<< ケロッグ(K)の第1四半期決算 ある意味安心の決算内容も購入には踏み切れない理由 | top | 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由 >>

金利上昇が持株に与える影響は? 主な銘柄を確認してみました

 

 

 

 

ここ最近、アメリカの金利上昇の話題が取り上げられる機会が多くなってきたように思います。
 

今年の3月には米連邦準備制度理事会(FRB)が3ヶ月ぶりに0.25%の利上げを決定。
 

4月は大方の予想どおり利上げを見送ったものの、市場の注目は好調な経済指標等も反映して当初予定の年3回からさらに増えるのでは?という点に移っているようです。
 

 

以下はここ1年の米国10年物国債の金利の推移ですが、こちらの方も現在は3%に届くところまでじわじわと上昇しているのが見て取れます。

 

 

 

 

今後も金利の上昇が続く可能性が高いわけですが、そうなると企業、特に借入(有利子負債)の多い企業は少なからず影響を受けることになるわけでして、、、
 

 

ということで、今回は主な企業について現時点の利子支払能力について確認することにしました。
 

尚、使用したのはインタレスト・カバレッジ・レシオです。

 

 

 

インタレスト・カバレッジ・レシオとは

 

財務分析上の指標の一つ。
 

インタレスト・カバレッジ・レシオは、金融費用に対する事業利益(営業利益と受取利息・受取配当金の合計)の比率をいう。
 

主に、企業の安全性分析に用いられる。
 

損益計算書上の数値から企業の利子支払能力を測ることができるところに、その特色がある。
 

支払利息に対する、営業キャッシュフローと支払利息と税金の合計額の比率を指す場合もある。
(以上ウィキペディアより)

 

 

 

 

その結果がこちら。

 

 

 

 

尚、今回は直近2017年の決算数値を使用し、最も単純な計算方式、すなわち営業利益÷支払利息で計算しています。
 

 

もちろん数字が高い方が支払能力が高くより安全ということになります。

 

 

一部業種別に色分けしてみたのですが、例えば青色のたばこ銘柄であればアルトリアとフィリップモリスではアルトリアがより安全性が高いことがわかりますし、黄色のオイルメジャーの場合、エクソンモービルの8.9倍に対してシェブロンは5.8倍、そしてロイヤルダッチシェルに至っては4.2倍と差が開いており、やはりエクソンモービルの安定感が際立っているのが目につきます。
 

また、通信業(黄緑)では銘柄間で差はあるものの総じて低い数字となっており、やはりこの業界の場合は設備投資負担が重くのしかかっていることが間接的にもわかります。
 

このあたりが最近の株価下落の一因となっていることは間違いないでしょう。
 

 

一方で当然と言えば当然なのですが、アルファベット(グーグル)166倍、アップル26倍はさすがといった数字となっており、このあたりもPERでは測れない安心感といったところでしょうか。
 

またアマゾンの4.8倍という数字はもう少し悪いと思っていただけに個人的には少々意外でした。
 

 

以上、皆さんの参考になれば幸いです。

 

(投資は自己責任にてお願いいたします。)

 

 

 

 

追伸1

 

ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



         
 

 

※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

 

 

追伸2 

 

配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

 

 

      

         

 

 

                 

 

 

   

 

 

 

 

「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

 

 

   

    

正直者 | 銘柄研究 | 05:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
  • バフェット太郎さんの推奨銘柄30種を確認してわかった驚きの事実
    正直者(管理人) (05/26)
  • バフェット太郎さんの推奨銘柄30種を確認してわかった驚きの事実
    AILEX (05/26)
  • 次は何を買おうかリスト 営業キャッシュフローマージン編
    管理人 (05/22)
  • 次は何を買おうかリスト 営業キャッシュフローマージン編
    tetsu (05/22)
  • 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由
    管理人 (05/11)
  • 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由
    yazirobe777 (05/10)
  • 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由
    管理人 (05/10)
  • 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由
    管理人 (05/10)
  • 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由
    けん (05/10)
  • 10年近く塩漬けてきた銘柄を売却し100万円以上の損失を確定することにした理由
    団塊 (05/10)
MOBILE
qrcode
OTHERS
お薦め情報

アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならこちらで



米国株銘柄が充実、まずは講座開設




LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH