<< 今から来年の配当を予想しています(2018年10月31日時点) | main | JTから「工場見学はずれました。」のはがきをもらって考えたこと >>
2018.11.07 Wednesday

次回購入銘柄の検討に入っています − さらなる集中投資の誘惑に悩む

0

     

     

     

     

     

     

    10月28日付記事、 次回購入銘柄の検討に入っています 分散か、さらなる集中投資か、それが問題だ  にて11月中旬に購入する銘柄の選定について書きましたがその続き。

     

     

    現時点で対象となっているのが、

     

    ・ドミニオン・エナジー
     

    ・デューク・エナジー

     

    と携帯大手のAT&T(T)も加えると3社の状況。

     

     

    この3社の現在の配当利回りは以下のとおり。

     

    ・ドミニオン・エナジー: 4.8%
     

    ・デューク・エナジー: 4.4%
     

    ・AT&T: 6.6%

     

    利回りだけを見ればAT&Tが他を圧倒している状況。

     

     

    ただいかんせんこの銘柄は当方のポートフォリオの17%を占める銘柄。

     

     

     

     

    さらに先般の第3四半期決算の数字が市場予想を下回っており、タイムワーナー買収の効果が疑問視されている状況。
     

    (やはりコンテンツ事業で成功するというのはなかなか難しいんでしょうかね〜。)
     

     

    いくら利回りが高くてもこれ以上このカゴに卵を入れるのはいかがなものか?
     

     

    という不安が、、、

     

     

    だったら他の銘柄は?
     

    ということで配当利回り上位を確認してみると、、、

     

     

     

     

    こちらは10月末時点での次は何を買おうかリストから利回り4%以上を抜き出したリスト。

     

    ここから選ぶとなると、

     

    ロイヤルダッチシェルはもうおなか一杯だし、
     

    IBMは先般の決算もさることながらRed Hatの買収を発表したけどシナジー効果が不透明で株価が下げ止まらず

     

    もうちょっと詳しく見てみないとわからないし、、、
     

    フィリップモリスとアルトリア兄弟は今年に入ってアルトリアを2度買い増ししてるし、、、

     

    となると残りは、

     

     

    アッヴィか。
     

     

    アッヴィと言えば新薬の研究・開発に特化するバイオ医薬品企業で以前から目をつけているのですが、何と言ってもすごいのは以下増配率。
     

     

     

     

    特に今年の数字は目を見張るものがあります。

     

    ただ新薬の研究開発に特化しているだけにある意味業績の波が大きくなりがちであることは否めない事実。
     

    この銘柄は関節リュウマチ治療薬「ヒュミラ」によって巨大企業に成長したわけですが、心配なのはこれに代わる柱を誕生させることができるのか?
     

    現在は絶好調でも安定感という意味ではどうしても疑問符がついてしまう。

     

     

    う〜ん、、、
     

     

    なかなか結論を出すことができません。
     

     

    まだもう少し時間がありますので、あとちょっと悩んでみたいと思います。

     

     

    投資にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。

     

     

    ※応援コメントは大歓迎。但し、承認(非承認)及び削除については管理人の独断とさせていただきます。悪しからずご了承ください。

     

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

     

     

    追伸2 

     

    配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

     

     

     

    「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

     

     

       

        

    コメント
    はじめまして。いつも楽しく拝見しております。質問です。BTIが対象から外れている理由は、何でしょうか?MOでタバコは、おなか一杯?BTIはNISA枠と決めているから?2018.11.4付けNISA記事で、BTIはイギリスADR一覧にはありますが、配当支払のベース通貨一覧には含まれていませんので、やはり、BTIお嫌いでしょうか?当方、BTIを検討しておりますので、気になって質問させていただきました。
    • コメディアン
    • 2018.11.07 Wednesday 13:42
    コメディアンさん

    初めまして、コメントありがとうございます。
    BTIは当方決して嫌いではありませんし業績も素晴らしいです。
    理由は以下の8月21日付記事をご覧ください。(もちろんすでにMO、PM、さらにはJTを保有しているというのも理由の一つです。)

    http://blog.damesara.boo.jp/?eid=1232765

    今後ともご愛顧よろしくお願いいたします。
    • 正直者(管理人)
    • 2018.11.07 Wednesday 18:54
    早速のご回答ありがとうございます。8月21日付記事も分析が興味深かったです。今後もよろしくお願いいたします。
    • コメディアン
    • 2018.11.07 Wednesday 23:02
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    お薦め情報



    アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





    米国株銘柄が充実、まずは口座開設








    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM