<< 一生株を持ち続けるインカムゲイン投資家だけに見える世界 | main | アルトリア 大麻に参入、クロノスに18億米ドル出資決定! にも冷静でいられる理由 >>
2018.12.11 Tuesday

日産を売却し結局はAT&Tを買い増したいと考えている投資家 集中投資は破滅への道か?

0

     

     

     

     

     

     

    11月27日付記事、日産売却 23万円の損失を確定して思ったこと に書いたとおり日産を売却しました。
     

    そしてその後は、
     

    12月2日付記事 インカムゲイン投資家の憂鬱 やっぱり円のまま投資したい にて日本銘柄に目を向けてみたものの、


    やはり米国株が一番

     

    と思ったのですが、

     

    12月7日付記事 一度は突き放した日本銘柄だが、、たばこが私を呼んでいる?

     

    にて日本株であるJTの購入へやや傾きました。

     

     

    しかし最終的には、

     

     

    やはりAT&Tを購入しようと思います。

     

     

    現在のAT&Tの配当利回りは6%を大きく超えています。

     

    それに対してJT(日本たばこ産業)のそれは5%前半。

     

     

    結局は利回りの高さを最優先したい、

     

     

    ということになります。


    そしてこの道を選ぶということは、集中投資をさらに加速させる、現在のいびつなポートフォリオ(以下グラフ参照)をさらにいびつにする、
     

    つまり、
     

     

    分散投資のセオリーを無視する。
     

     

    ということに他なりません。

     

     

     

     

    もちろんそれが意味するものとは、


    リスクがさらに高まる。
     

    ということ。

     

     

     

    さらに言えば、投資におけるリスクとは。
     

    リターンの変動(ブレ)のことを表し、そのブレはプラス(利益)側とマイナス(損失)側の両方に広がっています。

     

    しかしいくらバフェットの、
     

     

    「分散投資は無知に対するヘッジだ。自分で何をやっているがわかっている者にとって、分散投資はほとんど意味がない。」
     

     

    という言葉を持ち出してみたところで、それはあのバフェットだから言えること。
     

     

    さらにそのバフェットとてその分散度合は当方のそれを下回っています。

     

     

     

     

    いや、リスクを承知の上での投資だから。
     

    腹はくくっているから。
     

    と自分で自分を納得させようとしている一方で、
     

     

    これは明らかに無謀なのか?
     

     

    すでに破滅への道を歩み始めているのか?
     

     

    そんなことを考え始めている自分がいます。

     

     

     

    (投資にあたってはあくまで自己責任でお願いいたします。)。

     

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

     

     

    追伸2 

     

    配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

     

     

     

    「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

     

     

       

        

    コメント
    タイムワーナーとの合併承認が取り消される可能性があるそうですが、このまま合併か?あるいは取り消された方がいいのか?いかがでしょう?
    • ドルビッシュ
    • 2018.12.12 Wednesday 01:52
    ドルビッシュさん

    コメントありがとうございます。

    買収については司法省が上訴し現在係争中と理解しています。

    買収後最初の決算でネット動画配信が伸び悩んだことから買収に対する懐疑的な見方も出ていますが、個人的には買収を織り込んで買い増ししました。

    • 正直者(管理人)
    • 2018.12.12 Wednesday 04:38
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    お薦め情報



    アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





    米国株銘柄が充実、まずは口座開設








    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM