<< 株価低迷のアルトリア、頼みの綱の増配発表は現地時間の8月22日! | main | 沈み行くバフェット銘柄 クラフトハインツに見る一筋の光明とは? >>
2019.08.22 Thursday

アッヴィを買い増したいがためにある持株の売却を考えています

0

     

     

     

     

    タイトルのとおり、現在アッヴィを買い増ししたいがために持株の売却を考えています。
     

    アッヴィと言えば、今年の5月以降ひたすら買い増ししてきた銘柄ですが、株価の方は右肩下がりで推移している状況。
     

     

     


    含み損が減るどころか買っても買っても含み損が増え続ける状況。
     

    「あれれ、これっていわゆる塩漬けの典型的なパターンなのでは?」
     

    と言われると返す言葉がないのですが、インカムゲイン投資家として現在の6%を超える配当利回りは非常に魅力的。
     

    かといって、この間この銘柄を買い増ししたばかりで投資資金がない。
     

     

    ということで、それなら現在保有している銘柄を売却したらどうか?
     

    と考えているわけです。
     

     

    そこで候補に挙がっているのがキャンベルスープ(CPB)。
     

    キャンベルスープと言えば日本でも缶入りのスープ等が販売されていますから、名前を知っている方も結構多いのではないでしょうか。
     

     

    会社概要
     

    キャンベル・スープはインスタント食品の米国大手メーカー。スープ・ソース部門は「キャンベル」、「プレゴ」、「ペース」などのブランドで缶スープ、ブロス、ソースなどを製造。
     

    飲料部門は「V8」や「キャンベル」ブランドの野菜・フルーツジュースを取り扱う。
     

    またスナック部門は「ペパリッジファーム」や「アーノッツ」ブランドのクッキー、クラッカー、冷凍スナック製品を扱う。
     

    (YAHOOファイナンスより)
     

     

    この銘柄を初めて購入したのが2011年。


    明治時代から続くスープの老舗ということで、その商品に惚れこんでの購入でした。
     

    しかし購入後の業績は思ったように伸びず、以下のとおり増配率の方も3度の”増配なし”の年ががある等、芳しくありません。
     

     

     


    しかし人間長らく保有していると愛着が湧いてくるもので、そう簡単に「ではさようなら〜!」と縁を切りずらいのもこれまた事実。
     

    (これが一番いけないのだが、、、)
     

    さらに重要視している営業キャッシュフローマージンはそれほど悪化しているわけではない。
     

    ということで、これまで長きに渡り保有しているわけですが、株価と配当(つまりトータルリターン)で思ったような結果をもたらしてくれなかった。
     

    今さらの感はあるのですが、幸い株価の方は購入価額を上回っていますので、このあたりで見切りをつけようかと。
     

    現在の配当利回りは3.2%とアッヴィの半分程度ですから、ざっくり言えばアッヴィに乗り換えることでこれまでの2倍の配当を手にすることができるわけです。
     

    「いやいや、そんなこと言ったってこの先アッヴィの株価が上昇に転じる可能性は高くないのでは?それどころかこの先もずっと下落を続ける可能性の方が大きいのでは?」
     

    という意見もあるでしょう。
     

    むろん当方とてその不安がないわけではありません。
     

    ただなぜかアッヴィに魅力を感じてしまう。
     

    たとえ主力製品のヒュミラがじり貧でも、アラガンの買収がうまくいかない可能性があっても。
     

    無謀かもしれませんが、今回は(も)”配当ありき”で突き進むつもりです。

     

     

    (投資にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。)

     

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    追伸2

     

    あー買い物行かなくちゃ、でも面倒くさーい。」というそんなずぼらなあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

     

     

       

     

    追伸3 

     

    配当収入(累計)1000万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

     

    ※重要追伸

     

    一つのカゴに多くの卵を入れるのは危険! あなたも証券会社の分散化をはかってみませんか?(もちろん口座開設は無料です。)

     

       SBI証券さん

     

         


      楽天証券さん

     

         


      マネックス証券さん
     

         

        

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    お薦め情報



    アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





    米国株銘柄が充実、まずは口座開設








    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM