<< フィリップ・モリス 2019年の利益見通しを下方修正! その理由はJT同様カナダでの訴訟 しかしその額が、、、 | main | 確定申告は米国株投資家の義務です!と言われて「えっ?」と思われた方はご一読ください >>
2019.03.06 Wednesday

アルトリアが配当のお知らせをリリース サプライズはないがあらためて認識したこの銘柄の素晴らしさとは?

0

     

     

     

     

    たばこ銘柄のアルトリア(MO)が現地時間の2月28日に、配当のお知らせ、をリリースしていました。
     

    今回の配当は前回1月支払い時と同様の1株当たり0.80ドル。
     

    支払日は4月30日となっています。
     

     

    アルトリアの場合、通常増配発表のタイミングは8月(10月支払い)ですから、もちろん今回の発表になんのサプライズもありません。
     

     

    ただ、あらためて過去を振り返るとこの銘柄の素晴らしさが見えてきます。

     

     

     

     

    こちらは過去の増配率の推移(支払いベース)となりますが、昨年の2度の増配による14.9%の増配率を除いても実に安定した、それも8%以上という高いレベルでの増配率となっています。
     

    インカムゲイン投資家にとってこれほど頼もしい味方はないでしょう。
     

     

    では、稼ぐ力の営業キャッシュフローマージンはどうか?

     

     

     

     

    あれれ、直近の2018年は30%を超えているけど、それ以前はずい分低いレベルだったんだなー。
     

    と思われたかもしれません。
     

    ただ、ここで注意しなければならないのは、アルトリアがほぼアメリカ国内のみでビジネスをしているという事実。
     

     

    で、それがマージンと何の関係が?
     

    ということですが、ご存じのとおりアメリカは昨年トランプの税制改革によって法人税率をそれまでの35%から一気に21%へと引き下げました。
     

    これによってこれまで35%という高税率での商売を余儀なくされていたアルトリアもようやく他のグローバル企業並みの税率での商売が可能となったのです。
     

    これが営業キャッシュフローマージンの上昇につながったことは間違いありません。
     

    (そういう意味では2018年の2回の増配は、法人税還元配当と言えなくもないのでは、と考えています。)
     

     

    もちろん、この銘柄を取り巻く環境は非常に厳しいものがあります。
     

    それは第一に、健康への配慮の高まりによるたばこ、特に紙巻きたばこの販売数量の減少。
     

    (この問題は今に始まったことではありませんが。)
     

    そして、米国食品医薬品局(FDA)による規制強化。
     

    さらに米国ではいまだ加熱式たばこが認可されていない、という現状
     

    を見れば明らかでしょう。
     

     

    しかし、逆風は今に始まった話ではありません。
     

    過去から長きに渡り続いているアゲンストの風の中、この銘柄はしたたかに生き残って来たのです。
     

     

    また最近では、
     

    ・マリファナ銘柄、カナダのクロノス・グループ(CRON)の買収。
     

    ・電子タバコで圧倒的なシェアを誇る、ジュール・ラブズへの資本参加。
     

    と、この銘柄は着々と手を打っています。
     

     

    ということで、配当性向80%という株主還元方針といい、この先も今と変わらぬ姿で我々投資家に恩恵を与え続けてくれはず、と思っているのですが楽観的すぎるでしょうか?

     

    (投資にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。)

     

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    追伸2

     

    あー買い物行かなくちゃ、でも面倒くさーい。」というそんなずぼらなあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

     

     

       

     

    追伸3 

     

    配当収入(累計)1000万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

     

    ※重要追伸

     

    一つのカゴに多くの卵を入れるのは危険! あなたも証券会社の分散化をはかってみませんか?(もちろん口座開設は無料です。)

     

       SBI証券さん

     

         


      楽天証券さん

     

         


      マネックス証券さん
     

         

        

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    お薦め情報



    アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





    米国株銘柄が充実、まずは口座開設








    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM