<< 配当半減のゼネラル エレクトリック(GE) 冷静に数字を確認して下した判断とは | top | ポートフォリオ比較 バフェット太郎さんの次は本物と比べてみました >>

バフェットはIBMは見捨て、アップルを買い増し、コカ・コーラは見離さず、そしてバンカメを、、、 全銘柄情報はこちら

 

 

 

 

 

 

11月15日(現地時間11月14日)はバフェット率いるバークシャー ハザウェイの9月末日時点の保有株情報がSECでリリースされる日、ということで早速チェック。


以下がその全銘柄の保有株数情報の前の四半期(6月30日時点)との比較表になります。

 

 

 

 

 

注目は以下の3点(黄色部)

 

上から順番に、

 

NO.3 アップル(AAPL)の買い増し継続

 

NO.5 バンク オブ アメリカ(BAC)の優先株を普通株式へ転換実行

 

そして、

 

NO.15 IBMの売却を継続

 

 

さらに言えば(緑部)、

 

NO.7 ソフトバンクが興味を示しているチャーター コミュニケーションズ(CHTR)の売却

 

NO.8 コカ・コーラ(KO)の保有株数には変更なし

 

 

それと、

 

NO.44 ウェルズ ファーゴ(WFC)の売却

 

 

でしょうか。

 

 

続いて金額(時価)ベースでの一覧(上位10銘柄)は以下のとおり。

 

 

 

 

買い増しによって、いよいよアップル(第3位)がトップを伺える位置にまで来ているのがわかります。

 

また、普通株へ転換したバンカメがいきなりトップ5にランクイン。

 

一方のIBM(8位)はこのままフェードアウトしてしまう勢い。

 

アマゾンの将来性を見抜けなかったこと等、正直バフェットに以前ほどの神通力があるとは思いませんが、やはりその動向は気になるものです。

 

特に22四半期連続で減収を継続中とは言え、日本でもホルダーが非常に多いIBMを見限った点については、賛否両論でしょう。

 

また、すでにウェルズ ファーゴを多額に保有しているにもかかわらず、今回新たに同セクターのバンカメもトップ5へ躍り出たということで、ウェルズ ファーゴを一部売却しているとは言え、金融株が2頭立て状態に。

 

いずれにしても今後も目が離せません。

 

 

それにしても、9月末時点の時価総額が円ベースでなんと20兆円!(国家予算か)

 

 

スノーボール投資の威力をまざまざと見せつけていることだけは確かです。

 

 

ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



      
 

 


正直者 | バフェット | 04:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
  • 通信大手銘柄への追加投資を検討中 著名ブロガーさんの回答に勇気づけられました その方とは
    正直者 (12/14)
  • 通信大手銘柄への追加投資を検討中 著名ブロガーさんの回答に勇気づけられました その方とは
    たぱぞう (12/14)
  • バフェットさん、隠してもダメですよ 証拠はあがってるんですよ! あなたGEに未練がありますね!!
    正直者 (12/12)
  • バフェットさん、隠してもダメですよ 証拠はあがってるんですよ! あなたGEに未練がありますね!!
    そだお (12/11)
  • 「米国株投資で誰もがお金持ちになれます!」的なことをお金持ちになっていない人が書いてはいけない理由
    管理人 (11/30)
  • 「米国株投資で誰もがお金持ちになれます!」的なことをお金持ちになっていない人が書いてはいけない理由
    たぱぞう (11/30)
  • 米国株はすでにバブル!? この村に行くとその理由がわかります。
    管理人 (11/30)
  • 米国株はすでにバブル!? この村に行くとその理由がわかります。
    シーゲル二郎 (11/29)
  • コカコーラ(KO)が第二のGEとなり得ると考えるこれだけの理由
    管理人 (11/27)
  • コカコーラ(KO)が第二のGEとなり得ると考えるこれだけの理由
    管理人 (11/27)
MOBILE
qrcode
OTHERS
お薦め情報

アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならこちらで



米国株銘柄が充実、まずは講座開設




コラム
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH