<< 今回はあえて火中の栗(ゼネラルミルズ−GIS)を拾わないことにしました。 | top | ようやく約定、しかし結局購入したのは日本たばこ(2914)でもゼネラルミルズ(GIS)でもなく、、、 >>

プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)の第3四半期決算 相変わらずつまらない決算でもこの銘柄を売却する必要がない理由

 

 

 

 

プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)が現地時間の4月19日に第3四半期決算を発表しました。(P&Gはへそ曲がりで(?)6月決算ですので3月は第3四半期となります。)

 


その概要は以下のとおり。
 

 

 

 

まず売上高が4%増の162億8100万ドルとなっていますが、米ドル安による為替のプラス分がありますのでこのかさ上げ分を除いた場合は残念ながら1%の増加とほぼ横ばいの状況。
 

セグメント別では美容事業の売上高は5%増でしたが、主力のかみそり用品の方は値下げの影響で3%減少。

 

そして売上は増収にもかかわらず営業利益が約2%の減益。

 

 

詳細を確認してみると、

 

 

 

 

御覧のとおり、売上総利益率が1%の減少となっているのが見て取れます。
 

これは主に原材料費、運送費の上昇によるもの。

 

 

P&Gは昨年10月にモノ言う株主のトライアンファンドを率いるネルソン ペルツ氏が取締役に就任して以降約半年が経過したわけですが、残念ながらこれまでの業績からの大きな変化を感じるとることはできませんでした。

 

尚、今回製薬大手メルク(MRK)の消費者向けヘルスケア事業を42億ドル(約4500億円)で買収することを発表していますが、これとて事業拡大というよりはイスラエルのジェネリック大手テバ社との合弁事業を7月に解消することに伴ういわば代替的措置。

 

 

ということで、言い方は悪いかもしれませんが”相変わらずつまらない決算が続いている”、と言えるのではないでしょうか。

 

 

ただこの銘柄を売却する予定はありません。


以下は9ヶ月間の累計でのキャッシュフロー(単位は百万ドル)となります。

 

 

 

 

キャッシュフローベースではさすがはP&Gといった姿を見せてくれています。

 

そして同日発表の次回5月15日支払いの配当金はこれまでの1株当たり0.6896ドルから0.7172ドルへ4%の増配を発表。

 

増配率(支払いベース)は2016年を底に角度はゆるいものの右肩上がりとなっているのが見て取れます。

 

 

 


これらの数字を見る限り、「売却には及ばず。」と考えるのは当方一人だけではないのでは。

 

もう少しペルツ氏のお手並み拝見、といったところでしょうか。

 

(投資にあたっては自己責任でお願いいたします。)

 

 

追伸1

 

ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



         
 

 

※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

 

 

追伸2 

 

配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

 

 

      

         

 

 

                 

 

 

   

 

 

 

 

「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

 

 

   

    

正直者 | 決算発表 | 05:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
  • バフェット太郎さんの推奨銘柄30種を確認してわかった驚きの事実
    正直者(管理人) (05/26)
  • バフェット太郎さんの推奨銘柄30種を確認してわかった驚きの事実
    AILEX (05/26)
  • 次は何を買おうかリスト 営業キャッシュフローマージン編
    管理人 (05/22)
  • 次は何を買おうかリスト 営業キャッシュフローマージン編
    tetsu (05/22)
  • 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由
    管理人 (05/11)
  • 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由
    yazirobe777 (05/10)
  • 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由
    管理人 (05/10)
  • 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由
    管理人 (05/10)
  • 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由
    けん (05/10)
  • 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由
    団塊 (05/10)
MOBILE
qrcode
OTHERS
お薦め情報

アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならこちらで



米国株銘柄が充実、まずは講座開設




LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH