<< フィリップモリス(PM)の第1四半期決算 空前の株価大暴落で再認識した株式投資の常識 | top | プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)の第3四半期決算 相変わらずつまらない決算でもこの銘柄を売却する必要がない理由 >>

今回はあえて火中の栗(ゼネラルミルズ−GIS)を拾わないことにしました。

 

 

 

 

いろいろ悩んでいる銘柄選びですが、今回はゼネラルミルズ(GIS)の購入はやめようかと考えています。
 

 

 

  

 

(大好きなハーゲンダッツ 実はこれゼネラルミルズの製品なんです。)

 

 

 

以前の記事にも書きましたが、最も気になっているのが今年の2月に発表したペットフード大手のブルー・バファロー・ベット・プロダクツの総額80億ドル(約8500億円)での買収。
 

アメリカにおけるペットフード市場は現在年間成長率が3-4%と確実に伸びており、ブルー・バファロー社の場合年間2ケタを超える売上増を記録中。
 

売上が伸び悩む中で新たな成長の柱とすべく買収を決定したこと自体は十分理解できます。
 

しかし、今回の買収額による財務的な負担を考えた場合に、将来的にこれまでと同レベルの増配を維持できるかがはっきりと見えてこないように思えます。
 

 

 

 

 

さらに買収発表資料の中で非常に気になる一文を発見。
 

それが、

 

General Mills expects to maintain its $0.49/share quarterly dividend and suspend its current share repurchase program while it priotizes achieving its leverage target.

 

「ゼネラルミルズは四半期配当1株当たり0.49ドルを維持し、現在の自己株買いを一時中止する予定である。」

 

という部分。

 

 

これがいつまでの期間を想定しているのかはわかりませんが、自己株買いの中止もさることながら配当の維持を予定、ということは確定していないということ、さらに言えば減配する可能性もゼロではないということ。
 

 

ましてや増配する予定、とは書かれていないわけでして、、、

 

 

もちろん仮に今期は減配、あるいは増配ゼロだったとしてもペット事業の拡大で将来的に増配する可能性もあるでしょう。
 

(会社としては当然それを織り込んで買収を決定しているわけなのですが、、、)
 

しかし会社全体の売上規模からすれば買収後のペット事業分は1割にも満たないところからのスタートなります。

 

 

渦中の栗を拾う。

 

 

猿におだてられた猫がいろりの中の栗を拾って大やけどをしたという、ラ・ファンテーヌの寓話から”自分の利益にならないのに危険を冒すたとえ。”

 

 

若い方ほど投資期間を長く取れないインカムゲイン中高年投資家にとって減配は大やけど、まだ確定したわけではありませんが小心者投資家としては多少でも熱を持った栗には手を出さない方が無難かな、というのが今の気持ちです。
 

次回8月支払いが増配タイミング、ホルダーであるなしにかかわらずまずは7月の発表に注目したいと思います。

 

(投資にあたっては自己責任でお願いいたします。)

 

 

追伸1

 

ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



         
 

 

※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

 

 

追伸2 

 

配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

 

 

      

         

 

 

                 

 

 

   

 

 

 

 

「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

 

 

   

    

正直者 | 銘柄研究 | 05:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
  • バフェット太郎さんの推奨銘柄30種を確認してわかった驚きの事実
    正直者(管理人) (05/26)
  • バフェット太郎さんの推奨銘柄30種を確認してわかった驚きの事実
    AILEX (05/26)
  • 次は何を買おうかリスト 営業キャッシュフローマージン編
    管理人 (05/22)
  • 次は何を買おうかリスト 営業キャッシュフローマージン編
    tetsu (05/22)
  • 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由
    管理人 (05/11)
  • 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由
    yazirobe777 (05/10)
  • 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由
    管理人 (05/10)
  • 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由
    管理人 (05/10)
  • 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由
    けん (05/10)
  • 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由
    団塊 (05/10)
MOBILE
qrcode
OTHERS
お薦め情報

アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならこちらで



米国株銘柄が充実、まずは講座開設




LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH