<< オリックス(8591)を保有してわかった この銘柄を安心して購入できる理由 | main | やはり投資の神様にも得手不得手はあるのか? アップルに感じる将来への不安 >>
2019.03.17 Sunday

アーリーリタイアのためのシミュレーション開始 その1

0

     

     

     

     

    先日の記事、その日は突然訪れた − 生活費いくら必要ですか?で書いたとおり、現在妻に今後夫婦二人が生活するために必要な生活費の計算をお願いしているところです。
     

    なんでもマイペースな妻の事、その回答がいつになるかはわかりませんが、今回の件をきっかけに俄然アーリーリタイアへの気持ちが高まって来ました。
     

    もちろん妻が提示する金額によってはアーリーリタイアが夢と消える可能性はあるわけですが、今回の件をきっかけに具体的なシミュレーションを開始したところです。
     

     

    それが以下の表となります。(※金額は例であり実際の数字ではありません。)

     

     

     

     

    表の左上から、西暦、年齢、月、となっており、その下からは収入と支出の項目となっています。
     

     

    そして何より重要なのが一番下の預金残高。
     

    収入から支出を差し引いたこの金額がプラスであれば問題なし、マイナスの場合アーリーリタイアは無理!ということ。

     

     

    尚、今回各項目に対して当方が設定した条件は以下のとおり。

     

     

     

     

     

     

    当然この表は右の方に長く続いており、今回作成したのは年金受給開始年齢の65歳を少し過ぎた66歳まで。
     

     

    その結果どうなったか?
     

    ですが、残念ながら
     

     

    60歳を少し過ぎたところで預金残高がマイナスに転落。
     

     

    という悲しい結末となってしまいました。(泣)
     

    当初のプランでは、58歳で退職した後は貯金を取り崩してしのいで、その後は60歳の誕生日から使用可能となる退職金(確定拠出年金)を取り崩し、なんとか65歳の年金受給開始まで持ちこたえる。
     

    というものだったのですが、あえなくプラン崩壊。
     

     

    その理由ですが、まずは現時点から成り行きで積み上げた預金残高では足りない。
     

    但し、今後本業の給料アップが不可能(というかダウンしてしまう)であることから、こちらはそう簡単に増やすことはできません。
     

     

    そしてやはり、
     

    ※配当は65歳までは一切生活費には充当しない!
     

    という超わがままプランではアーリーリタイアは不可能!
     

    という厳しい現実にぶち当たることになってしまいました。
     

     

    配当を一切使わずに乗り切ろうなんて、甘いというか、ぜいたく過ぎるということなんですねー。
     

    しかし、当方としては今や何よりの趣味、楽しみ、生きがいとなっている追加投資(配当の再投資)はそう簡単にやめたくない!
     

    (ブログネタのためにも、、、)
     

    とは言うものの、現在窓際という職(?)にあり、会社での精神的なプレッシャーを考えると退職年齢を伸ばしたくはありません、というか耐えられません。
     

     

    うーん、悩ましい、、、
     

    他の条件もまだまだ精査する必要がありそうですので、配当も含めさらなる検討を進めます。
     

    (母ちゃん、とりあえず早く回答ください、、、)

     

    (アーリーリタイアにあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。)

     

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    追伸2

     

    あー買い物行かなくちゃ、でも面倒くさーい。」というそんなずぼらなあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

     

     

       

     

    追伸3 

     

    配当収入(累計)1000万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

     

    ※重要追伸

     

    一つのカゴに多くの卵を入れるのは危険! あなたも証券会社の分散化をはかってみませんか?(もちろん口座開設は無料です。)

     

       SBI証券さん

     

         


      楽天証券さん

     

         


      マネックス証券さん
     

         

        

    コメント
    私は40代後半ですが、年金は貰える権利はあるが、実際は貰えないものと考えております。
    年金を当てにしたアーリーリタイアは怖くないですか?
    • 年金は貰える?
    • 2019.03.17 Sunday 09:56
    年金は貰える?さん

    コメントありがとうございます。
    当方が考えているのは、今後は長期に渡り緩やかに減額し続けていく、というものです。
    現在及び将来の受給者人口を考えた場合、いきなり年金がゼロになれば多くの人々が路頭に迷い国として終わってしまいます。
    現在すでに配当収入は予想年金受給額を超えていますが、万一公的年金がゼロになっても自分年金でゆとりを持って生活できる所まで行ければ、とは思っていますが。
    • 正直者(管理人)
    • 2019.03.17 Sunday 11:42
    >>今後は長期に渡り緩やかに減額し続けていく、というものです。
    私もこの予測に賛成ですね。
    理由としては、いきなりゼロにしては誰も年金を払う人がいなくなってしまうからです。政府としては可能な限り年金崩壊を引き延ばすでしょう。
    • 太郎
    • 2019.03.17 Sunday 12:31
    コメント有り難うございます。余裕があるうちにベーシックインカムにすると思うのですが。将来破綻するのが分かっているので。
    • 年金は貰える?
    • 2019.03.18 Monday 00:03
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    お薦め情報



    アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





    米国株銘柄が充実、まずは口座開設








    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM