<< ヘルスケア大手のファイザー 1兆円を超えるアレイ・バイオファーマ買収報道で頭をよぎった忌まわしい過去 | main | 次回購入候補の三菱UFJ購入にイマイチ踏み切れない米国株投資家ならではの理由とは? >>
2019.06.21 Friday

円高が進めば進む程、米国株投資家はニンマリすべき理由

0

     

     

     

     

    ドル高(円安)大っ嫌いのトランプのせいかどうかはわかりませんが、このところじわりじわりと円高が進んでいます。((注)6月20日夕方現在)
     

    現地時間の6月19日には米連邦準備理事会(FRB)が、連邦公開市場委員会(FOMC)で金融政策の現状維持を決定。
     

    その声明文には「先行きの不確実性が増しており、成長持続へ適切な行動を取る。」と明記。
     

    そして会合参加者17人のうち半数近い8人が2019年度中の利下げを予想し、年内に金融緩和、つまり利下げに転じる可能性が一気に高まったことで円は一時107円台をつけました。
     

     

    ということで、当方非常にくやしい思いをしております。
     

     

    「いったい何がくやしいの?ははーん、もしかしてほとんど米国株に投資してるもんだから、円高で持株の時価が一気に下がるからだな〜。まったく米国株に投資しろ投資しろって言ってるくせに結局日本株と違って米国株には為替リスクがあるからなー。だから言わんこっちゃない1」
     

    と思った方もおられるかもしれません。
     

     

    それ、全然違います。
     

    実はまったく正反対。
     

     

    以前から当ブログでも書いているとおり、現在当方は教育費がマックス状態となっており新規投資資金はすべて配当金の状態。
     

    ということは、保有株のほとんどが米国株ですので、投資資金(配当金)はほぼドル、ということになります。
     

     

    つまり円高になろうが円安になろうが米国株を購入する限りにおいて為替の影響は全く受けない。
     

    ということになるわけです。
     

     

    これがもし当方が窓際ではなく、高給取りで給料等での余剰資金(円)を投資に充てることができていたら。
    円高時は絶好の投資タイミング。

     

    当たり前の話ですが、1000ドルの株は1$=120円の時には120,000円ないと買えませんが、これが1$=100円だったら100,000円、つまり2万円も少ない投資額で買えるわけですから。
     

     

    「いやいや、それはそうだけど結局将来円高になればたとえ購入時より株価が上がっていたとしても円での評価が下がるわけで、ヘタしたら損しちゃうんじゃないの!」
     

    と思われるかもしれません。
     


     

     

    確かにそれはそうなのですが、インカムゲイン長期投資家の場合は少々状況が異なります。
     

    ご存じのとおりインカムゲイン投資の場合最優先しているのは配当金。
     

     

    いかに配当を増やすか、が最大の関心事というか目指すところとなります。
     

    となると必然的に購入するのは優良配当銘柄、そして連続増配をしている銘柄が多くなるわけです。
     

    もちろん投資期間は長期に渡りますから、売却することはほとんどない、というか当方の場合やむを得ない入れ替えはあっても基本的に保有期間は一生。
     

    となれば時価を意識する必要はほとんどなくなるのです。
     

     

    「まあ、一生売らないのならわからんでもないけど、だが配当の方はどうなんだ?結局円高になれば円にした時に配当が目減りするじゃないか。」
     

    それは一見そのとおり。
     

     

    しかしその目減りするというのは何に対して目減りしているのでしょうか?
     

    そもそも配当は利益還元、つまり基本的に当期以前の会社の儲けから株主に支払われるもの。
     

    つまり我々が投資しその結果保有している会社の株の他にプラスアルファでいただけるものなのです。
     

     

    そう、そもそもがプラスアルファ。
     

    それがどこかの時点の為替レートと比較して円高になったから目減りしている、と言っているだけ。
     

    だから気にする必要などまったくないのです。
     

    ましてやスノーボール投資の威力を最大限に生かすため、基本配当はそのまま(つまりドルのまま)再投資するわけですから。
     

     

    「そうは言ったっていつかはそれを円に換えて使うわけでしょ?」
     

    まったくそのとおり。
     

     

    ただあなたがインカムゲイン投資家でセオリーに従って長期に渡り愚直に再投資を続けた結果、晴れて実際に使う機会が訪れた時、
     

     

    その時定期的に振り込まれる配当金は、為替などまったく気にする必要のない金額まで膨れ上がっていることはほぼ間違いないでしょう。

     

     

    (投資にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。)

     

     

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    追伸2

     

    あー買い物行かなくちゃ、でも面倒くさーい。」というそんなずぼらなあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

     

     

       

     

    追伸3 

     

    配当収入(累計)1000万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

     

    ※重要追伸

     

    一つのカゴに多くの卵を入れるのは危険! あなたも証券会社の分散化をはかってみませんか?(もちろん口座開設は無料です。)

     

       SBI証券さん

     

         


      楽天証券さん

     

         


      マネックス証券さん
     

         

        

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    お薦め情報



    アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





    米国株銘柄が充実、まずは口座開設








    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM