<< ジョンソン&ジョンソン(JNJ)より配当受領 バフェットに見限られた銘柄をかたくなに保有し続ける理由 | main | 確定拠出年金へ加入されている方へ 同じ投資でもこちらは「十割益半分手放し」戦法で行くべきと考える理由 >>
2018.06.22 Friday

GEダウ陥落! ただフェイスブックに勝った新銘柄ウォルグリーン・ブーツ(WBA)に手を出せない理由

0

     

     

     

     

    ゼネラルエレクトリック(GE)がついにダウ工業株30種平均の構成銘柄から外れることになりました。
     

     

      

     

     


    まあここ最近の業績の低迷を見れば陥落は時間の問題だったわけである意味予想どおりなのですが、

     

     

    ・これでダウ平均が作られた1896年当時のオリジナル銘柄がすべて消滅した。
     

    ・110年以上構成銘柄の座を守ってきた歴史に終止符を打った。

     

     

    という言う意味で非常に感慨深いものがあります。

     

     

    ただ今回当方が注目したのはGEではなく26日から代わって構成銘柄となるドラックストア大手のウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA)の方。

     

     

    ウォルグリーン・ブーツ企業概要

     

    ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(Walgreens Boots Alliance, Inc.)は、小売ドラッグストア。
    処方薬や非処方薬、雑貨などを販売する。

     

    プライマリーおよび救急ケア、ウェルネス、薬品・病気管理サービス、ヘルス・フィットネスなどを含むヘルスサービスも提供する。

     

     

     

     

     

     

     

    社名にアライアンス(連合)が付くこの会社、2015年にウォルグリーンとブーツが合併してできたわけですが、ウォルグリーンの方はアメリカを代表する薬局チェーン、一方のブーツは英国など欧州を中心とした薬局チェーンという構図。

     

    英国と米国の両方でそれぞれお世話になっていた当方としては大変なじみのある銘柄です。

     

     

    今回噂となっていたフェイスブックを抑えてダウ構成銘柄となったくらいですから実力としては申し分ないはずですが、念のため営業キャッシュフローマージンを確認してみました。
     

     

     

     

    御覧のとおりマージンは5%〜6%台とかなり低い状況。
     

    もちろん業種的に高いマージン比率を望むべくもないことは重々承知。
     

     

    ということで、ライバルと比較してみました。
     

     

    この業界でライバルと言えば、アメリカ国民なら誰しもが知るCVSヘルス(CVS)。

     

     

    CVS企業概要


    CVSヘルス(CVS Health Corporation)は総合ヘルスケア会社。
     

    医薬保険管理、処方薬郵 送、薬品小売・専門店疾病管理プログラム、店頭クリニックなどが主な事業内容。
     

    ワシントンDCを含む米国全土およびプエルトリコでチェーン店を展開。

     

     

     
     

     

    こちらはウォルグリーンとは違い米国中心に展開。

     

     

     

     

    御覧のとおり営業キャッシュフローマージンではウォルグリーンがライバルCVSを上回っているのが見て取れます。

     

     

    続いては直近の増配率

     

     

     

     

    こちらはCVSが高増配率をたたき出しており圧勝。(ちなみに配当性向はほぼ同レベル。)

     

     

    現在の配当利回り(6月20日現在)はウォルグリーンの2.5%に対してCVSの2.8%とインカムゲイン投資家としてはどちらも魅力に欠ける水準。
     

    もしこの2銘柄から選ぶのであれば直近の増配率が将来も続く、という楽観的な予想のもとにダウ構成銘柄ではなくCVSでしょうか。
     

     

    ただ投資期間を長く取れない中高年投資家としては、

     

     

    現時点ではどちらもなし。

     

     

    というのが結論となります。

     

    (投資はくれぐれも自己責任にてお願いいたします。)

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

     

     

    追伸2 

     

    配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

     

     

     

    「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

     

     

       

        

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    お薦め情報



    アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





    米国株銘柄が充実、まずは口座開設








    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM