適正なポートフォリオとは? バフェット太郎さんの秘密の?ポートフォリオと比較してみました
    管理人 (11/16)
  • 適正なポートフォリオとは? バフェット太郎さんの秘密の?ポートフォリオと比較してみました
    yazirobe777 (11/15)
  • 日産(7201)の第2四半期決算発表 通期予想を下方修正 やはり日本株には縁がないんでしょうかねぇ〜
    管理人 (11/09)
  • 日産(7201)の第2四半期決算発表 通期予想を下方修正 やはり日本株には縁がないんでしょうかねぇ〜
    チョコ (11/09)
  • ベライゾン(VZ)の第3四半期決算 競争激化を示す数字にほっと一安心した理由とは
    管理人 (10/22)
  • ベライゾン(VZ)の第3四半期決算 競争激化を示す数字にほっと一安心した理由とは
    チョコ (10/22)
  • 投資基準からの逸脱をあえて敢行しようか。 その理由はアメリカ株より大切なものを守るため
    管理人 (10/14)
  • 投資基準からの逸脱をあえて敢行しようか。 その理由はアメリカ株より大切なものを守るため
    ちうちう (10/14)
  • 【速報】AT&T(T)第3四半期の売上・利益予想を引き下げ! しかしこの理由であればチャンス到来?
    管理人 (10/13)
  • 【速報】AT&T(T)第3四半期の売上・利益予想を引き下げ! しかしこの理由であればチャンス到来?
    チョコ (10/13)
MOBILE
qrcode
OTHERS
お薦め情報

アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならこちらで



米国株銘柄が充実、まずは講座開設




コラム
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH