<< 役員に呼ばれました、、、自社株売却の申請を提出してわかった当たり前の事実とは | top | 株式相場、為替が不安定な時こそ今一度確認し、腹落ちさせておきたいバフェットの言葉とは? >>

自社株を売却しAT&T(T)を購入した理由

 

 

 

 

 

タイトルのとおり自社株売却の資金でAT&T(T)を購入しました。
(自社株売却に関する記事はこちら⇒役員に呼ばれました、、、自社株売却の申請を提出してわかった当たり前の事実とは

 

 

銘柄選定にあたっては、「次は何を買おうかリスト」から配当利回り上位の銘柄を抽出し、これに日本銘柄で業績、配当利回り、増配率ともに魅力的な日本たばこ産業−JT(2914)を加えて検討を行いました。

 

 

 


JTに関する記事はこちら⇒日米タバコ銘柄対決 フィリップモリス(PM) vs JT(2914) あなたならどちらを選ぶ?

 

 

その結果最終的に購入に至ったのがAT&Tということになります。
 

 

やはり決め手は配当利回り。
 

 

今回の投資額は結構大きな額だったので当然複数銘柄への投資、という選択肢もあったわけですが、5.5%という利回りは大きな魅力でした。
(利回りだけを見ればロイヤルダッチシェルに軍配が上がりますが、現在ポートフォリオの約4割を占めているこの銘柄にこれ以上の投資をすることはできません。)

 

 

むろんここ数年の増配金額は判で押したように年0.04ドルとなっており、増配率は2%台に低迷(それも毎年暫減)していることは承知の上での購入。

 

 

 

 

さらに言えば、タラレバとなってしまいますが、タイム・ワーナー(TWX)の買収計画も大きなポイントと言えます。
 

もちろんこの買収に関しては3月19日から始まる裁判の結果如何によっては破談となる可能性もあるわけですが(というか、タイム・ワーナーの持つCNNの情報拡散を嫌うトランプ政権の下ではその可能性は高いのかもしれませんが、、、)、晴れて買収が成立した暁には上記ほふく前進的な増配に終止符が打たれるのではないか、と密かに期待しています。

 

 

AT&Tの直近の決算内容はこちら⇒AT&T(T)の第4四半期決算 決算書の数字がまったくあてにならない理由
 

タイム・ワーナーに関する記事はこちら⇒AT&T(T)が買収しようとしているタイム・ワーナー(TWX)についての一考察

 

 

ただ、もし自分が20代から40代のインカムゲイン長期投資家だったら?

 

 

 

AT&Tのみを購入することはなかったでしょう。
 

 

 

これから先20年以上の長きに渡って投資を継続できる投資家の場合、スタート時点の配当利回りの差を毎年の増配率と投資年数で補うことが可能です。
 

つまり現在の当方の場合、銘柄選定にあたっては利回りの下限を4%台後半に置いていますが、高増配率銘柄であればあるほどこの数字を下げることが可能となり、仮に3%台であっても十分投資対象となるでしょう。

 

 

ただいかんせん将来のことは誰にもわかりません。
 

 

いくら過去の増配率が高くとも、将来の増配率はまさに神のみぞ知る世界。
 

同レベルの増配率が将来も続く保証はどこにもありません。

 

 

<事例:P&Gの場合>

 

 


数年以内に配当収入目標額の達成が必須であり、投資年数を長く取れない中高年投資家にとってより確実性を求めなければならないのは必然。
 

そして確実性がより高いのは将来の増配率では決してなく、スタート時点の配当利回り、これは自明。

 

 

これに対して将来の増配率に賭け、高増配率銘柄へ投資すること。

 

 

これは、より高いリスクを負うということ、を意味します。

 

 

そしてはリスクとはマイナス方向のみでなく、プラス方向にもあることは投資家にとっては常識。

 

 

そう言う意味でより多くの選択肢の中からリスクを取りに行ける若き投資家さんたちが非常にうらやましい、と感じる中高年オヤジであります。

 

(投資は自己責任にてお願いいたします。)

 

 

 

 

追伸1

 

ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



         
 

 

※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

 

 

追伸2 

 

配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

 

 

      

         

 

 

                 

 

 

   

 

 

 

「いちいち買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

 

 

   

    

正直者 | 購入 | 04:44 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
NGG、WBK、 BTIは?

posted by BTI ,2018/02/28 11:27 PM

BTIさん

コメントありがとうございます。

いずれもADR銘柄ですね。NGGとBTIは当方も英国銘柄リストを作成してチェックしています。

豪のWBKはノーマークでした。

情報ありがとうございます。

posted by 正直者 ,2018/03/01 5:10 AM










Trackback
URL:

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
  • 長期投資家のイロハのイ 持株の決算は必ず確認しましょう
    正直者(管理人) (07/15)
  • 長期投資家のイロハのイ 持株の決算は必ず確認しましょう
    (´・ω・`) (07/15)
  • 次に購入する銘柄確定 予定通り公共事業銘柄サザン(SO)の購入となりました
    ぴーぷる (07/02)
  • 次に購入する銘柄確定 予定通り公共事業銘柄サザン(SO)の購入となりました
    正直者(管理人) (07/02)
  • 次に購入する銘柄確定 予定通り公共事業銘柄サザン(SO)の購入となりました
    ぴーぷる (07/01)
  • 【続】銘柄研究 日本のバフェットが推奨する銘柄サザン(SO)の実力やいかに
    株マニア (06/05)
  • 銘柄研究 日本のバフェットが推奨する銘柄サザン(SO)の実力やいかに
    正直者(管理人) (06/03)
  • 銘柄研究 日本のバフェットが推奨する銘柄サザン(SO)の実力やいかに
    株マニア (06/03)
  • バフェット太郎さんの推奨銘柄30種を確認してわかった驚きの事実
    正直者(管理人) (05/26)
  • バフェット太郎さんの推奨銘柄30種を確認してわかった驚きの事実
    AILEX (05/26)
MOBILE
qrcode
OTHERS
お薦め情報

アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならこちらで



米国株銘柄が充実、まずは講座開設




LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH