<< ベストシナリオとワーストシナリオを考えることの重要性 | top | 大注目のメーシーズ(M)の第2四半期決算 前年同期2倍以上の好決算も かっ株価が、、、 >>

マクドナルド絶好調! しかしこちらのマック(2702)には決して投資できない理由

 

 

 

 

 

 

 

マクドナルド、と言っても今回は日本のマックのお話。
 

日本マクドナルド(2702)が8月9日に発表した第2四半期決算は、以下のとおり復活を強く印象付ける結果となりました。
 

 

 

 

カサノバ社長も会見で”成長を強く実感している”旨の発言をしており、ようやく低迷から脱却した、といった感じでしょうか。
 

尚、店舗数の増減をみると、前期末比では以下のとおり減少しているわけで、店舗当たりの売上が大きく伸びたことが推測できます。

 

 

 

 

その要因は矢継ぎ早に発売した以下の商品及びイベントが好評を博したからでしょう。

 

 

・しょうが焼きバーガー(ニックネーム:ヤッキ―)
 

・本格肉厚ビーフバーガー「グラン」
 

・マックの裏メニュー2
 

・グランドビッグマック、ギガビグマック
 

・新作チキンタルタ
 

・てりたま
 

・第1回マクドナルド総選挙

 

 

ということで、現在右肩上がりのマックですが、

 

 

残念ながら当方としては投資対象とはなり得ません。
 

 

以下は2010年以降の日本マクドナルドの増配率の推移です。
 

 

 

 

この表は何かの間違い?

 

 

では決してなく、マクドナルドは1株配当30円のまま、ここ最近は増配を実施していないのです。
 

そして業績好調にもかかわらず、今回の決算発表でも期末の予想配当を30円で据え置きました。

 

かたや本家アメリカのマック(MCD)の増配率は?と言えば以下のとおり。
 

 

 

 

ここ最近は若干増加率が低下しているとは言え、2016年までなんと40年連続増配中。
 

また、すでにご報告したとおり今年の決算は好調、増配率のアップも期待できます。
 

 

何やかや言っても、結局日本マクドナルドは米国マックの子会社。
 

 

結局は親会社の手のひらの内(統括下)にあるわけで、少なくともインカムゲイン投資家としては、親に投資していれば安心と言えるでしょう。

 

 

ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



      
 

 


正直者 | 銘柄研究 | 04:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
  • 配当収入100万円を超えて見える世界
    管理人 (07/09)
  • いろいろ悩んだ結果、購入した銘柄、結局決め手となったのは?
    管理人 (07/09)
  • いろいろ悩んだ結果、購入した銘柄、結局決め手となったのは?
    yazirobe777 (07/09)
  • ロイヤルダッチシェル(RDSB)より配当受領、7%近い配当利回りの威力を実感
    管理人 (07/01)
  • ロイヤルダッチシェル(RDSB)より配当受領、7%近い配当利回りの威力を実感
    yazirobe777 (07/01)
  • ロイヤルダッチシェル(RDSB)より配当受領、7%近い配当利回りの威力を実感
    管理人 (06/30)
  • ロイヤルダッチシェル(RDSB)より配当受領、7%近い配当利回りの威力を実感
    いしはら (06/30)
  • 業界の巨人「ネスレ」ついに動く! しかし決して買えません、なぜなら、、、
    管理人 (06/29)
  • 業界の巨人「ネスレ」ついに動く! しかし決して買えません、なぜなら、、、
    yazirobe777 (06/29)
  • アメリカ株(米国株)投資家が陥りやすい病(やまい) あなたは大丈夫ですか?
    管理人 (06/25)
MOBILE
qrcode
OTHERS