<< アルトリアより配当受領 逆風吹き荒れる中これからも歩みを共にしようと決めた理由 | main | フィリップ・モリス(PM)より配当入金 この銘柄の外国税率が10%ではなく、0.2%である理由とNISAでお得なわけ >>
2019.10.16 Wednesday

「政府、NISAの恒久化を見送り!」その理由に開いた口が塞がらないわけ

0

     

     

     

     

    共同通信等が政府与党が16日、期限付きで導入された少額投資非課税制度(NISA)について、恒久化を見送る方針を固めた。
     

    と伝えています。

     

    恒久化については金融庁や証券業界が求めていたわけですが認めるのは難しいと判断した。
     

    とのこと。

     

    見送りの理由ですが、なんでも現行制度が富裕層への優遇だから。
     

    らしいです。

     

     

    ここで改めてNISAとは

     

    NISAとは、2014年1月にスタートした、個人投資家のための税制優遇制度です。
     

    イギリスのISA(Individual Savings Account=個人貯蓄口座)をモデルにした日本版ISAとして、NISA(ニーサ・Nippon Individual Savings Account)という愛称がついています。
     

    NISAでは毎年120万円の非課税投資枠が設定され、株式・投資信託等の配当・譲渡益等が非課税対象となります。
     

    (金融庁HPより)

     

     

    そう、ご存じのとおりNISA枠の上限は年間120万円。


    1200万円でも1億2千万円でもありません。
     

    120万円。
     

    どうやら日本では年間120万円の余剰資金を持つ人を富裕層と言うようです。
     

     

    なんてしみったれた国。
     

    なんて夢も希望もない国。
     

    出る杭は打たれるならぬ、出る杭は打つ。
     

    以前から日本はれっきとした社会主義国だと思っていましたが、悪平等とはこのことではないでしょうか。
     

     

    「皆が同レベルでなければならない。」
     

    「金持ちは許せない。」
     

    「ましてや株などというバクチを優遇するなんて、、、」
     

    こんな風潮がはびこっているからこの国は失われた20年どころか、もう30年も成長が止まったままなのです。
     

    ってきりがないのでこのくらいにしておきます。

     

     

    まあ、記事には、

     

    「廃止すれば株価に悪影響を与える恐れもあるため、制度設計を見直した上で時限措置で存続させる方法を模索する。」

     

    と書かれていますので、過度な期待はせずに結果を待ちたいと思います。

     

    (今後のNISA加入にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。)

     

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    追伸2

     

    あー買い物行かなくちゃ、でも面倒くさーい。」というそんなずぼらなあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

     

     

       

     

    追伸3 

     

    配当収入(累計)1000万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

     

    ※重要追伸

     

    一つのカゴに多くの卵を入れるのは危険! あなたも証券会社の分散化をはかってみませんか?(もちろん口座開設は無料です。)

     

       SBI証券さん

     

         


      楽天証券さん

     

         


      マネックス証券さん
     

         

        

    コメント
    こんばんわ。

    積み立てNISAと401Kを最大限インデックス積み立てしておりますので、
    この二つの柱で我が家は老後2000万円不足問題には対応する心つもりでございます。


    あとは不良中年さんのプログを自分の未来日記と思いつつむふふ(⌒‐⌒)と日々見ながら、配当再投資と有り余るお小遣いで米国個別増配銘柄と国内優待銘柄をちょっとずつ買い増ししていく万全?の資産運用を粛々としてまいりまする。
    • ウィニングチケット
    • 2019.10.16 Wednesday 21:38
    ウィニングチケットさん

    おー、すばらしい。インデックス投資しっかりと柱に据えてやっておられたのですね。
    ほっとしました。
    その土台があっての個別株投資。
    盤石です。
    それにしても”有り余るお小遣い”というところがものすごーくうらやましい、、、
    • 正直者(管理人)
    • 2019.10.17 Thursday 04:34
    「〜時限措置で模索〜」に望みを託します。でも長い目で見るとどうでしょうか。
    投資家からも、分かりづらいから1本にしてほしいとの意見もあります。
    個別株派の人と投資信託派の人との違いから。
    投信だと日本株を買わない、数%だけ、な人が多いイメージで、政府的にどうなのかな?なボンヤリした疑問があります。別にどっちでも良いのかな。
    なんか年寄りには課税という風を感じます。
    税調に注目ですね。
    • みずほ
    • 2019.10.20 Sunday 15:02
    みずほさん

    株式投資が労働とみなされていないこの国では恒久化は無理。
    投資家にとっては時限措置を繰り返す、というのがベストなんでしょうねー。
    確かにNISAと積立NISAについては個別株でもなんでありにして一本化、というのがすっきりしていいような気がしますね。
    • 正直者(管理人)
    • 2019.10.20 Sunday 17:10
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    お薦め情報



    アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





    米国株銘柄が充実、まずは口座開設








    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • すかいらーくの第3四半期決算 時限爆弾は爆発せずも優待投資はできない理由
      正直者(管理人) (11/18)
    • すかいらーくの第3四半期決算 時限爆弾は爆発せずも優待投資はできない理由
      ひろー (11/18)
    • エクソン・モービルとロイヤル・ダッチシェルの第3四半期決算 軍配を上げたのは?
      正直者(管理人) (11/12)
    • エクソン・モービルとロイヤル・ダッチシェルの第3四半期決算 軍配を上げたのは?
      ウィニングチケット (11/11)
    • たぱぞう氏の「寝ながら稼げるグ〜タラ投資術」 1冊1,500円は暴利と言える合理的理由
      正直者(管理人) (11/11)
    • 子供から突然のLINE「投資を始めたいんだけど〜。」で中年投資家、がぜん張り切る! その4
      正直者(管理人) (11/11)
    • エクソン・モービルとロイヤル・ダッチシェルの第3四半期決算 軍配を上げたのは?
      正直者(管理人) (11/11)
    • たぱぞう氏の「寝ながら稼げるグ〜タラ投資術」 1冊1,500円は暴利と言える合理的理由
      shin (11/10)
    • 子供から突然のLINE「投資を始めたいんだけど〜。」で中年投資家、がぜん張り切る! その4
      shin (11/10)
    • エクソン・モービルとロイヤル・ダッチシェルの第3四半期決算 軍配を上げたのは?
      ウィニングチケット (11/10)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM