<< 正直者ファンド vsバフェット太郎ファンド 時価総額対決(2018年10月31日現在) | main | いよいよ支払う税金を強く意識する時期となって来ました >>
2018.11.05 Monday

ロイヤルダッチシェルの第3四半期決算 将来の増配を楽しみにホールドを決めた理由

0

     

     

     

     

    オイルメジャーのロイヤルダッチシェル(RDS.B)が現地時間の11月1日に第3四半期決算を発表しました。
     

     

    概要は以下のとおり。

     

     

     

     

    売上高は第2四半期決算同様ガソリンと天然ガス価格の上昇に支えられ前年同期比で32%の増収。

     

    まあこれは以下ガソリン、天然ガス価格の増減を見れば一目瞭然でしょう。

     

     

     

     

    以下は特殊要因調整後のセグメント別の利益ですが、原油価格等の上昇によるアップストリーム事業の大幅な増益に対してダウンストリーム事業の減益、という構図も第2四半期と変わっていません。

     

     

     

     

    続いてはキャッシュフロー。

     

     

     

     

    営業キャッシュフローとフリーキャッシュフローの大幅な増加が見て取れます。
     

     

    そして営業キャッシュフローマージンも以下のとおり改善。

     

     

     

     

    ということで、安心の決算内容と言ってよいでしょう。
     

    ロイヤルダッチシェルと言えば、中断していた自己株買いの再開が話題となったわけですが、この第3四半期において約14億ドルの自己株買いをしっかりと実施しています。

     

    また同日発表の配当の方は1株当たり0.94ドルと増配はありませんでしたが、これはもちろん想定内。

     

    予定では2018年から2020までの期間に総額250億ドルもの自己株買いを実施するということですから、

     

    今後原油・ガス価格の暴落でもない限りは将来増配の可能性は高い
     

    と期待しているのは当方一人だけではないのでは?

     

     

     

    (投資はくれぐれも自己責任にてお願いいたします。)

     

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

     

     

    追伸2 

     

    配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

     

     

     

    「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

     

     

       

        

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    お薦め情報



    アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





    米国株銘柄が充実、まずは口座開設








    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM