<< フィリップ・モリスが配当のお知らせをリリース  ついに増配ストップか!? | main | インテルから配当受領 バフェットがとうに見限ったこの銘柄をホールドする理由 >>
2019.06.11 Tuesday

金融庁の「人生100年時代で2000万円が不足」に対する批判で露呈したこの国のお金のリテラシーの低さ

0

     

     

     

     

    6月5日付記事、人生100年時代で2000万円が不足! という金融庁の報告結果に思わず喜んだ理由 416 にて、金融庁が6月3日にリリースした人生100年時代を見据えた資産形成を促す報告書について書きました。
     

     

    その報告書ですが要約すると、
     

    高齢化が進む中、95歳まで生きると仮定すると、夫婦で約2000万円の金融資産の取り崩しが必要になる、つまり公的年金のみでは2000万円が不足する。
     

    との試算を示し、その対応として現役時代から長期積立型で国内外の商品に分散投資することを推奨しています。
     

    (※尚、前回は書きませんでしたが、この2000万円不足の計算には老人ホームなどの介護費用や住宅リフォーム費用等の特別な支出は含まれていませんので、実際には2000万円よりもさらに不足額は増加することになることに注意が必要です。)
     

     

    実はこの報告書を野党が問題視していて、早速国会で追及を開始しました。
     

    なんでも

     

    「報告書は自公政権が100年安心としてきた年金制度の破綻を示唆するもので、政府の責任放棄だ。」

     

    と批判しているとのこと。
     

     

    この報道を聞いて当方、
     

    「まったくお金のリテラシー低いな〜、全然わかってないな〜。」
     

    って思ってしまいました。
     

    確かに公的年金に関して100年安心としてきた政府の見解との矛盾が露呈した、という意味での批判なら理解できないわけではありません。
     

     

    しかし、この国の事を本当に思うのであれば野党としてすべきことは、まずは
     

    「少子高齢化で早々に年金制度は立ちいかなくなる。」
     

    とはっきり言う事。
     

    子供の割合はどんどん減り、年寄りばかりになるわけですから普通に考えればこれ当たり前。
     

     

    そして具体的な対策を公表すること。
     

     

     

    その対策とは、
     

    ・社会保険料率アップと税収アップのための消費税を中心とする(大)増税。
     


     

    ・年金支給額の減額と支給開始年齢の繰り下げ
     

     

    「何をバカなことを! そんなこと国民が許すわけがないし、そもそもそんなことを言えば選挙で負けるに決まってるでしょ!」
     

    確かにそれはそうです。
     

    しかし収入が減り(つまり若者が減る)支出が増える(つまり年寄りが増える)のですから、破綻は確実。
     

    これを避けるには、収入を増やすか支出を減らすか(もしくはその両方)しかありません。
     

    そのための具体策が上記となります。
     

    世の中いいとこ取りなどないのです。
     

     

    「そんな国民に痛みを与える施策など取れるはずないだろ!」
     

    ではこのまま破綻を待つのですか?
     

    それこそあまりに無責任というもの。
     

     

    ということで代わって登場するのが長期での投資。
     

    そう、国民一人一人が自ら投資すること。
     

    言い換えれば自分の身は自分で守ること。
     

    もし野党が真に国民の事を思うなら、国民に長期投資をお願いしなければなりません。
     

    それももっともリターンの高い長期の株式投資。
     

    これが正解。
     

     

    但し、これを言った場合選挙で当選するかは保証の限りではありません、、、
     

    そういう意味でいまだに現預金にしがみつく日本国民のリテラシーの低さも大いに問題。
     

    ではないでしょうか、、、

     

    (投資にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。)

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    追伸2

     

    あー買い物行かなくちゃ、でも面倒くさーい。」というそんなずぼらなあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

     

     

       

     

    追伸3 

     

    配当収入(累計)1000万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

     

    ※重要追伸

     

    一つのカゴに多くの卵を入れるのは危険! あなたも証券会社の分散化をはかってみませんか?(もちろん口座開設は無料です。)

     

       SBI証券さん

     

         


      楽天証券さん

     

         


      マネックス証券さん
     

         

        

    コメント
    老後のために2000万円ためることは大変なことです。
    財務大臣は報告書の受け取りを拒否しましたが、年金だけでは安定した老後を過ごすことは難しいと思います。
    政治家が何とかしてくれれば有り難いですが、現状それは期待できません。
    自分で考えて貯めるしかありません。

    捜せばいろんな方法があると思います。
    私が捜した結果見つけた方法は複利です。

    人生100年時代 老後に笑うのは共働きの正社員夫婦 では大笑いするのは?

    という不良中年なのに正直者と名乗っている方が2018.9.26にお書きになった記事を読んでそう思いました。
    • そだお
    • 2019.06.13 Thursday 22:22
    そだおさん

    コメントありがとうございます、また記事の紹介ありがとうございます!

    お国に頼れなければ自分でなんとかするしかない、しかし言うは易く行うは、、、
    そんな時頼りになるのが複利の威力。
    これ、お国よりはるかに頼りになる強ーい味方です。
    • 正直者(管理人)
    • 2019.06.14 Friday 04:18
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    お薦め情報



    アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





    米国株銘柄が充実、まずは口座開設








    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM