<< 備えあれば患いなし! ということで早くも確定申告の準備を開始しました! | main | インカムゲイン投資家が英国ADR銘柄を購入する場合の注意点 グラクソスミスクライン編 >>
2019.01.04 Friday

インカムゲイン投資家が株価暴落時でも安心して眠れる理由(今年も書き続けます!!)

0

     

     

     

     

    年明け早々の現地時間1月3日、米国株式市場はダウが先週末比660ドル02セント(2.8%)安、ナスダックは3%安と大幅に下落しました。

     

    昨年末、そして年初最初の取引で小康状態となっていただけに、投資家の多くが、

     

    「まだまだ下落相場は終わっていないのか、、、」

     

    と暗い気持ちになったのはではないでしょうか。

     

     

      

     

     

    もちろん今回の下落の原因はアップルショック。

     

    現地時間2日に発表した業績見通しの下方修正が、波紋を広げているから。

     

    その一番の理由は売上高の2割を占める中国を中心にスマホの販売が不振だったことなのですが、それ以上に新作iPhoneの販売が先進国を含めた中国以外の地域についても買い替えが思ったほど進まなかったことが不安増長の原因となっています。

     

     

    冷静に過去の相場を振り返ってみれば、多少の調整局面こそあったものの、以下のとおりリーマンショック以降は昨年の12月初旬までは何と10年近くの長きにわたりほぼ順調に右肩上がりで来ていたわけです。

     

     

      

     

     

    これが何を意味しているかと言えば、現在米国株に投資している若い方の大部分は、

     

     

    上げ相場しか知らない

     

     

    ということ。

     

    つまり、今回のような市場全体が日々下落を続ける局面にはあまり遭遇していない、ということになります。
     

    (もちろん例えばGE等、個別株での経験はあるでしょうが、、、)
     

     

    株式投資に限らず、人間は自らの経験によってさまざまなことを学んでいきます。
     

    逆に言えば、これまで経験したことのない出来事に対しては、冷静かつ正しい判断を下すことがなかなか難しい、ということ。
     

    しかし、幸いなことに我々は歴史から学ぶことができます。

     

     

     

     

    こちらはリーマンショック時の株価の推移です。
     

    リーマン前は12,000ドルを大きく超えていたダウが発生後には終値ベースで7000ドルちょっとまで値を下げました。
     

     

    まさに大暴落とはこのこと。

     

     

    では続いてはこちらをご覧ください。

     

     

     

     

     

    こちらは2007年から2009年までのジョンソン&ジョンソン(JNJ)やコカコーラ(KO)、マクドナルド(MCD)等、主だったインカムゲイン銘柄の増配率の推移。
     

     

    日々暴落する株価、錯乱状態の人々をしり目に、これらすべての銘柄達は減配どころかこの嵐のような期間にもしっかりと、何事もなかったのように黙々と増配を続けていたのです。
     

     

    いくら「インカムゲイン投資家にとって日々の株価など関係ない!」といきがったところで、やはり人間、どうしても気になってしまうもの。

     

     

    そんな投資家にとってこれほど頼もしい味方があるでしょうか。
     

     

    今回の下落が今後どの程度尾を引くのかは誰にもわかりません。
     

    しかしそんな中でも、
     

     

    我々インカムゲイン投資家は安心して眠ることができる。
     

     

    と言ったら言い過ぎでしょうか。

     

     

    (投資はくれぐれも自己責任にてお願いいたします。)

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    ※記事はツイッターでも日々配信してます⇒正直者

     

     

    追伸2 

     

    配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

     

     

     

    「買い物のために外出するのが面倒〜」というあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

     

     

       

        

    コメント
    正直者さん

    >我々インカムゲイン投資家は安心して眠ることができる。

    いやいや、逆に『買い時が来たっ!』とワクワクして、寝つきが悪くなりますって(笑)

    早くNYDが15000ドルを割るような暴落が来て欲しいですね。
    問わず語りさん

    コメントありがとうございます。
    確かにおっしゃるとおりです。
    真のインカムゲイン投資家であれば、暴落時は買い時。
    その意味でまだまだ下落が足りませんね〜。
    • 正直者(管理人)
    • 2019.01.04 Friday 16:47
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    お薦め情報



    アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





    米国株銘柄が充実、まずは口座開設








    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM