<< 5%を超える利息が当たり前! こんな商品にどうして投資しないのか不思議でなりません | main | インカムゲイン投資家が正しい道を歩んでいるかどうかがわかる最も簡単な確認方法とは? >>
2019.06.19 Wednesday

山形県沖地震で再認識 銘柄選びへの無視出来ない影響とは?

0

     

     

     

     

    6月18日午後10時22分、山形県沖を震源とするマグニチュード6.8の地震が発生しました。
     

    最大震度はに新潟県村上市で震度6強。
     

    幸いこのブログを書いている時点では人命にかかわる大きな被害は出ていないようでほっとしているところです。
     

    日々早寝早起きを心掛けている当方、もちろん地震発生時は爆睡中。
     

    携帯の緊急地震速報の大きな音で目が覚めました。
     

    そしてそれから少し経った後にグラグラと横揺れが。
     

    慌てて1階に降りるとちょうど家族をテレビをつけて情報を確認しているところでした。
     

     

    新潟県と言えば2011年の中越地震で結構な被害にあったわけですが、その時ものすごい数の余震を経験したことから、家族全員が感覚的にだいたいの震度がわかるようになってしまいました。
     

    (もちろんこんなことは自慢できることでもなんでもありませんが、、、)
     

    「この揺れだと5弱まではいってない、4だね。」
     

    と家族て話していると、テレビ画面で各地の震度が表示され、やはり我が町は4でした。
     

    地震を経験されている方ならおそらく同意していただけると思いますが、4までだとそれほどの脅威は感じませんしモノが落ちたりすることもありません。
     

    ただその後はあまり眠れず寝不足の朝を迎えてしまいました。
     

     

    今回の地震ですが、投資との関連でやはり気になったのが原子力発電所への影響。
     

    新潟県には柏崎刈羽原子力発電所がありますが、現在稼働を停止しており被害もなかった、ということでほっとしているところです。
     

    当方の住んでいる地域は柏崎原発からそれほど近くはないのですが、被害の規模次第ではもちろん放射能の影響を受けることになります。
     

    そういう意味では今回の地震でもし放射能漏れ等、何らかの影響があったらと考えるとゾッとするわけでして、、、
     

     

     

    その原発関連で当方が保有している銘柄は、
     

    ・サザン(SO)
     


     

    ・ドミニオン・エナジー(D)
     

    の2銘柄。
     

    サザンに至っては現在原子炉の建設中となっています。
     

     

    もちろん原発保有のリスクを考えてこれら銘柄への合計での保有割合はマックスでも全体の5%まで。
     

    と自分の中で明確な基準をもって投資しています。
     

     

    「いやいや、地震大国の日本とは違い、アメリカではほとんど地震は起きないのだからそれほど神経質になる必要はないのでは?」
     

    という意見もあろうかとは思いますが、天災はなくとも人災があります。
     

    特にアメリアの場合で怖いのはテロ。
     

    これでやられたらひとたまりもありません。
     

    ここしばらくは地元で大きな地震がなかったこともあり、原発の危険性に対する意識が少々薄くなっていたように思います。
     

    今回の地震によってあらためてリスクと再認識したとともに、
     

     

    やはり自ら決めた投資基準から決して逸脱してはならない。
     

     

    ということを肝に銘じた中年投資家なのでした。

     

     

    (投資にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。)

     

     

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    追伸2

     

    あー買い物行かなくちゃ、でも面倒くさーい。」というそんなずぼらなあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

     

     

       

     

    追伸3 

     

    配当収入(累計)1000万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

     

    ※重要追伸

     

    一つのカゴに多くの卵を入れるのは危険! あなたも証券会社の分散化をはかってみませんか?(もちろん口座開設は無料です。)

     

       SBI証券さん

     

         


      楽天証券さん

     

         


      マネックス証券さん
     

         

        

    コメント
    震度の大きさからすると比較的被害が少なかったでしょうか。でも被害には違いありませんね。
    東日本大震災の1年前、転勤で仙台に住んでいました。
    仙台は30年おきに地震に見舞わていて、当時既にいつ起きてもおかしくないと言われていました。

    地元TVキャスターで具体的に呼びかけていた方がいました。
    市内には海岸から5キロまで津波がくるとの具体性に焦り、慌てて旦那さんにうち何キロかな?と確認しました。
    正確に地図で計らず感覚での判断でしたが。(焦ってもアバウトなのは人間の性でしょうか…。性格か。)

    ネットやニュースで得た情報から推定すると想定通りな感じでした。(またアバウトですみません…)
    当たる当たらないじゃなく、自分が今居るココの事を真剣に確認しなくちゃと思わせてくれました。

    東北大学の検証、研究に基づく予測だったと思いますが、キャスターさんが何度も伝えて下さった事で、只々不安…から1つでもこの部分は大丈夫かなという確認ができて感謝しています。
    「正確に怖がれ」と言われる意味を少し理解しました。

    仙台市は、盛り土して防波堤を兼ねた新道路作り、新宅地の地盤固め等の整備を進めていた事が住んでみて、また地震後にわかりました。
    キャスターさんは沿岸部がまだ対策が追いついていない事を切迫感をもって心配しておられました。

    南海トラフ地震が30年以内に必ず起きると言われますが、2,000年前の地震がこれから同じ地域に30年の内に来る検証データあるのかな?
    宮城沖地域は30年毎に地震が発生してきたから30年という期間に信憑性がありますが。
    備えは大事ですが国の予算の使い方、垂れ流しも懸念。

    原発といえば女川原発は当初の建設予定から数十メートル高い場所に変更して建設しました。
    地震を想定した地元の方か有志の方が働きかけたそうです。
    費用が嵩むし、すぐ簡単に変更した訳ではなかったそうですが、東北電力は決断しました。
    地元の企業ですから真剣な判断をしたのでしょうね。東京で判断している東電とは違ったんだなと思います。

    地震も原発事故も忘れないようにしないと、と改めて思いました。
    勝手に1人語りして、すみません。



    • みずほ
    • 2019.06.20 Thursday 11:02
    みずほさん

    コメントありがとうございます。
    そうですか、仙台におられたのですか。
    それはさぞ大変な思いをされたことでしょう。
    東日本は中越地震や今回の地震の比ではありませんでしたから。

    女川原発でそんな経緯があったとは知りませんでした。
    やはり地元企業の場合は真剣度が違うということなのでしょう。
    それに比べ福島しかり柏崎原発しかり、東電の他人事が非常に気になります、、
    ということで再稼働には断固反対です。
    • 正直者(管理人)
    • 2019.06.20 Thursday 17:55
    何度もすみません。
    書き方が悪かったのですが、住んでいたのは1年前までで、震災時には異動していました。
    関東の西部でしたが、揺れは5か5強だったかな。
    仙台は1年半の赴任でしたが、ハード面の対策と人の行動指針「てんでばらばら」の教え、を聞いて津波こそ怖いと知りました。
    「てんでばらばら」とは、家族とか一緒にまとまってから逃げるのではなく、すぐに各人がその場所その場所からバラバラでも逃げる事で、過去の教訓との事。

    仙台は便利さと環境のバランスが良くて住みやすいです。
    以上、追伸でした。読み捨て下さいね&#12316;。
    • みずほ
    • 2019.06.22 Saturday 14:16
    1つ忘れていました。
    大地震と分かって心配したのは女川原発でした。一応ニュースで線量マーカーに異常ありません、と言っていましたがその後続報はなく、本当はどうなっているのか誰も分からないんじゃ…と恐れ慄いていました。
    実際は無事で、近隣の方々が原発建物に非難していたそうです。一番頑丈そうですし。
    女川町は全滅的…とのニュースを聞いていたので、本当に驚きました。
    ネットを探して知りましたが、1個の情報だけでは間違いじゃない?と疑いました。

    その後一部の新聞か何かでも見ましたが、全国ニュースでは流れなかった気がします。
    1つの安心、明るい希望だったと思いますが、福島と対比になっちゃうとまずかったのてしょうか…。道路寸断で報道も行けなかったのか。山道くねくねの所だし。


    • みずほ
    • 2019.06.22 Saturday 15:48
    みずほさん

    追伸2件ありがとうございました。
    海岸と山との立地の違いはあったにせよ、確かに福島との対比は当時ははばかられたのでしょうね。
    ただそれだけ津波の威力が恐ろしい、ということではないでしょうか。
    その意味では今回の山形沖も津波がなくて幸いでした。
    • 正直者(管理人)
    • 2019.06.22 Saturday 17:59
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    お薦め情報



    アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





    米国株銘柄が充実、まずは口座開設








    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM