<< 次回購入銘柄の検討に入っています 分散か、さらなる集中投資か、それが問題だ | main | PBR日米比較 この数値が米国銘柄においてあまり意味をなさない理由 >>
2018.10.28 Sunday

これこそインカムゲイン投資家のお楽しみ 今年の持株の増配状況を振り返ってみました

0

     

     

     

     

     

     

    タイトルのとおり、インカムゲイン投資家のお楽しみと言えば配当。
     

    そして配当の中でもさらなる楽しみと言えば増配。
     

    特に事前に予想していた増配率を大幅に上回ったり、あるいは意図せぬ時期にサプライズ的に増配した場合、まさにインカムゲイン投資家みよりに尽きる、と言えるのではないでしょうか。

     

    ということで、今回は持株の現在までの今年の増配状況(増配率)を振り返ってみることにしました。
     

     

    それがこちら。

     

     

     

     

    やはり、というか当然というか、たばこ大手のアルトリアが堂々の第1位、しかもアルトリアの場合今年は通常月の10月支払い時の他に4月の支払い時にも増配してくれました。
     

    まさにサプライズ増配。
     

    この分も含めると前年比でなんと21%もの増配率ということで、恐るべき数字となりました。
     

     

    続いて2位の食品大手モンダリーズは非常に目立たない銘柄ですが、以下のとおりその増配率は目を見張るものがあり、ある意味隠れた超優良銘柄と言えるでしょう。
     

     

     

     

    ただそのため現在の配当利回りは2.4%と人気が過熱してしまっているのは当然と言えば当然ですが、非常に残念。

     

    (買い増しできず、、、)

     

     

    そして堅調な業績を反映して、ペプシコやマクドナルドも15%前後の高い増配率となっており、前年の実績&当方の予想をはるかに上回る増配を実施してくれました。

     

     

    その一方で過去の栄光はどこへやら、IBMの場合その業績を反映し4.7%の増配率にとどまり、2016年の7.7%、2017年の7.1%に比べると増配率を大きく落としてしまいました。

     

     

    次に増配なし組に目を転じると、2015年以降増配を見送っているロイヤルダッチシェルが想定内であったのに対して、クラフトハインツの増配見送りは想定外でした。
     

    クラフトハインツと言えば元はクラフトフーズであり、その国際部門がモンダリーズであるわけですが、その後の歩みは明暗を分ける形となってしまいました。

     

     

    最後に?となっているAT&Tとファイザーは例年であれば毎年12月に増配を発表している銘柄です。
     

    AT&Tは33年連続増配、一方ファイザーは8年連続、今年の業績からすれば両銘柄とも今期増配実施は間違いないところですが、やはり注目はAT&T。

     

    これまで判で押したように毎回0.01ドルずつの増配(年間ベースでは0.04ドル)で年々その増配率を低減させているだけに、今年もまた0.01ドルに終わるのか?あるいはタイムワーナー買収によって増配を上乗せすることができるのか?
     

     

     

     

    個人的には非常に注目しているところです。(というか今年こそ0.01ドルの呪縛から脱却できるのでは?と密かに期待しています。)
     

     

    以上、こうやって作成した表を眺めながらいろいろと思いを巡らしている時間がインカムゲイン投資家にとって何よりのとき。
     

    (こんなことを朝の5時からやっている中高年オヤジであります。)

     

     

        

         早朝から楽しいぞぃっ♪
     

     

    さて、皆さんの持株の今年の成績は?

     

    (投資にあたってはあくまで自己責任でお願いいたします。)

     

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

     

     

    追伸2 

     

    配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

     

     

     

    「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

     

     

       

        

    コメント
    いつも拝見させて頂いております。
    まだ、先日は丁寧な回答を頂き、ありがとうございました。

    配当金の受け取りについて、1つ質問させて頂ければと思います。
    正直者様は、配当金を受け取られた後、再投資するまでの期間はどのようにドルを保管されていますか?

    為替差益を避けるため、外貨MMF等に預けると良いというような意見を見かけたのですが、正直者様のご意見をお伺いできればと思います。

    お忙しい中恐縮ですが、ご教授頂けると幸いです。
    気温変化の激しい時期ですので、体調を崩されませんようご自愛くださいませ。
    • はやし
    • 2018.10.28 Sunday 20:49
    はやしさん

    コメントありがとうございます。
    当方の場合は、次回の投資までの期間はやしさんが書かれているとおり米ドルのMMFに投資しています。
    正直言うと以前は低金利だったためそのまま放置していたのですが、利上げによって金利が無視できなくなってきたため、MMFを購入することにしました。
    当方はSBI証券がメインですが、現在一番高いもので約1.8%、10ドル以上あれば購入できます。もちろんドルのままで投資できますから手数料はかかりません。

    さらに申告分離ですから確定申告での損益通算も可能です。

    以上、参考になれば幸いです。
    • 正直者(管理人)
    • 2018.10.29 Monday 04:33
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    お薦め情報



    アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





    米国株銘柄が充実、まずは口座開設








    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM