<< バフェット ついにアマゾンを購入 ただそれ以上に気になるのは、、、 | main | 今回はオリックスではなくアッヴィを購入したある意味納得できる理由とは? >>
2019.05.17 Friday

政府 70歳雇用へ企業に努力義務法案化へ で年金受給開始年齢70歳確定! 皆さんお急ぎ下さい!!

0

     

     

     

     

    5月15日、政府が希望する高齢者が70歳まで働けるようにするための高年齢者雇用安定法改正案の骨格を発表したことをテレビ、新聞等が伝えていました。


    ごくごく簡単に言えば、企業には70歳までの雇用実現のため、以下7項目の中から選択してもらう、という内容。
     

     

    (1)定年を70歳まで延長
     

    (2)定年廃止
     

    (3)契約社員や嘱託などによる再雇用
     

    (4)他企業への再就職支援
     

    (5)フリーランスで働くための資金提供
     

    (6)起業支援
     

    (7)NPO活動などへの資金提供
     

     

    このうち(1)から(3)までは現在すでにある内容であり、これに4以降が新たに追加されたことになります。
     

    今回は努力義務ということのようですが、将来完全義務化される確率は非常に高くなったと言えるでしょう。
     

     

    これに対して、
     

    「いやいや、これは我々働くものの側からすればいいことなんじゃないの。70歳まで確実に働きやすくなるわけで、政府の調査によれば65歳〜69歳までの高齢者の65%は「仕事がしたい。」と感じているということだし。」
     

    というご意見もあろうかと思います。
     

    確かに働きたい方にとってはそうかもしれません。
     

     

     

    ただ今回の法改正と合わせて政府が検討している内容を見逃してはいけません。
     

    それが、
     

    年金制度の見直し。
     

    そしてその具体的な内容が、
     

    公的年金の受給開始年齢を70歳以降でも可能にし、その分受給額を増やす。
     

    というもの。
     

    要は政府は70歳まで確実に働かせて、それに合わせて年金も70歳からにしようとしている、つまり年金の受給開始年齢を現在の65歳から70歳へ繰り下げようとしていることは明らか。
     

    そしてその背景にあるのは、もちろん年金制度の維持、つまりは破綻回避。
     

     

    当方年金の70歳受給開始(繰り下げ)は十分想定済みでしたが、どうやらそのタイミングは想定よりかなり早くなりそうです。
     

    ということで、特に20代から30代の皆さん、再々になりますが自分年金の構築をお急ぎ下さい!
     

    恐らく皆さんが定年を意識する年齢に到達する頃には、定年は70歳どころか80歳になり、同然のごとく年金受給開始年齢もそれに合わせる形となっていることでしょう。
     

     

    そんなになってまで働きたいですか?
     

    いや実際働けますか?
     

     

    自分年金の構築が何を意味するか?
     

    当ブログを読んでいる皆さんであればもちろんお・わ・か・りですよね?

     

    (年金の構築にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。)

     

     

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    追伸2

     

    あー買い物行かなくちゃ、でも面倒くさーい。」というそんなずぼらなあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

     

     

       

     

    追伸3 

     

    配当収入(累計)1000万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

     

    ※重要追伸

     

    一つのカゴに多くの卵を入れるのは危険! あなたも証券会社の分散化をはかってみませんか?(もちろん口座開設は無料です。)

     

       SBI証券さん

     

         


      楽天証券さん

     

         


      マネックス証券さん
     

         

        

    コメント
    政府70歳雇用…拝読しまして
    正直者さん、勢力的なブログ執筆の内容にいつも勉強させてもらい感謝です。
    書かれている内容にあるように国が定年延長を義務付け年金需給年齢を引き下げ、この事を多くの皆さんは関心もって知っているのでしょうか?
    そもそも国は、国民をどれだけ働かせどれだけ納税させれば安心老後なんて迎えられるのでしょうか?
    正直者さんかがよくおっしゃっている自分年金を計画的にコツコツ積み上げる実行力なんでしょうね!
    乱筆乱文失礼します。
    • おおきなわっか
    • 2019.05.18 Saturday 07:40
    おおきなわっかさん

    ありがとうございます。
    そう、心配しているのは我々国民が状況を正しく理解しているのか。
    国がやることが常に正しいとは限らない。
    これは歴史が教えていること。
    この当たり前の事実に多くの国民が気づいた時、自分年金が一般的になるときだと思っています。
    • 正直者(管理人)
    • 2019.05.18 Saturday 09:27
    正直者さんこんばんは。
    年金受給開始年齢が70歳になるなんて、
    70歳まで働くなんて、
    考えただけでもゾッとします。

    そのための自分年金の構築よくわかります。
    正直者さんはそれを米国増配株、高配当株を中心に構築されているわけですが、ひとつ質問させてください。
    為替です。
    構築中は円高になるとたくさん株が買えてありがたいですが、使う時は円高になると減ってしまいますよね。
    1ドル110円で年300万円の配当だとしても、80円になったら216万円になってしまいます。
    リタイア後自分年金を使う側になった時に円高になったらどうなさいますか?
    甘んじて216万円で生活なさいますか?
    それとも衰退していく日本は円安になることはあっても円高にはならないと思われますか?

    よろしければお考えをお聞かせください。

    • そだお
    • 2019.05.19 Sunday 00:31
    そだおさん

    将来の為替は神のみぞ知る、ご指摘のとおり80円になるかもしれません。
    その時はその時、と割り切っています。
    但し、
    現在のリタイア計画では年金受給開始の65歳まで投資を続けたいと考えています。
    おそらく、ですがその時配当収入はドルベースで現在よりかなり多くなっている確率が高いと思っています。
    そして、こちらもたられば、ですが少子高齢化、GDP比200%を超える莫大な借金等、当方はこの国の未来には悲観的(つまり過度な経常的円高の可能性は低い)です。
    • 正直者(管理人)
    • 2019.05.19 Sunday 04:11
    おはようございます。
    70歳以上まで公的年金支給受けないとなると、公的年金支給されないまま寿命に達してしまうかもしれませんね。

    逆に長生きした場合に公的年金だけでは生活費が足りないですし、私は.灰張灰蝶猟蟲鮟亰診金、NISA投資信託とI堽秒翡さんのプログ参考に楽しい楽しい個別銘柄投資で備えたいと思います。

    そだおさんのおっしゃる通り、為替は確かに心配ですね。
    私は100%米国ではなく、日本株と米国株の比率バランスで将来の為替リスクをカバーしたいと考えます。
    • ウィニングチケット
    • 2019.05.19 Sunday 09:07
    ウィニングチケットさん

    確かに現在の男の平均健康年齢は72歳、多少伸びるでしょうがそれにしても厳しいい。
    確定拠出、投資信託、個別の3本柱、さらに日米のバランスの取れた投資であれば将来安泰ですね。
    • 正直者(管理人)
    • 2019.05.19 Sunday 13:27
    正直者さんこんばんは。

    早速の回答ありがとうございます。
    そうでした、増配されるのでした。
    追加投資は止めても配当は増えるのでした。
    複利様様ですね。
    • そだお
    • 2019.05.19 Sunday 21:06
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    お薦め情報



    アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





    米国株銘柄が充実、まずは口座開設








    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM