<< インカムゲイン投資家が株価暴落時でも安心して眠れる理由(久しぶりに書きます) | main | 私のプチ履歴書ァ 檗〕鬚40代 木に登った豚 その2 >>
2019.03.23 Saturday

いつかは買いたい銘柄のデータアップデートを実施 −コカ・コーラ(KO)

0

     

     

     

     

    さて、以前から取り上げている「いつかは買いたい銘柄」。

     

    これ、現在は保有していないけれど、さしたる理由もなく暴落したら是非購入したい銘柄として、当方が勝手に命名した銘柄のことなのですが、現時点では以下7銘柄となっています。

     


    ・コルゲート・パルモリーブ(CL)

     

    ・ハーシー(HSY)

     

    ・ケロッグ(K)

     

    ・キンバリー・クラーク(KMB)

     

    ・コカ・コーラ(KO)

     

    ・マコーミック(MKC)

     

    ・ユニオン・パシフィック(UNP)


     

    ただ、いくら過去の業績が素晴らしくとも、GEや最近のクラフト・ハインツ(KHC)のようにいつ何時凋落するかわからない。

     

    ということで、久しぶりにこれら銘柄の各種データをアップデートして確認することにしました。

     


    今回確認したのが、コカ・コーラ(KO)

     


    カコ記事はこちら。

     

    いつかは買いたい銘柄のデータアップデートを実施 −コルゲート・パルモリーブ
     

    いつかは買いたい銘柄のデータアップデートを実施 −ハーシー(HSY)

     

    いつかは買いたい銘柄のデータアップデートを実施 −ケロッグ(K)

     

    いつかは買いたい銘柄のデータアップデートを実施 −キンバリークラーク(KMB)

     

     

     

    言わずと知れたこの銘柄ですが、一応会社概要から。

     

     

    会社概要

     

     

    コカ・コーラはノン・アルコール飲料の世界最大メーカー。

    ノン・アルコール飲料用濃縮液とシロップの製造と販売に従事する。

    同社ブランドは500種以上の炭酸飲料、ダイエット炭酸飲料、果汁飲料、紅茶、コーヒー、水、スポーツ飲料、エネルギー飲料と多岐にわたる。

    主要品名は「コカ・コーラ」、「ダイエット・コーク」、「パワーエイド」、「ダサニ」、「ミニッツ・メイド」など。

     

    (YAHOOファイナンス)

     

     

    その業績ですが、まずは売上高と1株利益の推移から。

     

     

     

     

    売上の方ですが、きれいな右肩下がりとなっているのは、再フランチャイズ化を進めているためであり、心配は無用。

     

    また、利益において2017年が大きく落ち込んでいるのは特殊要因によるものとは言え、この時点では「コカ・コーラ神話ももはやこれまでか。」と心配されたのも事実。

     

     

    続いては営業キャッシュフローマージン。

     

     

     

     

    お化粧が効かない、企業の真の姿を表すこちらの数字ですが、直近の2018年は以前のレベルまで回復しているのが見て取れます。
     

     

    一方、借入金残高の方は増加傾向にはないものの、金額的に少々多いのが気になるところではあります

     

     

     

     

    そして増配率は、と言えば、
     

     

     


    うーん、さすがはコカ・コーラ、2017年までは右肩下がりであったものの、高いレベルで推移しているのが見て取れます。

     

    さらに今さら言うまでもありませんが、コカ・コーラと言えば連続増配、その年数は半世紀を超える56年連続。

     

     

    以上、特に2018年はある意味プチ復活となり、ここまでを見る限り購入にあたって問題はありません。

     

    さらにこの銘柄は、当方が2008年に初めて米国株というものを購入した時から、ずーーーーっといつかは購入したい銘柄としてその姿を追い続けて来たいわばあこがれの銘柄。

     

    しかし、現時点では購入には踏み切れません。

     

    その理由は3.4%という配当利回り。

     

    正直これで十分という気持ちがないと言ったらうそになりますが、どうしてもあと一歩が踏み出せないでいます。

     

    ただ配当収入300万円を達成し、利回りに縛られなくなった暁には間違いなく購入候補の一番手。

     

    であることは間違いありません。

     

    (投資にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。)

     

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    追伸2

     

    あー買い物行かなくちゃ、でも面倒くさーい。」というそんなずぼらなあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

     

     

       

     

    追伸3 

     

    配当収入(累計)1000万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

     

    ※重要追伸

     

    一つのカゴに多くの卵を入れるのは危険! あなたも証券会社の分散化をはかってみませんか?(もちろん口座開設は無料です。)

     

       SBI証券さん

     

         


      楽天証券さん

     

         


      マネックス証券さん
     

         

        

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    お薦め情報



    アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





    米国株銘柄が充実、まずは口座開設








    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM