<< ディフェンシブ銘柄なのに、、 最近のアルトリア(MO)に感じる違和感とは? | main | ボーイング(BA) 四半期配当20%増配&自社株買い発表! 購入対象として検証したわかった非常に悩ましい結果とは >>
2017.12.13 Wednesday

通信大手銘柄への追加投資を検討中 著名ブロガーさんの回答に勇気づけられました その方とは

0

     

     

     

     

     

     

    師走もまさに日々師走のごとく過ぎ去り、間もなくクリスマス。
     

    ということで、もうすぐ楽しいクリスマスプレゼントがいただける予定。

     

     

     

       

     

     

     

    プレゼントって子供から?
     

    いえいえ、それはこっちがあげる側(泣)。
     

     

    では、奥さんから?
     

    いえいえ、もう何十年もいただいていません(涙)。

     

     

    それは自分から自分へのプレゼント。
     

    しかも海外から。
     

    それもお金を払うどころか、なんといただけるという。
     

    ということで、正解は12月21日頃を予定しているロイヤルダッチシェル(RDSB)からの配当金。

     

    なぁんだ〜。なんて言わないでください。
     

    当人からすれば、十分プレゼントに値します。
     

    クリスマスには少々早いですが、十分すぎるほど立派なプレゼント。
     

     

    なぜならこの配当金の受領をもって待ちに待った3ヶ月ぶりの新たな投資が可能だから。

     

     

    投資対象については「次は何を買おうかリスト」をはじめこれまでずっと検討してきていますが、現時点ではやはり通信大手のAT&T(T)ないしはベライゾン(VZ)の買い増しに落ち着きつつあります。

     

    参考までに12月12日現在の両銘柄の配当利回り及びPERは以下のとおり。

     


    ただ通信業界を取り巻く環境は、ネットワークの中立性規制撤廃という追い風はあるものの、成長鈍化、競争激化、さらには例えばAT&Tであればタイム・ワーナーの買収問題等もあり総じて逆風下と言えます。
     

    そんな中、ある方のブログ記事が目にとまりました。
     

     

    それはたぱぞうさんの「米国株ポートフォリオに高配当通信株は必要か」と題した12月9日付の記事。
     

     

    たぱそうさんと言えば、今更説明の必要もないでしょうが、バフェット太郎さん同様この世界で知らぬものはいない著名ブロガーです。
     

    その方が通信銘柄への投資について、インカムゲイン狙いを前提に肯定的な見方をされていました。

     

     

    自ら銘柄を選定し、その銘柄を辛抱強く保有し、さらに結果に対して責任のすべてを負う。
     

     

    ある意味非常に孤独な行為である投資の世界において、
     

     

    自分と考えを同じくする人が他にもいる

     

     

    ましてやその人は評論家ではなく自らも米国株投資の世界に身を置き、さらにその人の投資に対する考え方や姿勢に共感する多くのサポーターを持つ。
     

    いまだ試行錯誤、三歩進んで二歩下がる的な投資を続ける齢(よわい)ばかりを重ねた未熟な人間にとってこれほど勇気づけられることが他にあるでしょうか。
     

     

    もちろん投資は自己責任。
     

    その原則は十分腹落ちしているつもりです。
     

     

    そのたぱぞうさんのブログを万一まだ読まれていない方はこちらからどうぞ。
     

     

       たぱぞうの米国株投資

     

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

     


     

     

    クリスマスプレゼントなら 米国銘柄アマゾンで!

     

     

       

    コメント
    ご紹介ありがとうございます。

    インフラ企業としてしばらくは安泰でしょうし、業界が寡占ですからね。

    ただ、アプリによる通話、あるいは通話そのものの需要減などもろもろ技術革新が業績に反映され始めたときは逃げ時だと思います。
    とんでもありません。

    わざわざコメントいただき恐縮です。

    アドバイスありがとうございます。しばらくがどの位の年数なのかがわかれば苦労しないんですけどね〜。

    今後共宜しくお願い致します。

    • 正直者
    • 2017.12.14 Thursday 19:58
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    お薦め情報



    アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





    米国株銘柄が充実、まずは口座開設








    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • JT(2914)の工場見学の抽選にはずれてもこれ以上夫婦仲が悪化するはずがない、と確信できた理由
      正直者(管理人) (10/21)
    • JT(2914)の工場見学の抽選にはずれてもこれ以上夫婦仲が悪化するはずがない、と確信できた理由
      たくしんじ (10/21)
    • 私のプチ履歴書  檗‥蟷颪破足な結果を得るために最初にしたこととは?
      正直者(管理人) (10/21)
    • 私のプチ履歴書  檗‥蟷颪破足な結果を得るために最初にしたこととは?
      ぱんくん (10/20)
    • 同じ投資家にさえわかってもらえない話が一般市民(妻)にわかるはずもない、という悩みの話
      正直者(管理人) (10/19)
    • 同じ投資家にさえわかってもらえない話が一般市民(妻)にわかるはずもない、という悩みの話
      みずほ (10/19)
    • 株式投資よりはるかに大事 熟年離婚の危機? 最近妻の態度が明らかに変わってきました
      正直者(管理人) (10/18)
    • 株式投資よりはるかに大事 熟年離婚の危機? 最近妻の態度が明らかに変わってきました
      そだお (10/17)
    • 「国税庁、海外の隠し資産調査 40万件の口座情報を入手 」  当方にも調査の手が?
      正直者(管理人) (10/17)
    • 「国税庁、海外の隠し資産調査 40万件の口座情報を入手 」  当方にも調査の手が?
      kame (10/17)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM