<< フィリップモリスの第4四半期決算 予想を上回り株価上昇も手放しで喜べない理由 | main | サラリーマン投資家だからこそわかる 投資にあたってキャッシュフローを重視する理由 >>
2019.02.09 Saturday

次回購入銘柄の検討に入っています − またまた集中投資!の裏にあるやむを得ない事情とは

0

     

     

     

     

    当初の予定どおり間もなく投資のタイミングがやって来ます。
     

    現在は配当金の入金によってある程度の資金が貯まる、2月、3月、5月、6月、8月、9月、11月、12月の年8回が追加投資の時期となっており、今月2月はP&Gからの配当が入金される2月16日以降に投資しようと考えています。
     

     

    で、現時点での候補銘柄ですが、

     

     

     

     

    こちらがいつものとおり「次は何を買おうかリスト」から現在の配当利回り上位銘柄を抜き出したものです。
     

    まずはここから、これ以上の集中投資を避けるため、保有割合上位3銘柄の。

     

    ・ロイヤルダッチシェル
     

    ・At&T
     

    ・アルトリア
     

    は除外。

     

     

    すると残りは以下7銘柄。

     

     

     

     

    ここから集中投資という観点から本来真っ先に除かねばならないのは、
     

     

    フィリップモリス インターナショナル
     

     

    ということになります。
     

    なぜならたばこ銘柄、ということでアルトリアとかぶっているから。
     

    さらに言えば現在少ないながらも日本銘柄でもJTというたばこ銘柄を保有しているから尚さらです。
     

     

    しかし、単純にこの銘柄を除外することができずにいます。
     

    「いやいや、できないも何もただ除外すればいいだけでしょっ。いったい何が問題なの?」
     

    というご指摘はごもっとも。
     

    ごもっともではあるのですが、実は当方、現在この銘柄を保有していないのです。
     

    以前の記事を読んでおられる方はおわかりかと思いますが、この銘柄を誤って売却してしまいまして、、、
     

    その後買いの注文を入れたのですが、非常に運が悪いことにどんどんと値上がりを続け、指値にはまったくかすりもしないまま今日まで購入できずにおります、、、(脂汗)
     

    「そんなもの買値を上げればいいだけだろっ!」
     

    全くそのとおり、返す言葉もありません。
     

    しかし、売却時のあの安かった株価がどうしても脳裏をよぎってしまう。
     

    未熟者、と言われればまったくそのとおり。
     

     

    ということでいっそのこと今回この機会に思い切って売却資金と今回貯まった資金をいっしょにしてフィリップモリスを買ってしまおう!
     

    と考えているわけです。
     

    本件全くの予定外、本意ではありませんが、自らまいた種、止むを得ません。
     

    (それにしてもフィリップ君、あんた最近ちょっと上がりすぎ、、、)

     

    (投資にあたってはあくまで自己責任でお願いいたします。)

     

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    追伸2

     

    あー買い物行かなくちゃ、でも面倒くさーい。」というそんなずぼらなあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

     

     

       

     

    追伸3 

     

    配当収入(累計)1000万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

     

    ※重要追伸

     

    一つのカゴに多くの卵を入れるのは危険! あなたも証券会社の分散化をはかってみませんか?(もちろん口座開設は無料です。)

     

       SBI証券さん

     

         


      楽天証券さん

     

         


      マネックス証券さん
     

         

        

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    お薦め情報



    アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





    米国株銘柄が充実、まずは口座開設








    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM