<< ジョンソン エンド ジョンソン 総合失調症薬の副作用で80億ドル(8550億円!)の支払い評決 でもホールドを決め込む理由 | main | 時給生活からの卒業のススメ >>
2019.10.11 Friday

吉野家の第2四半期決算 業績急回復! も投資も超特盛も控えようと考えている理由

0

     

     

     

     

    突然ですが皆さん牛丼って好きですか?
     

    当方大好物。
     

    若い頃、そう大学生の時に初めて食べた時の感動は今でも忘れません。
     

    (実は当方が子供の頃はハンバーガーチェーン同様、地元新潟には牛丼チェーンもありませんでした。)
     

    あれからずっと牛丼にはお世話になっているわけですが、ここ最近は食べる機会がめっきり減ってしまいました。
     

    その理由ですが、もちろん嫌いになったわけでもなんでもなく、自身の体調の問題、具体的には血糖値。
     

    糖尿病の人間が過剰に摂取してはいけないもの。
     

    それは炭水化物。
     

    そして炭水化物と言えばごはん。
     

    ということで、若い頃のように「あーお腹すいたー、とりあえず牛丼大盛り!」
     

    というわけにはいかなくなっています。(泣)
     

     

    その牛丼ですが、その昔は牛丼と言えば吉野家、吉野家と言えば牛丼でした。
     

    特に1980年代は「キン肉マン」がテレビで放映されていたこともあり、その人気は不動のものでした。
     

    だから今もって、牛丼の味と言えば吉野家の味。
     

    そんな吉野家ですが新興のすき家、松屋との競争激化により、今は厳しい状況にあります。
     

     

    その老舗が10月8日に第2四半期決算を発表したのですが、その数字は意外なものでした。
     

    (吉野家の決算期は2月末)
     

     

     


    前期の赤字から一転、増収・増益に転じていたのです。
     

    「確か今外食産業は人件費や原材料費の高騰で皆総じて厳しい状況のはず、それがこの急激な業績回復、吉野家に一体何が?」
     

    ということで関連情報を確認すると、創業120年の目玉商品として3月に28年ぶりとなる牛丼の新サイズ、「超特盛」と「小盛」の販売を、さらに5月にはコラボ商品「ライザップ牛サラダ」の販売を開始したところ、超特盛が大ヒット、またサラダの方も好調だったことがわかりました。
     

    この超特盛の大ヒットですが、会社の方も完全に想定外だったようで、この業界の消費者心理を読むことの難しさを表しているとも言えます。
     

    こうなれば期末の上方修正と増配にも期待がかかるわけですが、10月からの消費税増税の影響もあり今回はともになし、の発表となっています。
     

    何はともあれ完全復活、これは投資対象になるか?
     

    と現在の予想配当利回りを確認したところ残念ながら0.7%、そしてPERは60倍。
     

    但し、食事券の優待利回りの方は2%を超えており非常に興味をそそられるのですが、再びその味に見せられたら最後、血糖値の上昇は避けて通れません。
     

    ということで、やはりここは投資も超特盛も我慢、食べるにしてもライザップ牛サラダにしておこう、と考えている中年不健康投資家なのでした。

     

    (投資にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。)

     

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    追伸2

     

    あー買い物行かなくちゃ、でも面倒くさーい。」というそんなずぼらなあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

     

     

       

     

    追伸3 

     

    配当収入(累計)1000万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

     

    ※重要追伸

     

    一つのカゴに多くの卵を入れるのは危険! あなたも証券会社の分散化をはかってみませんか?(もちろん口座開設は無料です。)

     

       SBI証券さん

     

         


      楽天証券さん

     

         


      マネックス証券さん
     

         

        

    コメント
    おはようございます。


    私も牛丼の吉野家やすきや大好きです。
    卵をおとしてすき焼き風に食べる牛丼もたまらないですね〜。

    かつやのカツ丼も、マックやロッテリアやモスバーガーのハンバーガーも大好きです。

    いや、焼き肉も寿司も、、ここまでくると、単なる食いしん坊ですね笑っ

    ですが、飲食銘柄は一つも現時点では保有しておりません。やはり、優待と配当の利回りが物足りないのと、優待で何百円かの無料サービスよりも、もっと高収益銘柄へ投資した方が結果的に利回り還元が高いと認識しているからです。

    吉野家も、配当と優待の合計利回りがすかいらーくのように5%越えてきたらちょっとだけ買うかもですが(⌒‐⌒) 
    • ウィニングチケット
    • 2019.10.12 Saturday 06:59
    ウィニングチケット さん

    おはようございます。
    おー、ウィニングチケットさんも好物でしたか。
    当方もかつやのカツ丼、大好きです。
    飲食銘柄を保有されていないとのこと、投資家として冷静ですね。
    当方もすかいらーくは1500円を切ったら思わず買うかもしれません、、、
    • 正直者(管理人)
    • 2019.10.12 Saturday 07:09
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    お薦め情報



    アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





    米国株銘柄が充実、まずは口座開設








    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • すかいらーくの第3四半期決算 時限爆弾は爆発せずも優待投資はできない理由
      正直者(管理人) (11/18)
    • すかいらーくの第3四半期決算 時限爆弾は爆発せずも優待投資はできない理由
      ひろー (11/18)
    • エクソン・モービルとロイヤル・ダッチシェルの第3四半期決算 軍配を上げたのは?
      正直者(管理人) (11/12)
    • エクソン・モービルとロイヤル・ダッチシェルの第3四半期決算 軍配を上げたのは?
      ウィニングチケット (11/11)
    • たぱぞう氏の「寝ながら稼げるグ〜タラ投資術」 1冊1,500円は暴利と言える合理的理由
      正直者(管理人) (11/11)
    • 子供から突然のLINE「投資を始めたいんだけど〜。」で中年投資家、がぜん張り切る! その4
      正直者(管理人) (11/11)
    • エクソン・モービルとロイヤル・ダッチシェルの第3四半期決算 軍配を上げたのは?
      正直者(管理人) (11/11)
    • たぱぞう氏の「寝ながら稼げるグ〜タラ投資術」 1冊1,500円は暴利と言える合理的理由
      shin (11/10)
    • 子供から突然のLINE「投資を始めたいんだけど〜。」で中年投資家、がぜん張り切る! その4
      shin (11/10)
    • エクソン・モービルとロイヤル・ダッチシェルの第3四半期決算 軍配を上げたのは?
      ウィニングチケット (11/10)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM