<< オリックスの決算発表 10期連続で増益、5期連続で過去最高益更新も株価には期待していけない理由 | main | AT&Tより配当受領 たとえ増配率が逓減し続けてもこの銘柄を保有し続ける理由 >>
2019.05.11 Saturday

アルトリアより配当受領 インカムゲイン銘柄の超優等生に癒される瞬間

0

     

     

     

     

    5月7日にたばこ大手のアルトリア(MO)からの配当金が入金しました。

     

    アルトリアの増配タイミングは通常は10月支払い時ですから、今回も前回同様1株当たり0.80ドルとなっています。

     

    この銘柄を初めて購入したのが2008年、その後2011年、12年、さらには今年に入ってそれぞれ2度の買い増しと数多く買い増しを実施してきていますが、今回の配当分を含む過去の積み上がりは以下のとおりとなっており、総投資額331万円に対する総配当受領額は169万円。

     

    現時点の投資回収率は約51%にまで達しています。

     

     

     

     

    もちろん追加投資すればこの比率は下がるわけで単純比較にあまり意味はないわけですが、以下の増配率が示すとおり、インカムゲイン銘柄の超優等生であることは間違いありません。

     

     

     

     

     

    これらのグラフを見ていると本当に癒されます。

     

    まさにインカムゲイン投資家みよりに尽きる銘柄と言えましょう。

     

     

    そしてさらにのグラフで注目したのは、今回の増配率ではなく2007年から2009年までの期間の増配率。
     

     

    そう、リーマンショックをはさんだ期間。
     

     

    以下のとおりリーマン前は12000ドルを大きく超えていたダウがリーマン発生後は終値での最安値が7000ドルちょっとにまでまさに大暴落。

     

     

     

     

     

    多くの人々がパニックになり、売りが売りを呼んでいたこの期間、アルトリアは?と言えば何事もないように黙々と増配を続けていたのです。
     

     

    こんなに頼もしい銘柄、安心感を与えてくれる銘柄があるでしょうか。

     

     

    そんなアルトリアですが、伝統的な紙巻きたばこを取り巻く環境が年々厳しさを増す中、特に昨年はFDAのたばこ製品におけるメンソールなど一部フレーバーの使用の抑制を発表したことで特に昨年11月以降の株価はさえない動きとなりました。

     

    ただ先日も記事にしたとおり、そのFDAが加熱式たばこアイコスの販売許可を出したことは記憶に新しいところ。

     

    もちろんこれがすぐに業績に影響することはありませんが、朗報であることは間違いありません。

     

    またマリファナ銘柄のカナダのクロノス買収、さらには電子タバコで圧倒的なシェアを誇るジュール・ラブズへの出資等、将来の紙巻きたばこのさらなる減少を見据え着々と手を打っています。

     

    ということで、今後もこの銘柄を手放す予定はありません。

     

    (投資にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。)

     

     

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    追伸2

     

    あー買い物行かなくちゃ、でも面倒くさーい。」というそんなずぼらなあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

     

     

       

     

    追伸3 

     

    配当収入(累計)1000万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

     

    ※重要追伸

     

    一つのカゴに多くの卵を入れるのは危険! あなたも証券会社の分散化をはかってみませんか?(もちろん口座開設は無料です。)

     

       SBI証券さん

     

         


      楽天証券さん

     

         


      マネックス証券さん
     

         

        

    コメント
    はじめて、コメントします。
    よろしくお願いします。
    アルトリアの購入検討をしています。
    そこで、貴ブログにたどり着きました。
    貴ブログの配当のグラフを見ますと、配当利回りは、約10パーセントのように見受けられます。2018年は、配当金290,508円となり、2019年179,309円よりも多くなっております。そのあたりに、増配が絡んでるのかなとも思いますが、教えていただきたくコメントしました。初歩的な質問で申し訳ありません。
    • しんさく
    • 2019.06.09 Sunday 16:01
    しんさくさん

    コメントありがとうございます。
    配当利回りは現在6.2%(年間配当3.2ドル÷51.38ドル)となっています。
    2019年の配当金は2回分の合計ですので、年内の残り2回分の配当が含まれていません。
    以上、参考になれば幸いです。

    • 正直者(管理人)
    • 2019.06.09 Sunday 16:37
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    お薦め情報



    アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





    米国株銘柄が充実、まずは口座開設








    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • すかいらーくの第3四半期決算 時限爆弾は爆発せずも優待投資はできない理由
      正直者(管理人) (11/18)
    • すかいらーくの第3四半期決算 時限爆弾は爆発せずも優待投資はできない理由
      ひろー (11/18)
    • エクソン・モービルとロイヤル・ダッチシェルの第3四半期決算 軍配を上げたのは?
      正直者(管理人) (11/12)
    • エクソン・モービルとロイヤル・ダッチシェルの第3四半期決算 軍配を上げたのは?
      ウィニングチケット (11/11)
    • たぱぞう氏の「寝ながら稼げるグ〜タラ投資術」 1冊1,500円は暴利と言える合理的理由
      正直者(管理人) (11/11)
    • 子供から突然のLINE「投資を始めたいんだけど〜。」で中年投資家、がぜん張り切る! その4
      正直者(管理人) (11/11)
    • エクソン・モービルとロイヤル・ダッチシェルの第3四半期決算 軍配を上げたのは?
      正直者(管理人) (11/11)
    • たぱぞう氏の「寝ながら稼げるグ〜タラ投資術」 1冊1,500円は暴利と言える合理的理由
      shin (11/10)
    • 子供から突然のLINE「投資を始めたいんだけど〜。」で中年投資家、がぜん張り切る! その4
      shin (11/10)
    • エクソン・モービルとロイヤル・ダッチシェルの第3四半期決算 軍配を上げたのは?
      ウィニングチケット (11/10)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM