<< リース会計基準変更でリース業界が大打撃? オリックス(8591)は大丈夫か? | main | JT(日本たばこ産業)からの優待案内を受領 グレードアップに喜ぶ一方落胆した理由とは? >>
2019.03.09 Saturday

インテルから配当受領 バフェットがとうに見限った銘柄をホールドする理由

0

     

     

     

     

    3月5日に半導体大手のインテル(INTC)からの配当を受領しました。
     

    配当額ですが、すでに発表のとおり前回の1株当たり0.30ドルから5%増配し、0.315ドルとなっています。

     

     

     

    インテル一口メモ

     

    インテルですが、実はバフェットが以前保有していた。という事実は意外と知られていないのではないでしょうか。
     

    保有していた。ということは売却されてしまった、ということで売却前後の株数の推移は以下のとおりとなっています。
     

     

     

    バフェットはとうの昔にこの銘柄を見限ったわけですが、果たして現在の稼ぐ力・ブランド力はどの程度なのか?
    ということで営業キャッシュフローマージンを確認してみることに。

     

     

     

     

    こちらは直近4年間の数字ですが、2017年までの3年間も35%前後と素晴らしい安定感でしたが、直近の2018年ではさらに上昇、40%を超えています。

     

     

    ただこの数字自体は同業他社と比べてどうなの?という疑問が。

     

    ということで比較したのがこちら。

     

    尚同業他社については、ブロードコム、クアルコム、エヌビディアとテキサスインスツルメンツの4社としました。

     

     

     


    やはりこの業界は総じて高いレベルで競いあっているのが見て取れますが、安定感という点ではインテルとテキサスインスツルメンツが、そして勢いということになるとブロードコムといった構図が見えてきます。

     

     

    最近の増配率は以下のとおり。

     

     

     

     

    業種柄連続増配というわけにはいっていませんし、安定感こそないもののまずまずのレベル。

     

    ということで、今後もホールドに何の迷いもありませんが、この銘柄を買い増す予定はありません。

     

     

    その理由は、

     

    現在の2%ちょっとという配当利回り。

     

    投資期間をそれほど長く取れない中高年投資家にとって現在の水準ではとても手を出すわけにはいかない、というのが正直なところ。

     

    そもそもこの銘柄を購入したのは株価が下落し配当利回りが4%を超えていたタイミング。

     

    この業界は景気循環型という面もあるわけで、株価が落ちてくるまで(≒配当利回り上昇)焦らずじっくり待つ、というスタンスでいきたいと思います。

     

    ということで、もちろんホールドです。

     

    (投資にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。)

     

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    追伸2

     

    あー買い物行かなくちゃ、でも面倒くさーい。」というそんなずぼらなあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

     

     

       

     

    追伸3 

     

    配当収入(累計)1000万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

     

    ※重要追伸

     

    一つのカゴに多くの卵を入れるのは危険! あなたも証券会社の分散化をはかってみませんか?(もちろん口座開設は無料です。)

     

       SBI証券さん

     

         


      楽天証券さん

     

         


      マネックス証券さん
     

         

        

    コメント
    見限ったと言うよりは、爺さんの古臭い頭では判断できなかったと言うことですね。
    IBMも然り。
    • Roger G
    • 2019.03.09 Saturday 23:31
    Roger Gさん

    コメントありがとうございます。
    確かにそうかもしれません。
    アマゾンの将来性を見抜けなかったこともそうですし。

    • 正直者
    • 2019.03.10 Sunday 06:37
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    お薦め情報



    アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





    米国株銘柄が充実、まずは口座開設








    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM