<< 今さらですが米国株の最大のデメリットを発見してしまいました。 但し、、、 | main | いつかは買いたい銘柄のデータアップデートを実施 −コルゲート・パルモリーブ >>
2019.03.19 Tuesday

人気企業=優良銘柄にあらず さて今年のランキング(The Axios Harris Poll 100)は?

0

     

     

     

     

    先日ある投資レポートを読んでいたら非常に興味深い記事を見つけました。
     

    それが、アメリカの人気企業ランキング。
     

    具体的には、The Axios Harris Poll 100と呼ばれるランキングなのですが、全米の18,228人へ昨年の11月から調査を実施。
     

    その方法ですが、まずは回答者が知っている、または聞いたことがある会社で一番良いと思う会社と反対に一番ひどいと思う会社をあげてもらい、それをランク付けする、というもの。
     

    尚、このランキングに入っていない会社は、良きにつけ悪きにつけ人々の心に浮かばなかった、つまりある意味これら100社の企業ほど知名度がなかった、ということになります。
     

    今回はその100社のうち、我々日本人になじみのある会社を独自にピックアップしてみました。
     

     

    それがこちら。

     

     

     

     

    やはり日本人として最初に目が行ったのが日本企業(黄色)。
     

    10位 ソニー、30位 任天堂、36位 ホンダ、37位トヨタとすべてが”とても良い”という評価となっておりうれしい限り。
     

    (それにしてもソニーって日本ではイマイチですが、アメリカの一般市民の中ではいまだネームバリューがあるんですねー。もちろんゲーム会社としてでしょうが、、、)
     

     

    ちなみにそれより上の最高ランク”素晴らしい”では、アマゾン、ウォルトディズニー、そしてサムスンがランクイン。
     

     

     

    次に当方が保有している銘柄に目を向けると、意外な結果となっていました。(黄緑)
     

    ”とても良い”
     

    8位 Procter & Gamble
     

    33位 Johnson & Johnson
     

     

    ”良い”
     

    49位 IBM
     

    50位 PepsiCo
     

    56位 Royal Dutch Shell
     

    64位 Verizon
     

     

    ”まあまあ”
     

    74位 AT&T
     

     

    ”悪い”
     

    88位 McDonald's
     

     

    ”ひどい”
     

    99位 Phillip Morris

     

     

    やはり一般市民の企業イメージとなればまずは健康が先に来るのでしょう。
     

    ”悪い”に入ったマクドナルド、そして”ひどい”のフィリップ モリスを見ればそれがわかります。
     

    尚、最下位の100位にはU.S. Government、つまり会社ではないアメリア政府がランクインしているところがアメリカ市民のアメリカ市民たるところでしょうか。
     

    (ということで、実質の最下位が我がフィリップ モリスということになります。)
     

     

    タイトルにも書いたとおり、この調査はあくまで一般市民から見た企業イメージが良い会社と悪い会社。
     

    ということで、投資家目線とはずいぶんとかけ離れたものになっていることがわかります。
     

    例えばそれはクラフト ハインツ(14位)、GE(43位)の評価が高いことをみてもおわかりでしょう。
     

     

    さて、皆さんの持株は何位にランクインしていたでしょうか?
     

    (すべてを見たい方はこちらのサイトとなります。⇒ The Axios Harris Poll 100
     

    以上、ご参考まで。

     

     

    (投資にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。)

     

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    追伸2

     

    あー買い物行かなくちゃ、でも面倒くさーい。」というそんなずぼらなあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

     

     

       

     

    追伸3 

     

    配当収入(累計)1000万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

     

    ※重要追伸

     

    一つのカゴに多くの卵を入れるのは危険! あなたも証券会社の分散化をはかってみませんか?(もちろん口座開設は無料です。)

     

       SBI証券さん

     

         


      楽天証券さん

     

         


      マネックス証券さん
     

         

        

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    お薦め情報



    アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





    米国株銘柄が充実、まずは口座開設








    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM