<< アルトリア(MO)今年2回目の増配発表はなんと14.3%増配! 報道で思う営業キャッシュフローマージン妄信の罠(わな) | main | 日米銘柄対決 サザン(SO) vs 東京電力(9501)我々米国株投資家が肝に銘じておかねばならない事 >>
2018.08.27 Monday

(閑話休題的記事)米国株投資家がみやぞんさんに学んだこと

0

     

     

     

     

     

    この週末、テレビでは日本テレビで毎年恒例の24時間テレビをやっていたので見られた方も多いのではないでしょうか。
     

    当方ここ数年はニュース番組、なんでも鑑定団、ダーウィンが来た!以外はあまり見なくなったこともあり、ほとんど見ていなかったのですが、今年はあまり体調がよくなく家にへばりついていたこともあり、ちょこちょこと見ておりました。

     

     

    この番組でメインコーナーと言えるのが24時間マラソン。
     

    そこでのみやぞんさんがとても印象に残りました。

     

     

     

       

     

     

     

    今年は例年と違い、スィム、バイク、ランと本人の身体能力を加味したのか非常に過酷な内容となっており、最初は余裕の中でリアクションしていた彼もさすがにランの後半には徐々に笑顔が減り、当方もさすがにこれは本当にしんどくなってきたのでは、と思って見ておりました。

     

     

    しかしそんな苦しい中でも見せるあの笑顔。
     

    競技終了後、彼は「どんな時でも楽しく笑顔で。」と答えています。
     

    また沿道の声援に対して、自身は疲労困憊にもかかわらず、「日焼けに気をつけて!」と相手を思いやる発言。
     

    さらにはゴール手前での涙のわけを聞かれて、「今まで一緒にやって来たトレーナーの方々と一緒に走れないと思うと、、、」
     

    毎回番組終了間際にゴールすることや番組上の主旨に合わせて発言した、いわゆるやらせ発言ではないか?などと疑う人もいるようですが、当方としてはあのような肉体・精神の極限状態の中でとてもそんな所まで気が回る余裕はなかった、と信じたいです。

     

     

    そしてそれら発言に、

     

    他人は他人、自分は自分。
     

    を超越した、
     

    他人のことまで思いやる心。

     

    を感じ感動した次第です。

     

     

    またその姿を見ながらその近くに同じような心を持った人がいるのに気づきました。
     

    それが出川哲朗さん。
     

     

         

     


    彼の発言からもそんな人柄を感じることがあります。
     

    (もちろんリアクションにはやらせも多々ありますが、、、)

     

    もちろんみやぞんさん達のようなある意味仏様に近いような心根(こころね)というのは、持って生まれたもの、あるいは家庭環境により形成されたもの、さらにはその両方から来ているのかもしれません。

     

     

    そんなみやぞんさんから比べると、例えば仕事において、
     

     

    「仕事もでたらめ、口先だけのくせになぜあんな奴が出世するんだ。」
     

    「俺の方が絶対優秀なのに、、、」
     

    「あいつばっかり、、」
     

    「あいつらばっかり、、、」
     

    「なぜ俺だけが、、、」
     

     

    とこれまで50年以上恨み、妬み、そねみ、後悔等にまみれた人生を送って来た者として恥ずかしい気持ちでいっぱいになりました。

     

     

    話は転じて、米国株ブログ村をはじめ、ブログの世界においてもいわゆる他人のブログ、記事を非難する内容の記事が存在することは確かです。
     

    もちろんそれがあくまで計算されたものであり、エンターテイメントに徹しているものであれば良いのですが、中にはそれを疑うような内容も見受けられます。
     

    (この週末は家にいる時間が長かったせいか、珍しく結構いろいろなブログを覗いてしまいました。)
     

    もちろん、他人を非難することで一時的に気分がよくなる、いわゆる留飲が下がることは確かですし、特に若い頃の当方も公私両面でそれを楽しんでいたことも事実、、、(汗)
     

     

    しかし、心のどこかに必ず相手を思いやる気持ちを持って記事を書いていさえすれば、たとえ意見の違いはあろうとも、それほど大きな問題にはならないのでは、とみやぞんさんの姿を見ながら考えていた次第です。

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

     

     

    追伸2 

     

    配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

     

     

     

    「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

     

     

       

        

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    お薦め情報



    アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





    米国株銘柄が充実、まずは口座開設








    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM