<< アメリカ銘柄の営業利益と日本銘柄のそれを単純比較すると投資判断を誤ってしまう理由(わけ) | top | 第二のIBMとなり得るダウ構成銘柄を発見? 単なる勘違いに終わってくれれば良いのですが、、、 >>

P&Gを乗っ取る気は? ネルソン氏からの手紙「P&Gの皆さんへの特別なメッセージ」を読んでわかった事

 

 

 

 

P&Gの株式に35億ドルを投資、保有しているトライアン ファンド マネジメントを率いるネルソン ペルツ氏が「P&Gの皆さんへの特別なメッセージ」と題する手紙を従業員とOBへ送付したことが明らかになりました。

 

P&Gはトライアン ファンドが株式を取得した後「ペルツ氏によって会社が変わるのでは?」との期待もあって株価は上昇基調に転じています。

 

 

 

 

 

手紙の目的はもちろん10月10日の年次総会での役員選任に関し、自らに投票するようアピールするものですが、今回は手紙の内容で注目した点を取り上げてみました。

 

 

・「トライアンにおいては、同社の長期的な成長に投資するために取締役及びマネジメントチームと共に協力して業務を行っています。私が会社の取締役として(投資先に)勤めている時、私たちは平均7年間投資をしています。これは多くのミューチュアル ファンドよりも長く、実質的な改善を達成するのに十分な時間です。」

 

 

⇒ファンドですから、当然最終的には保有株を売却し利益を得ることが目的のわけですが、決して短期での売却ではなく、比較的長期に保有することを意図していることがわかります。

 

 

・「重要な点は、私は、

 

− 会社の解体を主張していない。

− CEOを替えるつもりはない。

− 取締役を替えることを望んでいない。

− 過度のレバレッジを取ることを主張していない

− 年金や退職者の医療給付の削減を望んでいない

− 研究開発(R&D)、マーケティング費用または設備投資の削減を提案していない。

− 製品の品質に影響を与える可能性のあるコスト削減を求めない

− 会社のシンシナティ―からの移転を示唆していない

 

ということです。」

 

 

⇒自分は単なる乗っ取り屋ではなく、取締役及び従業員等あくまで現在のメンバーと製品の品質、マーケットシェアを高め、より良い会社にするために共に歩んで行くつもりであることをアピールしています。

 

 

これらの内容が本心から出ているものであれば、賛同する株主も少なからずいるとは思いますが、額面通りに受け取るわけにはいかない、というのが本音でしょう。

 

いずれにしても10月10日の総会が注目ですが、株主としてペルツ氏が取締役となってP&Gがどのように変わるのか、是非見てみたい気がしています。

 

 

ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



      
 

 


正直者 | 銘柄研究 | 18:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
  • 通信大手銘柄への追加投資を検討中 著名ブロガーさんの回答に勇気づけられました その方とは
    正直者 (12/14)
  • 通信大手銘柄への追加投資を検討中 著名ブロガーさんの回答に勇気づけられました その方とは
    たぱぞう (12/14)
  • バフェットさん、隠してもダメですよ 証拠はあがってるんですよ! あなたGEに未練がありますね!!
    正直者 (12/12)
  • バフェットさん、隠してもダメですよ 証拠はあがってるんですよ! あなたGEに未練がありますね!!
    そだお (12/11)
  • 「米国株投資で誰もがお金持ちになれます!」的なことをお金持ちになっていない人が書いてはいけない理由
    管理人 (11/30)
  • 「米国株投資で誰もがお金持ちになれます!」的なことをお金持ちになっていない人が書いてはいけない理由
    たぱぞう (11/30)
  • 米国株はすでにバブル!? この村に行くとその理由がわかります。
    管理人 (11/30)
  • 米国株はすでにバブル!? この村に行くとその理由がわかります。
    シーゲル二郎 (11/29)
  • コカコーラ(KO)が第二のGEとなり得ると考えるこれだけの理由
    管理人 (11/27)
  • コカコーラ(KO)が第二のGEとなり得ると考えるこれだけの理由
    管理人 (11/27)
MOBILE
qrcode
OTHERS
お薦め情報

アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならこちらで



米国株銘柄が充実、まずは講座開設




コラム
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH