<< 分散投資したいのなら遅くとも30代までに投資を始めねばらならない、と言い切れる理由 | main | 株式投資家として日経記事「70歳以上まで働く人が3割」を読んで思わず納得してしまった理由 >>
2019.01.22 Tuesday

おいおい、証拠はあがってんだよ! いったいどうなってんの! ということでSBI証券さんに聞いてみました その4

0

     

     

     

     

     

    1月20日付記事、おいおい、証拠はあがってんだよ! いったいどうなってんの! ということでSBI証券さんに聞いてみました その3  にてフィリップモリスからの配当金の入金額が少ないことを書きましたがその続きです。


    入金額が少ないことについて、「現地側で控除したようでございます。」というまるでまるで他人事、子供の使いのような回答に怒りの当方、以下の追加質問をしたところまで書きました。

     

     

    <当方からの質問>

     

     フィリップモリスのホームページの投資家情報のQ&Aを見ますと2019年度についても2018年と同様、80/20 companyに該当する旨が記載されており、今回の配当が2019年度分だとしても98%が源泉税の対象とはならないはず、と考えます。
     

    従い、今回の10%の源泉は明らかに誤りであり「現地側で還付が生じた場合には、」
     

    ではなく、明らかに貴社より還付請求をすべきと考えます。
     

    大至急の対応をお願いいたします。

     

     

    これを書いたのが金曜の夜、土日に回答を来ないだろうとは思っていましたが、案の定回答は来ず。


    (まあ、予想はしていましたが、日本株ならいざ知らず、米国株の場合は時差があるわけで、土曜日の午前中くらいまではたとえ問い合わせコーナーであろうと営業していても良いではないか、と思ってしまうのは当方一人だけではないのでは?)

     

     

    ということで、回答が来たのが月曜日の午後。

     

     

    それがこちら。

     

     

    再度お問い合わせを賜り、大変恐縮する次第でございます。

     

    当社といたしましては、現地機関より入金された金額をお客様にお支払いいたします。
     

    現地証券会社より還付があった場合には、速やかにお客様の外貨建口座へお支払いさせていただいておりますので、何とぞご理解のほどお願い申し上げます。

     

     

     

     

    けっ、結局子供の使い、、、、
     

    要するに、提携(?)、委託(?)先の米国の証券会社の方で10%で源泉して来たからSBI証券としてはどうしようもない、いかんともしがたい。
     

    ということのようです。

     

     

    しかし、もし仮にこのまま還付なく10%源泉のままだった場合、一般預かりであれば外国税額控除という手段で対応できますが、これとて個人の状況次第で全額回収できない場合があります。
     

     

    さらに恐ろしいのはNISA。
     

    NISAについてはもともと二重課税状態ではないため(つまり日本国内での源泉はなし!)外国税額控除が取れないわけで、泣き寝入りということになってしまうではありませんか!!
     

     

    これに気づいた当方、早速以下の問い合わせ(というか要求)をしたのでした。

     


    現地証券会社の方で10%で源泉したことは理解しました。


    しかし、マネックス証券さんでは10月時支払い時と同様の源泉税率が適用されたいた、という話も聞いております。

     

    SBI証券さんとして、現地証券会社に今回の件を伝えることくらいはしていただけないのでしょうか?
     

    仮に10%のままで還付がなかった場合、一般預かりであれば確定申告による外税控除の申請が可能ですが(これとて全額戻らない可能性がありますが、、、)、NISA預かりの場合、泣き寝入りということになってしまうのではないでしょうか?

     

    尚、万一10%が正しいという事であればその根拠をご教示いただけませんでしょうか?
     

    以上、現地証券会社へのアクションの程宜しくお願い致します。

     

     

    まあ、正直SBIさんの回答には全く期待していません。


    所詮こう書いたとて、

     

     

    現地側が、、、、、

     

     

    という他人事のような回答しか来ないのでしょう。
     

    ということで、もし少しでも前向きな回答が来たらまたお知らせいたします。
     

    (あとはあの方におすがりするしかないかもしれない、、、)

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

     

    「いちいち外出するの面倒〜」というあなたへ  買い物はもちろん米国銘柄アマゾンで!

     

     

       

     

     

    追伸2 

     

    配当収入200万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

    コメント
    僕もsbiですが満足いく回答は得られませんでした。全く困ったものです。大和証券も0.3%との情報があります。
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2019.01.23 Wednesday 09:40
    okeydon(おけいどんさん

    やはりそうでしたか。
    まあ、おそらく当方の同程度の回答だったと推測します。
    大和も0.3%との情報は知りませんでした。ありがとうございます。
    (大和って米国株取引できたんですねー。)
    • 正直者(管理人)
    • 2019.01.23 Wednesday 18:02
    今回の件、政府機関閉鎖の影響で、後で還付されるとの話を聞きました。
    • 配当好き
    • 2019.01.23 Wednesday 21:58
    配当好きさん

    情報ありがとうございます。
    となるとマネックスや大和の時には政府機関閉鎖の影響がなかったということなんでしょうかねー。SBIは運が悪かった?
    • 正直者(管理人)
    • 2019.01.24 Thursday 04:28
    中途半端な情報ですみません。いつも楽しく拝見してるので、友人から聞いた話を勢いでコメントしてしまいました。マネックス、大和とSBIで何が違うのかは不明です。
    ただ現状だと、正直者さんにとってはPMをいつ買い戻すかの方が重要な問題かもしれませんが。買うタイミングとか、いろいろ考えてしまいますしね・・・。
    • 配当好き
    • 2019.01.24 Thursday 18:21
    配当好きさん

    いえいえ、お気になさらずに。
    そうなんです、また今日も上昇していました。
    タイミング投資など無意味とわかっていても、やはり人間どうしても欲望が先に立ってしまい、ここまでズルズル来てしまいました、、、(泣)
    • 正直者(管理人)
    • 2019.01.24 Thursday 19:40
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    お薦め情報



    アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





    米国株銘柄が充実、まずは口座開設








    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM