<< 2018年配当収入250万円への道 経過報告(2018年8月末) 8ヶ月間の配当は156万円でした | main | 我に秘密兵器あり − 縮小を続けるたばこ市場でもアルトリアが生き残っていける決定的な理由 >>
2018.09.07 Friday

8月も終わり、次に買うべき銘柄に思いをはせています

0

     

     

     

     

     

    季節が過ぎるのは早いもので、特に今年の夏の場合は「あ〜暑い暑い、今年の夏はどうしていつまでも毎日暑いんだ〜。(汗(本物))などと思っていたらあっという間に9月。
     

    (昔は9月と言えば気温30度などありえず、もう完全に秋だったんですけどねぇ〜。)

     

     

    ということで、株式投資に目を転じるとそろそろ次に買う銘柄を絞り込む時期となりました。
     

    当方の場合は、ロイヤルダッチシェルからまとまった配当金が入る3月、6月、9月、そして12月がその時期となっているわけですが、今回そのロイヤルダッチシェルからの配当金の入金予定日が日本時間の9月18日の予定ですので、だいたいこのあたりまでに購入する銘柄を決めておければ、といったところです。
     

     

    ということで、早速いつもの手順でつい先日作成したばかりの「次は何を買おうかリスト」から配当利回り上位をピックアップ。
     

     

     


    単純にこの順序で行けば、AT&Tを購入。ということになるのですが、現在の事業別のポートフォリオも確認する必要あり、ということでこちらも確認。
     

     

     


    さらに今年に入ってこれまで購入した銘柄達はこちら。
     

     

     


    上記を総合的に勘案した場合、事業ポートフォリオ(の平準化)を最優先し、現時点での最有力候補は公共事業・電力銘柄のサザンかな〜。といったところ。
     

    ただ先般この銘柄と東京電力を比較した記事を書いた際あらためて気になったのが、原子力発電の存在。
     

    (その記事はこちら⇒ 日米銘柄対決 サザン(SO) vs 東京電力(9501)我々米国株投資家が肝に銘じておかねばならない事
     

    地震多発地帯の日本と米国では状況がまるで異なる、とは言うものの、いざ問題が発生した場合災害による影響の大きさはやはり無視できません。
     

    特に当方の場合、現在稼働していないとは言え、居住地が東京電力柏崎事業所からそれほど離れていない、ということもあり、より敏感になっています。
     

    しかし、その一方で「災害発生? たらればを言っていたらきりがないではないか。」ということもまた事実。
     

    株式投資はあくまでビジネスとして価値を増大していけるかを第一に考えればよいのであって、感情論は排除すべきなのでしょう。
     

     

    しかしどうしても気になってしまう。

     

     

    「いやいや、今のポートフォリオを見ればシェアはたったの1%ではないか。仮に原発で問題を起こして最悪無配になったところで影響は軽微、相変わらず小心者だなぁ〜、お前は。」
     

     

    「何を言っている。お前は金儲けさえできればそれでよいのか?原発が自然に反する仕組みであると散々避難していたではないか?お前は金のために自分の信念を曲げるのか?」
     

     

      

     

     

    と少々大げさになってしまいましたが、銘柄選定時毎度おなじみのお悩みの時間となってしまいました。
     

    (正直この悩みの時間がこそが投資家にとって楽しみの時間、とも言えるのですが、、、)

     

     

    まだ時間はありますので、もう少々悩みたいと思います。

     

    投資にあたっては自己責任でお願いいたします。

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

     

     

    追伸2 

     

    配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

     

     

     

    「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

     

     

       

        

    コメント
    いつも興味深く拝見させて頂いております。当方米国個別株投資を先月から始めたばかりの初心者でございます。

    高配当銘柄への投資、魅力的ですね!
    当方、T、XOM、MO、PMに投資していますが、いかんせん投資額がまだ少額です。この先投資額がある程度の額になるまで上記4銘柄に集中投資すべきか、PGやKOにも分散投資をしていくか迷っております。

    記事に対するコメントになっておらず申し訳ございませんが、もし宜しければ正直者様のご見解をご教授頂けないでしょうか?

    お忙しい中恐縮ですが、宜しくお願い致します。
    • はやし
    • 2018.09.08 Saturday 00:15
    はやしさん

    コメントありがとうございます。
    ご質問の件ですが、集中か分散かははやしさんのリスク許容度で決まって来ると思います。
    集中投資にはより高いリスクが伴うがそれでもかまわない、ということであれば4銘柄への投資を継続、それはちょっと、という考えであれば現在検討されている他銘柄へ投資されればよいということです。

    当方の場合、セクター別に見るとかなり偏ったポートフォリオとなっていますが、高いリスクを背負っていることは十分承知していますし、仮に結果が伴わなくとも自己責任という原則は腹落ちしているつもりです。

    以上あまり参考にならないかもしれませんが、、、
    今後ともお互い米国株投資がんばりましょう。
    • 正直者(管理人)
    • 2018.09.08 Saturday 04:45
    正直者 様

    早速のお返事ありがとうございます!

    なるほど…やはり個人個人のリスク許容度で投資方針は変わってくるのですね…勉強になります。
    どんなことがあっても自己責任として納得出来る範囲を模索してみようと思います!

    季節の変わり目でございます故、体調を崩されませんようご自愛くださいませ。今後もブログを楽しみに拝見させていただきます!
    • はやし
    • 2018.09.08 Saturday 10:31
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    お薦め情報



    アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





    米国株銘柄が充実、まずは口座開設








    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM