<< 次は何を買おうかリストをアップデートしました。(2018年5月末時点) 皆さんの銘柄選びの参考になれば幸いです。 | main | 次は何を買おうかリストNISA版をアップデートしました。(2018年5月31日現在) >>
2018.06.06 Wednesday

営業キャッシュフローマージン対決 たばこ銘柄編 アルトリア(MO)惨敗の意外な結果にショック、しかし、、、

0

     

     

     

     

     

    過去4回にわたり取り上げてきた営業キャッシュフローマージン比較ですが、今回もしつこく取り上げ見たいと思います。

     

     

    カコ記事

     

    次は何を買おうかリスト 営業キャッシュフローマージン編
     

    次は何を買おうかリスト 営業キャッシュフローマージン オイルメジャー編

     

    営業キャッシュフローマージン 飲料ライバル対決編 あらためて認識したバフェットがかたくなに保有する理由

     

    営業キャッシュフローマージン ヘルスケア対決編

     

     


    おさらい

    営業キャッシュ・フロー・マージンとは

     

    営業活動による売上高の中で何割をキャッシュで得たかを見る指標で、この数値が高いほど効率的な資金化がおこなわれたことを示す。

     

    具体的には、

     

     

    営業キャッシュフローマージン(%)=※営業キャッシュフロー÷売上高

     

     

    で表される。

     

     

    ※営業キャッシュフローとは、ある企業が商品やサービスを売ることで得た売上高から、原材料費などの支出を引くことで得られる現金収支を指す。

     

    この指標について、日本での米国株式投資の第一人者である広瀬隆雄氏は「ブランド力がある企業、つまりブランドが確立している企業は営業キャッシュフロー・マージンも高い。」と述べている。

     

     

     

    尚、今回取り上げたのは、アルトリア(MO)、フィリップモリス(PM)とブリティッシュアメリカンタバコ(BTI)の3社となります。

     

     

    その結果は以下のとおり。

     

     

     


    実は数字を確認する前に「やはり何と言っても連続増配の雄、アルトリアが他を引き離しての1位に間違いなし!」と思い込んでいたのですが、いざふたを開けてみると意外な、というか衝撃の結果となっていました。

    御覧のとおり、他の2社は平均で30%のマージンなのに対して、アルトリアは2割にも満たない状況、、、
     

     

    「なっ、なぜだ! 確かにアルトリアはフィリップモリスよりも営業利益率で見れば劣ってはいるが、あの世界一のビール会社、アンハイザー・ブッシュ・インベブへの投資で営業外で多額の収入があり、総合的な稼ぐ力で見れば決して劣っていないはず。」


    「いくら損益計算書はお化粧可能とは言え(参考記事:PLはお化粧できてもCFではごまかせない 米国株投資におけるキャッシュフロー計算書の重要性) なぜ、なぜなんだ!」
     

     

    とどうしても腑に落ちない中高年オヤジ、財務諸表の数字を追っていたところある数字が目に留まりました。
     

     

     

     

    こちらはアルトリアとフィリップモリスの損益計算書上の法人税率を比較したものですが、アルトリアの税率の高さが確認できます。
     

    それもそのはず、ご存じのとおりアルトリアはアメリカ市場オンリー、一方のフィリップモリスは海外担当、ということで米国の高い税率が利益を直撃、その結果会社の自助努力とは別の所で利益が(強制的に)目減りしていたのです。
     

    ただ、トランプのおかげで成立した税制改革によって法人税率が21%へと引き下げられたことは米国株投資家の皆さんであれば当然ご存知かと思います。
     

     

    その恩恵をアルトリアは今期2018年度からまるまる享受することができる、ということで

     

    「これまでのどおりの利益レベルを維持していれば、現在は劣っている営業キャッシュフローマージンも他の2社に追いついていくに違いない。」

     

    と第1四半期の数字を見ながら楽観的に考えている中高年投資家でありました。
     

     

     

     

     

    以上、ご参考まで。

     

    (投資は自己責任にてお願いいたします。)

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

     

     

    追伸2 

     

    配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

     

     

     

    「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

     

     

       

        

    コメント
    いつも楽しく読ませてもらってます。

    一つ質問です。

    PMの営業CFMを調べていたのですが、売上高の数値がヤフーファイナンスと異なるのはなぜでしょうか。

    文中の売上高28746どこから来たのですか。

    回答お願いします。
    • 初心者
    • 2018.08.26 Sunday 22:41
    初心者様

    コメントありがとうございます。
    PMの営業キャッシュフローマージンの数字ですが、当方は米国証券会社の数字を使用しています。

    ご参考まで。
    • 正直者(管理人)
    • 2018.08.27 Monday 04:39
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    お薦め情報



    アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





    米国株銘柄が充実、まずは口座開設








    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 日産を売却し結局はAT&Tを買い増したいと考えている投資家 集中投資は破滅への道か?
      正直者(管理人) (12/12)
    • 日産を売却し結局はAT&Tを買い増したいと考えている投資家 集中投資は破滅への道か?
      ドルビッシュ (12/12)
    • キャピタルゲイン実績公開(2018年11月30日現在) 円評価額は59,408,143円でした
      正直者(管理人) (12/04)
    • キャピタルゲイン実績公開(2018年11月30日現在) 円評価額は59,408,143円でした
      さくら7 (12/04)
    • 妻の立場になって考えれば今の状態はものすごく不安なんだろうな〜、という話
      正直者(管理人) (12/03)
    • 妻の立場になって考えれば今の状態はものすごく不安なんだろうな〜、という話
      みみ (12/03)
    • 日産株売却 23万円の損失を確定させて思ったこと
      正直者(管理人) (11/28)
    • 日産株売却 23万円の損失を確定させて思ったこと
      M (11/28)
    • 日本にだってこんなすごい銘柄がある! ただ残念なのは、、、
      正直者(管理人) (11/26)
    • ゴーン氏逮捕に関するちょっとマニアックな話 有価証券報告書虚偽記載に関する素朴な疑問とは?
      正直者(管理人) (11/21)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM