<< ファイザー(PFE)の第3四半期決算 純利益2倍も実力は10%増 に満足の理由 | top | 【速報】ブロードコム(AVGO)がクアルコム(QCOM)買収模索 配当のすごさに心動く! >>

「次は何を買おうかリスト」をアップデートしました。 銘柄検討用の参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

月日の経つのは早いもので、前回作成した「次は何を買おうかリスト」作成から1ヵ月が過ぎました。

 

ということで早速10月末時点のリストを作成しました。

 

 

 

 

 

前月はケロッグを新たに銘柄に追加しましたが、今月は以前紹介させていただいたキンバリー クラークを新たに仲間入りさせています。

 

キンバリー クラークは、大手保健・衛生用品メーカーですが、何と言っても日本ではティッシュペーパーのクリネックスとスコッティが有名でしょう。
 

今回追加した理由は、なんと言っても現在まで43年連続増配という輝かしい実績。
 

ここ数年は売上の方は完全に頭打ちの状況ですが、そんな中でも特殊要因を除いた場合10%以上の営業利益を確保しており、また業種的に安定感があると思われることから今回の追加となりました。

 

 

前月との比較で言えば、注目は第2位のAT&Tでしょう。利回りは前月の5.0%から5.8%へとジャンプアップ。
 

これまではリストラ中のいわくつき銘柄であるメーシーズを除いて実質1位だったロイヤル ダッチ シェルをついに追い越しての実質1位を獲得。
 

10月に入り下落を続けていましたが、現地時間10月24日に発表した決算が減収減益で市場予想も下回ったこともありさらに下落、つまり利回りの上昇となったわけです。
 

ご存知のとおり、現在も交渉継続中とは言えスプリントとTモバイルの統合が破談となった場合、今後さらなる安値競争にさらされる可能性もあり、なかなか厳しい状況が続く可能性はあります。
 

しかし、現在買収の承認待ちとなっているタイム・ワーナーが予定通り今年中に承認されれば自体は変わると思っています。

 

その意味では、次回12月の買い増し時には、有力な買い増し候補であることに変わりありません。

 

また5位のゼネラル エレクトリックについても、4.0%から4.7%へと大幅に利回りが上昇していますが、こちらは状況が異なります。
 

決算発表でCEOが将来の減配を認める発言をしただけに、インカムゲイン投資家としては手を出すわけにはいきません。

 

尚、3位のロイヤル ダッチ シェルについては、原油価格等の上昇による株価上昇で前月の6.0%から5.8%へとついに6%を割るレベルとなっています。

 

以上、来月の買い増しをにらんで、そろそろ候補の絞り込みをはかり始めております。

 

本データが皆さんの銘柄選びの一助となれば幸いです。

 

 

 

ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



      
 

 


正直者 | 次は何を買おうかリスト | 05:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
  • バフェット太郎さんの推奨銘柄30種を確認してわかった驚きの事実
    正直者(管理人) (05/26)
  • バフェット太郎さんの推奨銘柄30種を確認してわかった驚きの事実
    AILEX (05/26)
  • 次は何を買おうかリスト 営業キャッシュフローマージン編
    管理人 (05/22)
  • 次は何を買おうかリスト 営業キャッシュフローマージン編
    tetsu (05/22)
  • 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由
    管理人 (05/11)
  • 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由
    yazirobe777 (05/10)
  • 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由
    管理人 (05/10)
  • 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由
    管理人 (05/10)
  • 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由
    けん (05/10)
  • 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由
    団塊 (05/10)
MOBILE
qrcode
OTHERS
お薦め情報

アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならこちらで



米国株銘柄が充実、まずは講座開設




LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH