<< ディフェンシブセクターと言えばインカムゲイン投資家の必需品 さてあなたはいくつ保有していますか? | top | 【続】さしたる理由もなく暴落したら是非購入したい2銘柄(KMB&UNP)をご紹介します >>

ペプシコ(PEP)より配当金受領 現在の配当利回りに感じるライバルコカ・コーラの栄枯盛衰

 

 

 

4月3日に食品大手のペプシコ(PEP)からの配当金が入金しました。
 

ペプシコの増配タイミングは6月末の支払い分ということで、今回も前回と同額の1株当たり0.805ドルとなっています。
 

 

この銘柄を初めて購入したのは2009年、当時は飲料部門でのライバル、あこがれのコカ・コーラ(KO)を買いたかったのですが、悩んだ末割安(低PER&高配当利回り)だったライバルのペプシコを購入し現在に至ります。
 

尚、あこがれの理由には、日本でコーラと言えばもちろんペプシコーラではなくコカ・コーラ、日本での圧倒的なステータスの差(それは現在もあまり変わりませんが。)もそうですが、あのバフェットが長きに渡り保有しているという強力な後ろ盾があったことも否定できません。
 

 

  

 

 

今回の配当分を含む過去の積み上がりは以下のとおりとなっており、配当受領総額28万円に対して総投資額は91万円、投資回収率は31%まで来ています。

 

 

 

 

以下は両社の直近の営業利益(GAAPベース)の推移になります。
 

 

 


これを見るとコカ・コーラの方は2016年までの右肩下がりから前期2017年は大幅な増益となっており、低迷期を脱したように見えます。

 

 

しかし、営業(活動による)キャッシュフローを見れば、その低迷に歯止めがかかっていないことがわかります。
 

 

 


そしてそれを反映して増配率の方もコカ・コーラは右肩下がりが続いており、2014年以降はペプシコが逆転している状況が続いているのが見て取れます。

 

 

 

 

 

現在の配当利回りはペプシコの3%に対してコカ・コーラは3.6%と完全に逆転してしまいました。

 

あのバフェットがかたくなに保有し続けているということは、現在の状況からいつかは脱却できると見込んでいる等、投資の神様なりのお考え(確信?)があってのことなのでしょうが、少なくとも2009年においてコカ・コーラではなくペプシコを選んだことは現在までのところ間違いではなかったと言えそうです。

 

(投資にあたっては自己責任でお願いいたします。)

 

 

 

 

追伸1

 

ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



         
 

 

※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

 

 

追伸2 

 

配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

 

 

      

         

 

 

                 

 

 

   

 

 

 

 

「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

 

 

   

    

正直者 | 個別銘柄配当実績 | 05:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
  • バフェット太郎さんの推奨銘柄30種を確認してわかった驚きの事実
    正直者(管理人) (05/26)
  • バフェット太郎さんの推奨銘柄30種を確認してわかった驚きの事実
    AILEX (05/26)
  • 次は何を買おうかリスト 営業キャッシュフローマージン編
    管理人 (05/22)
  • 次は何を買おうかリスト 営業キャッシュフローマージン編
    tetsu (05/22)
  • 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由
    管理人 (05/11)
  • 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由
    yazirobe777 (05/10)
  • 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由
    管理人 (05/10)
  • 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由
    管理人 (05/10)
  • 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由
    けん (05/10)
  • 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由
    団塊 (05/10)
MOBILE
qrcode
OTHERS
お薦め情報

アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならこちらで



米国株銘柄が充実、まずは講座開設




LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH